電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

ガス炊飯器のガス代を計算したら1回21円だった!

ガス炊飯器のガス代の求め方とは?

ガス炊飯器のガス代を求めたい時は、
ガス炊飯器の定格ガス使用量(kW)×3.6MJ/kWh×ガス炊飯器の使用時間(h)÷
お使いのガスの発熱量(MJ/m3)×契約中のガス会社のガス単価(円/m3)=ガス炊飯器のガス代

という風に求めることができます。

ガス炊飯器など、ガス家電のガス使用量は「定格ガス使用量」としてkWの単位で表記されていることが多い為、ガス代を計算する時は発熱量(MJ)に換算して計算するので、途中で「3.6MJ/kWh」という変換式が出てきます。

つまり、ガス代を求めるのに必要な情報は、

  • ガス炊飯器の定格ガス使用量(kW)
  • ガス炊飯器の炊飯時間(h)
  • 契約中のガスの発熱量(MJ/m3)
  • 契約中のガス会社のガス単価(円/m3)

ということですね。
次に、実際にガス代がどれくらいかかっているかを計算してみましょう。

実際にガス炊飯器のガス代を求めてみた!

お金と電卓

ガス炊飯器の人気機種は、5.5合炊きのもので最大ガス使用量が2.15kW、炊飯時間は60分前後でしたので、1時間とします。

今回は、ガス単価として東京ガスの80m3~200m3の間でのガス単価「125.92円/m3」を、ガスの発熱量は、東京ガスの東京都エリアの「45MJ/m3」を計算値にあてはめて1日当たりのガス代を計算すると、次のようになります。

2.15kW×3.6MJ/kWh×1h/日÷45 MJ/m3×125.92円/m3=21.66円/日
のガス代がかかる計算になります。

毎日1回ずつ炊飯したとすると、1年間で
21.66円/日×365日/年=7,905.9円/年
のガス代です。

ここに保温の為の電気代や、点火時や補助の為の電気代が加わっていきますので、1回当たりの光熱費はかなり高くなっていきます。
ちなみに、売れ筋の電気炊飯器はメーカーサイトでの年間消費電力量を参考に計算すると、年間で約2,400円弱の電気代になります。

ガス炊飯器は実際にはガスの量を調節しながら炊飯するのでもう少しガス代が安くなる可能性もありますが、炊いたご飯は冷凍保存する、などの工夫で保温時間を短くしなくては、電気炊飯器よりも光熱費が高くなってしまいますね。

⇒炊飯器と土鍋の電気代とガス代を比較してみた!

ガスと電気を上手に使いわけよう

underfloor heating, heating systems in home. 3d illustration

ガスと電気はそれぞれメリットやデメリットが異なりますので、上手に目的に応じて「使い分け」することが大切です。

⇒3人家族の平均的な電気代や光熱費は?

例えば、ガス炊飯器は電気炊飯器よりも火力が高く、安い炊飯器でもふっくら美味しく炊けると言われていますが、電気炊飯器はその分光熱費を安く抑えられるほか、今は技術の進歩でガス炊飯器に匹敵するほどおいしいご飯が炊ける製品も出回っています。

光熱費を節約する為にも、それぞれの家電の特徴を生かした使い方で上手にやりくりできるように、まずはご家庭での家電の使い方を見直すことから始めてみるといいですね。
お使いのガス代が高くて、少しでも光熱費を抑えたいという場合には、思い切って「オール電化」など、電気をメインで使っていく方式に変えるのも一つの方法ですよ。

ガス炊飯器のガス代が高いなら、電気プランを見直して「電気炊飯器」を使おう!

ガス炊飯器などのガス製品は、火力が大きく調理時間を短縮できるなどのメリットがある一方で、ガス代も電気代もかかってしまい、光熱費が高くなってしまいますよね。
そんな時は、思い切って電気炊飯器に切り替え、かつ電気料金プランや電力会社を見直すと、ガス炊飯器を使うよりも光熱費が大幅に安くなるケースがあります。
電気料金シミュレーションは業界NO.1の精度でしっかりと比較でき、変えたい電力会社への切り替えはわずか1分で完了!
この機会にぜひ一度電気料金を見直してみてくださいね。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!