電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

主婦に人気のフードプロセッサー、ずっと使い続けると電気代はいくら?

フードプロセッサー

フードプロセッサーの電気代の計算方法とは?

フードプロセッサーの電気代は、

フードプロセッサーの消費電力(W)×使用時間(h)×電力量料金(円/kWh)

を計算することで、導き出すことができます。

つまり、

  • 使っているフードプロセッサーの消費電力
  • どれくらいの時間使うか
  • 契約している電力会社の電力量料金

が分かれば、すぐに計算できるということですね。

今回の計算では、電力量料金として、全国家庭電気製品公正取引協議会から出ている「電力料金の目安単価」を参考に、27.0円/kWhを使用しました。
⇒消費電力を計算してみよう!!誰でも簡単に出来ます

フードプロセッサーの電気代はどれくらい?

計算する女性

フードプロセッサーの消費電力は、フードプロセッサーの対応容量によって全く異なります。

例えば、あるメーカーのフードプロセッサーでは、容量1.25Lあるものですと、消費電力は400Wで、他メーカーの容量0.5Lのフードプロセッサーは120Wと、多いものの3分の1以下です。

そこで、今回の計算では容量の大きいものと、小さいものそれぞれの消費電力を使って計算してみました。

フードプロセッサーの使用時間は?

フードプロセッサー

フードプロセッサーを2日に1回、5分間使用すると仮定すると、1年間365日のうち、フードプロセッサーを使用する時間は、365日÷2日×5分=912.5分、912.5分÷60分/時間=15.21時間(h)と算出できます。

この使用時間と、冒頭で設定した電力量料金単価27.0円/kWhを使用し、次にフードプロセッサーの実際の電気代を計算してみましょう。

実際に電気代を計算してみましょう!

計算

容量が0.5Lの製品の場合

容量が0.5Lの製品の場合、消費電力は120Wですので、年間に使う消費電力量は、120W×15.21h=1,825.2Wh=約1.83kWhです。

これに電力量料金単価を当てはめ、電気代を算出すると、1.83kWh×27.0円/kWh=49.41円となります。

2日に1度しか使用していないとはいえ、フードプロセッサーとしては高頻度で使っているにもかかわらず、年間で50円以下の電気代というのはちょっと意外ですよね。

容量が1.25Lの製品の場合

容量が1.25Lの製品の場合、消費電力は440Wです。
この数値をもとに年間に使う消費電力量を計算すると、440W×15.21h = 6,692.4Wh =約6.69kWhとなります。

このとき、年間の電気代は、6.69kWh×27.0円/kWh=180.63円と算出できます。
容量が小さいものと比べ、3倍以上の電気代とはいえ、年間で180円程度は家計への負担はほとんどないと言ってもいいですね。

フードプロセッサーを使わずにみじん切りをしたり、スムージーを作ったりする手間や時間を考えれば、費用対効果は高いので、節電をあまり意識せずどんどん使用していきたいアイテムの一つです。

費用対効果の高い道具は積極的に活用しよう

野菜ジュース

実際にフードプロセッサーの電気代を計算してみて、意外と安いと感じた方は多いのではないでしょうか。

フードプロセッサーは、料理の時間を大幅に短縮してくれる便利アイテムですが、派手なモーター音とは逆に、電気代は「年間で」50~200円程度と、かなり安い電化製品です(もちろん使用頻度が高ければ高いほど電気代は上がります)。

フードプロセッサーのように、費用対効果が高いアイテムは、イメージで使うのを控えるのではなく、実際の電気代を知った上でどんどん活用するのが「賢い」家事テクニックです。

今まで電気代が気になってあまり使っていなかったご家庭も、これからは、ぜひフードプロセッサーをどんどん活用してみてくださいね。

フードプロセッサーの電気代を節約したら、次は電気料金プラン変更で大幅節約!

フードプロセッサーを一年間使用しても50円前後という事がわかりましたが、50円をいくら節約しようとしても難しいですよね。

電気料金プランを安い電力会社に切り替えるだけで、月に4500円も電気代が削減出来るケースもあります。

タイナビスイッチでどれだけ電気代が安くなるかシュミレーションしてみましょう。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!