電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

電気ファンヒーターご使用中の方必見!電気代を計算してみました

電気ファンヒーター

かつての冬は石油ストーブや石油ヒーターなど比較的熱効率の高いものが好まれましたが、近年は安全性と手軽さが重視されるようになって高い人気となっているのが電気ファンヒーターです。

燃料を使わないこともあって、火災のリスクも非常に低くて一酸化炭素中毒も起きないのが特徴ですが、意外に多くの方が継続的使用についてどれほど電気代が掛かるのかご存じありません。

また、どのように使用すれが消費電力も効率的に進められるのかも非常に気になる部分になりますが、この点も含めて多くのユーザーにおける具体的な知識が欠けているのも大きな事実と言えます。

今回は、大まかな電気ファンヒーターにおける電気代計算方法の解説、そして現状における具体的な電気ファンヒーター機種を例に挙げた電気大の比較や節電のコツなどもチェックしていきましょう。

電気ファンヒーターの電気代の計算方法は?

さて、電気ファンヒーターの電気代計算といっても具体的にどのように進めればよいのでしょうか?まずは基本的な電気代の計算には、ファンヒーターなどの各家電に設定された消費電力を参考にして割り出すことが可能です。

一般的には消費電力に何ワットと設定されていますので、それを1000で割ることで1時間当たりの消費電力であるキロワットアワーが算定されます。そして、最終的に各家庭と電力会社で設定している電力量単価を掛け合わせれば電気代が計算できるでしょう。

平均的な消費電力で具体的に電気代を計算してみる

ここからは、電気ファンヒーターにおいて具体的な電気代を大まかに計算してみましょう。一般的に、電気ファンヒーターの平均的な消費電力ってどのくらいになるのでしょうか?

電気ファンヒーターにファンにレベルがありますので、ファンの弱いレベルから強いレベルにかけて600ワットから1100ワットで推移することが多くなります。そして、これを1時間当たりの消費電力に換算すれば、0.6から1.1キロワットアワーになるのです。

また、各家庭における1キロワットアワー当たりの電力量単価が平均で25円ほどと仮定すれば、1時間当たりの電気代は15円から27円と計算されるでしょう。

1日における電気代は11月から3月までの冬季使用になりますが、一般家庭において朝と夜の使用で5時間ほどになると見積もれば75円から135円の電気代が1日に掛かります。
⇒「冬の節約術」暖房費用を節約する最適な温度とは?

年間にすると各家庭で電気代が大きく差が出る傾向

電気ファンヒーターは1日に75円から135円の電気代が掛かると推定されますが、1時間多く使用することや温度を1℃上げることによって最高で3割増しになることもあり得ます。

これは、電気ファンヒーターの消費電力は決して低くはないことを意味しますので、特に寒冷地における電気ファンヒーターの使用は一般エリアにおける使用と比較すると年間ベースで想像以上に電気代がかさんでいることも少なくないのです。

そのため、電気ファンヒーターは家電の中でも電気代がコントロールしにくいことでも知られ、特に外出しないことが多くなる高齢者世帯などでの使用は慎重に進めなければならない家電タイプとなります。

また、寒冷地では灯油を使って暖を取る方法が大きく採用されていますので、灯油による良好な熱効率まで高めるために一般エリアよりも余計に消費電力を使ってしまう傾向も見逃せません。

電気ファンヒーター電気代の計算~セラミックファンヒーター

コンセント
電気代の計算もやはり実際に存在する製品モデルで進めたほうがより有意義ですので、ここでは、現在多くのご家庭で高い人気となっている【セラミックファンヒーター】を例に挙げてみましょう。

ここで、メーカーはパナソニックの【DS-F1206】と呼ばれる最新型のものを使って電気代を見ていきます。

パナソニックのセラミックタイプの場合

パナソニックの【DS-F1206】は、セラミックファンヒーターとしては非常に知名度が高いもので、サイズも31.0×28.0×13.4cmと非常にコンパクトなので比較的狭いご家庭にも重宝される製品です。

気になる消費電力ですが強いレベルのファンになると、1170ワットとなっていて弱いファンのレベルでは640ワットと平均並みの電力効率を持っています。1時間当たりの消費電力に換算してみると、0.64から1.17キロワットアワーとなるでしょう。

また、1時間当たりの電力量単価を25円と見積もると、16円から29円となります。これを見れば分かるように、モードの強弱における消費電力の差が非常に大きいと言えます。

