電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

ガス代を劇的に安くする3つの方法とは?

ガスコンロ

ガス代の節約のキーポイントは「キッチン」「お風呂」「契約・支払い方法の変更」です。それぞれ詳しくご紹介していきたいと思います。

ガス代を安くする方法①『キッチンで節約』

キッチン

キッチンでは様々な料理をする際に多くのガスを使用するかと思いますが、少し使い方に注意をするだけでガス代の節約に繋がります。

何事にも「小さなことからコツコツと」と言われているように、キッチンでも小さな工夫を継続して行うことで大きな節約を生みます。

では具体的に、どのような工夫が必要なのか説明していきましょう。

食器洗いは「冷水」と「温水」を使い分ける

特に寒い冬場に食器洗いをする時には、全てにおいて温水を利用するかと思いますが、それにより余計なガス代をかけてしまいます。

出来る限り冷水を使用し、汚れ具合によって温水を使うなどの工夫が必要です。

具体的には、油料理に使用したフライパンや食器などは油が落ちやすい温水を使用し、その他鍋やサラダボウルなど、油を使っていない食器に関しては全て冷水で洗い流しましょう。

最初は面倒くさいかもしれませんが、慣れてくれば上手に洗い分け出来るようになります。

給湯器の設定温度を下げる

ガスというのは、温度が高ければ高いほどその分ガス代も高くなります。そこで頻繁に使用する給湯器の温度設定を下げることにより節約になります。

例えば現在40度設定にしている場合、1分で約2.2円程度のガス代がかかってきますが、これを10度下げ、30度にするだけで約1.3円にまで下がります。

1回の食器洗いにかかる時間が10分と仮定し、それを12回に換算しますと、年間で約6,480円もの節約に成功します。
⇒給湯器の節電を効果的にするためのポイント

料理の回数を減らす

食事の度にガスを使った料理をしていると、その分ガス代もかかってしまいますので、出来れば1回の料理で何食分かを作ってしまうことをオススメします。

作りたてが美味しいのは間違いありませんが、作った料理を冷凍保存し、食べる時に電子レンジで解凍してあげれば十分に美味しくいただくことが出来ます。

特に煮込み料理は長時間ガスを利用する必要があるため、可能であれば1回で1週間分程度作ってしまうと良いかもしれません。

ただし料理をせずに、その分外食で済ませるというやり方は、余計に費用がかさばり、本末転倒になるのでほどほどにしておきましょう。

ガス代を安くする方法②『お風呂で節約』

バスルーム

一般家庭で最も多くのガスを使用するのがお風呂であり、湯船にお湯を溜めたりシャワーの使用でガスメーターはどんどん上昇していきます。

だからと言って近所の銭湯に通い続けるのは節約と正反対の方向へ行ってしまいます。大切なのは、お風呂の使い方を工夫することなのです。

追い焚きの回数を減らす

お風呂の醍醐味と言ったら、温かい湯船に浸かってその日の疲れを一気に癒やすことですが、時間が空いても温かい状態にするためには追い焚きが必須です。

しかし追い焚き機能というのは、1回の利用で約7円ほどのガス代がかかり、それを1日に何度も利用すると年間ではかなりの金額になります。

仕事で毎日帰宅が遅くなるお父さんは仕方無いですが、自宅で待つ他の家族は、出来る限り追い焚きの利用をしないために、時間を空けずにお風呂に入りましょう。

シャワーの設定温度を下げる

キッチンの給湯器と同じで、シャワーの設定温度が高温になればなるほどガス代が高くなります。

冬場は仕方ありませんが、それでも12度設定温度を下げるだけでも節約効果はありますので是非実践してみてください。

ただしシャワーの設定温度が低く、それが原因で風邪を引いてしまったら病院代や薬代などで逆に出費が多くなってしまいますのでご注意ください。

一人暮らしならシャワーのみ

「湯船にお湯を一杯にするのとシャワーで済ませてしまうのではどちらがガス代の節約になるのか?」という疑問をお持ちの方が多いですが、その答えは「一人暮らしならシャワーのみ」となります。
⇒シャワーとお風呂はガス代どちらが高いの?

