電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

ガス代高すぎ!と思ったら適正ガス料金を見てみよう!

ガス代高すぎ

ガス代高すぎ!都市ガスか?プロパンガスか?

日頃ガスを使用していて検針票に書かれている金額を見て「ガス代高すぎ!」と思ったら、まずは都市ガスなのか、それともプロパンガスなのかを確認しましょう。

殆どの方がどちらを使用しているのか既にご存知かと思いますが、中にはそれを知らぬままガスを使用している方もいるようです。

都市ガスとプロパンガスを見分ける

都市ガスとは、東京ガスや大阪ガスなど地域のガス会社から地下に埋められているガス管を経由して各ご家庭に送られてくるガスのことを言います。

それと比べてプロパンガスというのは、ガス使用者の敷地内に専用のガスボンベを設置し、そこから建物内にあるガス機器へ供給します。

つまり、ガスボンベが無ければ都市ガス、あればプロパンガスということになります。

都市ガスは公共料金だから安い

都市ガスは公共料金の一種であり、電気と同じように政府が認可し価格が決定しているため、安価な価格でガスを使用することが出来ます。

ただし都市ガスの供給エリアは限定されていることから、都市ガスを使用したくても出来ないご家庭があります。

対してプロパンガスは、各プロパンガス会社と契約することになるため、各社の料金に差が生じます。

プロパンガスは自由料金が認められていることから、高いとこもあれば安いところもあります。

とは言いましても地域のプロパンガス会社が裏で話し合いをし、現在の価格よりも下げるのを制止していると噂されています。

公共料金では無いからこそ、プロパンガスの消費者は必然的にガス代が高くなるのです。

ガス代高すぎ!まずは適正ガス料金をチェック!

料金チェック女性

プロパンガスのガス代には地域相場があり、各地域によって多少なりとも基本料金や単価に違いがあります。

貴方が使用しているプロパンガスは適正なガス代でしょうか?

ガス代が高すぎと感じたら、まずは適正ガス料金をチェックしてみてください。
⇒プロパンガス料金の計算方法は簡単です!!

相場と適正ガス料金は違う

勘違いしやすいのが、相場と適正ガス料金は似て非なるものであり、貴方が住んでいる地域の相場が他と比べて安かったとしても、適正ガス料金とは限らないということです。

先程も少し触れた通り、相場は地域のプロパンガス会社によって決められていることが多く、実際には適正ガス料金では無いケースが殆どです。

このように相場と適正ガス料金は違うということを頭に入れておきましょう。

適正ガス料金を調べる方法

「私が契約しているプロパンガス会社は適正ガス料金なのか?」を調べる方法として、一般社団法人プロパンガス料金消費者協会が発表する適正ガス料金をチェックしてみるとよいでしょう。

実際に下記公式サイトへアクセスしてみるとわかりますが、適正ガス料金はかなり安いことが理解出来ます。
⇒【公式】一般社団法人プロパンガス料金消費者協会

現状の相場と適正ガス料金を比較

ガス料金

あくまでも全国平均ですが、現状の基本料金相場が1,890円、従量単価相場が523円となります。

今貴方が使用しているプロパンガスのガス代も、この相場の前後を位置しているのではないでしょうか?

一般的な都市ガスの基本料金は1,026円、従量単価は130.56円ですので、プロパンガスの相場がどれほど高く設定されているのかよくわかるかと思います。
⇒プロパンガス料金が高い理由は?余計に支払っている可能性も!

都市ガスは供給出来るエリアが限られているため、エリア内へ引越しをしない限り、どうしてもプロパンガスに頼る他ありません。

適正ガス料金一覧

では、全国の適正ガス料金と貴方が今お使いのプロパンガスの料金を実際に比較してみてください。

エリア ①従量単価 ②使用量 ①+②従量単価 ③基本料金 ①+②+③合計金額
北海道 480円 20㎥ 9,600円 1,600円 11,200円
東 北 380円 20㎥ 7,600円 1,700円 9,300円
関 東 280円 20㎥ 5,600円 1,500円 7,100円
甲信越 350円 20㎥ 7,000円 1,500円 8,500円
東 海 320円 20㎥ 6,400円 1,700円 8,100円
北 陸 430円 20㎥ 8,600円 1,900円 10,500円
近 畿 380円 20㎥ 7,600円 1,600円 9,200円
中 国 380円 20㎥ 7,600円 1,600円 9,200円
四 国 380円 20㎥ 7,600円 1,600円 9,200円
九 州 450円 20㎥ 9,000円 1,900円 10,900円