それでも、このサイズのファンヒーターであれば奥行きも短くて威圧感もないので、四畳半などの部屋においてストレスなく使えることもあって弱風モードの継続使用で効果も十分かもしれません。

電気ファンヒーター電気代の計算~その他のファンヒーター

電気ファンヒーターは有名ブランド以外にも数々のメーカーが販売しており、大手と比べても高いものや非常に安いものも多く存在しています。

ここでは、それらの代表格である【ダイソン】と【ユアサ】製の電気ファンヒーターを例に挙げ、大まかな電気代の傾向をチェックしていきましょう。

ダイソンのファンヒーターの場合

まず【ダイソン】製の電気ファンヒーターですが、【ホットアンドクール】と呼ばれる機種になります。この名前からわかるように、冬場のヒーター機能だけでなくて夏場のクーラー機能も備えている優れものです。

この【ホットアンドクール】の消費電力を見てみるとヒータモードが1200ワット、クーラーモードになると26ワットと桁違いの低さになります。ヒーターの消費電力を1時間当たりのものに換算すると1.2キロワットアワーになりますので、上述のパナソニックの機種における強いファンモードよりも消費電力が高い計算になるでしょう。

1時間当たりの電力量単価を同じように25円と設定しますと、1時間当たりの電気代が30円となる訳です。ヒーターにおいてはモードに関係なくこの電気代になることもあって、冬場での使用は極めて高い機種になりますが、夏場での低電力のクーラー使用を考慮すればお得な機種とも言えます。

ユアサのコンパクトタイプの場合

次は【ユアサ】の電気ファンヒーターですが、コンパクトなファンヒーターがなんとっても売りのメーカーです。またコンパクトなのはサイズだけでなく、お値段もかなりお得で数千円にて購入できる部分も多くのユーザーによる指示を受けている部分でしょう。

この【ユアサ】の小型タイプにはセラミックタイプとさらに1回り小さいミニタイプがあり、いずれもかなりの安さで消費電力が1200ワットと600ワットになります。

1時間当たりの消費電力が1.2と0.6キロワットアワーですが、1時間当たりの電力量単価を25円で計算すると1時間当たりの電気代が30円と15円となるでしょう。これを見るとパナソニックの機種1台分と同じですが、ミニタイプのものはパナソニックの機種より本体価格が3分の1ほど安いので初期投資が非常にしやすくなっているのです。

電気ファンヒーターの電気代を抑えるためのコツ

照明スイッチ

どのメーカーの電気ファンヒーターについても、基本的な消費電力はそれほど変わらないことは分かったのですが、それを考慮すればやはり日常的に電力の消費を抑えて電気代を少なくする必要があるでしょう。

ここでは、電気ファンヒーターを使用していく上で、できるだけ電気代をコントロールするために徹底すべきコツをご紹介していきます。

エアコンの電気代を安くする方法についてはこちらをどうぞ。
⇒【噂の検証】エアコンは24時間つけっぱなしにした方が電気代を節約できる?

あまり広い部屋では使用しない!

まず基本的に知っておきたいのが、電気ファンヒーターは広い場所で使用することは適していないということです。これはファンヒーター自身が暖かい風を出すことに特化していることもあって、それを部屋中に行きわたらせるほどの出力を持っていないことが多いでしょう。

これは通常のエアコンにも同じ話が当てはまりますが、より出力の低い電気ファンヒーターはこの状況がさらに著しいのです。

ただ、逆に狭い部屋であれば決まった時間の中で素早く一定の温度に高め、それを長時間保つ効果が期待できる暖房器具であるために広部屋には使わないというポリシーを持っておけば非常に役に立つものになります。

大きな部屋で使う場合でも、暖気が逃げないように足の方をメインに暖めることを意識するなどを徹底していかなければなりません。

低温運転で扇風機を併用すると省エネに

電気ファンヒーターもエアコンと同じく温度調節ができます。よって、温度が高くなればなるほど消費電力が高くなり、ファンヒーターが部屋の広さとミスマッチだと温度設定を上げても満足度の非常に低い状態となるでしょう。

これにより、できるだけ低い温度を保ちながら少しでも風を循環させることが必要となってきます。この場合に自宅にある扇風機を用いればヒーターに対する満足度もかなり高くなります。

ヒーターの暖気は低いところに集中するケースもあり、それを上下に循環させるのには扇風機が非常大きな力を発揮してくれるでしょう。扇風機の消費電力は、ヒーターと比較すれば桁違いに小さいので電気代を抑えるのに決して欠かせないのです。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!