一般的な家庭の湯船をお湯で一杯にするためにかかるガス代と、約17分間のシャワー利用は、ほぼ同等のガス代が発生します。

つまり17分以内にシャワーを終わらせることが出来る一人暮らしの方でしたら、シャワーのみの方が節約になります。

逆に人数が多いご家族でしたら、シャワーの時間を短くし湯船に浸かった方がお得です。

節水シャワーヘッドの装着

シャワーヘッドを取り替え水の排出量を減らすことが出来るのが節水シャワーヘッドであり、これを装着することによりガス代が節約されます。

節約シャワーヘッドですと、40%程度水の排出量が減るため、単純に考えてガス代も40%オフになります。

節約シャワーヘッドはそこまで高額な物ではありませんので、長い目で見れば十分に節約効果は見られます。

ガス代を安くする方法③『契約・支払い方法の変更』

契約書に捺印する女性の手元

ここからはもっと大幅にガス代を節約出来る方法をいくつかご紹介していきます。場合によっては節約どころか、ガス代を無しにすることも出来ます

どの方法も非常に効果が高いので、上記2つのガス代を安くする方法で効果が見られない場合には是非ご検討ください。

オール電化にする

福島第一原発の事故により、オール電化住宅に批判が集まりましたが、今では徐々に昔のようにオール電化へ注目が集まってきています。

オール電化はその名の通り、「全てが電気エネルギー」のサービスのことで、キッチンやお風呂など、電気の力により料理を作ったり、シャワーを浴びたりします。

当然一切ガスは使用しないため、ガス代は完全に0円になります。

しかしその分電気代が高くなってしまいますが、電力自由化により、電力会社や電力プランの変更をすることで毎月の光熱費を抑えることが出来ます。

都市ガスへ乗り換え

今現在、プロパンガス会社と契約しているご家庭では、都市ガスと比較して基本料金やガス単価が高くなります。

つまりプロパンガスから都市ガスに乗り換えをすることで、かなりのガス代節約になるワケです。

ただし都市ガスの利用には、ガスの本管が通っているエリアしか契約は出来なく、また本管が通っていても敷地内にガス管が来ていなければ費用を支払って工事をする必要があります。

都市ガス供給エリアに引越しをするという方法もありますが、それにより生活基盤が崩れてしまっては意味がありません。

様々なシミュレーションを行い、都市ガスへの乗り換えは慎重に進めていきましょう。

支払いにクレジットカードを利用

検針票が送られてきて、それを現金で支払っている方は、クレジットカード支払いへの変更手続きをオススメします。

ガス代そのものが安くなるワケではありませんが、クレジットカードで支払いをすることで、そのクレジットカードのポイントが加算されます

つまりポイント分、節約が出来たと同じことなのです。

ガス自由化で選べるガス会社

2017年からガス会社を消費者が自由に選べるガス自由化が始まり、ガス会社を乗り換えることでお得になります。

これまでそのエリアを管轄するガス会社と契約するしか無かったのですが、ガス自由化によってお得なプランが各社から様々発表されることでしょう。

中には電気と同時契約することで基本料金が割引されるというサービスも出てきます。ガス自由化は、私達の生活をより一層お得にしてくれること間違いありません。

まとめ

以上、ガス代を安くする方法をいくつかご紹介させていただきましたが、貴方のガス代節約にお役立ていただけましたでしょうか?

すぐに実践出来ることは今日からでも始めてみてください。ガス代節約で最も大切なことは、家族全員がガス代の節約を共有し、お互いに見つめ直していくことです。

最初は少しの節約効果しか見られないかもしれませんが、長期的に続けることによって目に見えて節約を実感出来るようになるでしょう。

「こんな小さな節約をしたところで…」と考えず、長い目で見てガス代節約を続けてみてください。その結果、年間で数千円はもちろん、数万円単位の節約だって決して夢では無くなるのです。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!