引用元:プロパンガス料金消費者協会
こうして適正ガス料金を並べてみますと、従量単価及び基本料金共、相場以下のエリアが殆どです。

適正ガス料金にも地域差がある

上記適正ガス料金を見るとよくわかりますが、地域によって適正ガス料金に差があります。

最も安いエリアは関東であり、従量単価280円と非常に安く設定されています。

やはり人口が多く、その分需要が多いため、必然的に適正ガス料金が安く設定されるのは仕方の無いことです。

しかしどのエリアも、現状の従量単価相場である523円を上回っているところはありません。

つまりプロパンガスを使用しているご家庭の殆どは、適正ガス料金以上の料金設定で契約を交わしていることになります。

都市ガス自由化でプロパンガスも安くなる?

都市ガスの供給エリア内でも、配管やその他設備の設置費用が高いという理由で、仕方なくプロパンガスを使用しているケースも多くあります。

しかし2017年4月から始まる都市ガスの自由化により、都市ガスの料金が安くなることが予想されており、その波に乗りプロパンガスも安くなる可能性があります。

プロパンガス会社としては都市ガスに乗り換えをされまいと、本来の適正ガス料金にまで落としてくるかもしれません。

ただその恩恵を受けられるのは、都市ガス供給エリアでプロパンガスを使用している消費者のみであり、もともと都市ガス供給エリア外の消費者は現状維持となる可能性が高いです。

そこでガス代高すぎ!っと思ったら、適正ガス料金でプロパンガスを供給しているガス会社への乗り換えをオススメします。
⇒プロパンガス料金を確実に安くする方法

適正ガス料金に設定しているガス会社へ乗り換え

ガス会社乗り換え

都市ガス自由化はもう少し先ですが、プロパンガス会社に関しては現在でも消費者が自由にガス会社を選ぶことが出来ます

つまり相場ではなく、適正ガス料金でガス供給を行っているプロパンガス会社に乗り換えをすることで、高いガス代に悩まされることも無くなります。

少しでもガス代を安くしたいとお考えでしたら、是非乗り換えを検討してみてください。

プロパンガス会社乗り換えの注意点

プロパンガス会社を乗り換えたいと思っても、残念ながら乗り換えが難しかったり、出来ないこともあります。

例えばアパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる場合には、物件オーナーがプロパンガス会社を選んでいるため、一筋縄にはいきません。

もちろん借家に関しても同様です。

プロパンガス会社を変更する権利を持っているのはオーナーであり、そこを借りている居住者が勝手に乗り換えをすることは出来ないのです。

ですので、そのような場合にはオーナーにプロパンガス会社変更の承諾をもらわなければいけません

それでも集合住宅と比べて借家の方が、承諾を取りやすいかと思います。

また持ち家であっても、プロパンガスの初期配管費用の負担はプロパンガス会社が負担しているケースが殆どですので、最低でも築5年以上経過していないと乗り換えを認めてもらえません。

築5年以上経過していれば、新しく契約するプロパンガス会社が、違約金を負担してくれることがあり、乗り換えも可能になります。

一般社団法人の協会に依頼

個人でプロパンガス会社の乗り換えが難しい場合には、一般社団法人プロパンガス料金消費者協会などに依頼するのも一つの方法です。

プロパンガス料金消費者協会が対象としているエリアに住んでいれば、無料で乗り換えに協力してもらえます。

公式サイトで料金自動診断が出来ますので是非試してみてください。

いかがでしたか?
今回は、ガス代高すぎ!とお悩みの方へ、適正ガス料金との比較や安くする方法などをご紹介させていただきました。

「今のプロパンガス会社にはお世話になっているから…」と諦めないで、適正ガス料金で使用出来るプロパンガス会社へ乗り換えを検討しましょう。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!