電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

マンション電力自由化で切り替えが行えない高圧一括受電とは?

マンション

2016年4月から既に始まっている電力自由化ですが、CMでは「携帯電話とセットでお得」「どうせ払う電気料金にポイントがつく」などどの電力会社に切り替えようかワクワクしている方も多いと思います。

しかし、残念ながらマンションにお住まいの方に「当てはまる場合」と「当てはまらない場合」があるので注意が必要です。

  • 低圧契約 ⇒ 電力自由化で安い電力会社を自由に選べる
  • 高圧一括受電 ⇒ 既に安い電気料金になっており、個別で電力会社を選択出来ない。

今回はマンションの中でも、自由に電力会社を選べる低圧受電契約と、既に低料金になっている高圧一括受電について詳しく解説していきます。

電力自由化「前」と「後」マンション電気契約の種類

低圧契約

マンション低圧契約

低圧の場合マンションでまとめて電力会社と一括契約するのではなく、個々に電力会社と契約するタイプになります。

従いまして、電力自由化によって、一戸建てと同じように自由に電力会社を選択する事が出来ます。

もちろん契約する電気の種類は今まで通り低圧電力という電気になります。

高圧一括受電

マンション高圧契約

マンションが電力会社を決め、マンションごと高圧一括受電契約をしている場合がこれにあたります。大規模なマンションやタワーマンションにこの例が多くなります。

株式会社富士経済の調査報告によると、高圧一括受電サービスの導入対象となる50戸以上の大型分譲マンションは全国に200万戸程度あり、その中で高圧一括受電を導入しているマンションは約40万戸。大型マンションの中でも20%で、小規模中規模マンションは高圧一括受電の対象でない事から、ごく一部の大型マンションが電力自由化とは関係のない高圧一括受電である事がわかります。
⇒【最大16%削減】法人向け新電力比較はこちら

メリットとしては、ロビーなどの共用部分に高圧の料金の安い電気を流すことができるので、マンション全体においても、電気代がかなり安くなるのです。具体的に入居者にとっては、支払う管理費用が安くなる、メリットがあります。

個々の家庭には、高圧受電設備で高圧の電気を家庭用の低圧に変圧し流しています。ですので、個々の家庭には一般の家庭用低圧電気の料金が適用されることになるのです。
この電気代の節約はマンションの管理組合にとっては、かなりメリットのあることで、あまった料金をマンションの補修に回したり、蓄えておくことができるのです。

マンションでの電力自由化、気になる色んなこと

マンション電力自由化

マンションには一部の高圧一括受電契約しているところと、一般的な低圧契約しているマンションがある事がわかりました。

御自身のマンションが低圧契約のマンションである場合でも、勝手に電力会社を変更してもよいのでしょうか?

また、よく聞く「スマートメーターへの変更」も勝手に行って大丈夫なのでしょうか?

大家さんがもし指定の電力会社に決めていたら・・・

もし大家さんが「うちはこの電力会社に決めています」と言った場合は、例え一括受電契約をしていなくても、選べないんじゃないの?という声があります。
そんなことはありません。マンションで個々に電力会社で契約している場合は、電力自由化により、自由に自分で契約電力会社を選べるようになるのです。

メーターの交換は勝手に行っていいの?

今お使いいただいているメーターは、マンションの所有物ではなく、電力会社の持ち物です。
ですので、ほとんどの場合、メーターの取り換えについて、わざわざ大家さんや管理会社に連絡して承諾を得ることもなく、勝手に行われています。
もともと電力会社の所有物なので、スマートメーターの交換などに関して、わざわざ大家さん、管理会社に許可を得る必要なないと言えそうです。
しかも、料金もかからずに交換してくれる電力会社がほとんどです。
また退去時もわざわざ連絡する必要もありません。

アパートでも可能!?

お住まいが戸建てでもマンションでもなく、アパートの場合はどうでしょうか。
大丈夫です。こちらも問題ありません。
電力自由化の後は自由に電力会社を選んでいただくことができます。ただし、スマートメーターの設置は必須ですので、新たに取り付けてもらう必要があります。
次に申込みの手順を簡単にご説明します。

マンション1階の飲食店はどうなの?

飲食店の場合、一般的に三相200Vの動力機器を使用されていると思いますが、今回の電力自由化によって自由に電力会社を選ぶ事が出来ます。
詳しくはこちらを御覧ください。
動力電力も電力自由化で電気料金が安くなる!!

今回の問題は「マンションの中にある飲食店」という事で、やはりマンションが「高圧」「低圧」のどちらで契約しているかによります。

マンション内の住戸と同様どちらか確認して低圧の場合は電力会社の切り替えが出来ます。

電力自由化によるマンションでの電気切り替えの手順

電力自由化切り替え

大抵のマンションやアパートで電力自由化後、自由に電力会社と契約することが出来ます。
ではどのような手順で電力会社を切り替えればですが、以下2点と非常に簡単です。

  • 切り替え希望の電力会社に連絡をする
  • スマートメーターを居住地域の電力会社に設置してもらう

注意事項

今使用している電気の解約は切り替え先の電力会社で、手続きしてもらえますので、面倒な手続きは省略することができます。
スマートメーターの設置は新たな契約先の電力会社じゃないの?と疑問に持つ方もいるでしょう。スマートメーターは電力会社の所有物になるので、旧タイプの測定器から交換が済んでいない場合は、地域の電力会社から工事についての連絡が入ります。

ほとんどの場合は、無料で交換してくれるケースが多いので、心配であれば、連絡があったときに確認をしてみるとよいでしょう。
その際は電力自由化詐欺にご注意下さい。全国の皆さんが電力自由化に注目しているという事は、悪徳業者も当然注目しています。

せっかく得する電力自由化です。業者からの営業に乗せられるのではなく、こちらから情報を集めて積極的に動く事が重要です。

マンションオーナーに朗報!低圧の場合電力自由化で共用部の電気も安くなる!

マンションオーナー

電力自由化で低圧契約の場合は、電力会社を自由に選択出来ますが、マンションでも同様の事が言えます。

しかも、マンション全体の共用部の電気が1割以上安くなる電力会社もあり、大きな光熱費削減となりそうです。

また住民の方も自由に電力会社を選べるので、苦情などもこずいいことがたくさん起こってきそうですね。

マンションが高圧一括契約する為の条件とは?

マンション一括受電の条件

しかし、やはりマンションオーナーからすると、「高圧一括契約」と「新しい低圧電力会社」で電気料金が安くなる方を選択したいですよね。

まず、高圧一括契約出来るかを確認していきましょう。

高圧一括受電契約をマンション全体で契約するには、マンション全体の電気消費量が50kWを超えていることが条件であり、電気の変圧器がマンションの管理組合の管轄であるということなど、条件として挙げられることがいくつかあります。

停電の伴う点検が必要

変電設備の点検が三年に一度、停電を伴う点検が必要となっており、1時間から1時間半ほど停電の状態が続き入居者に不便を与えます。

検針器やブレーカーを交換必須

方式を切り替えることにより、検針器、ブレーカーを新しく交換する必要が出てきます。大型マンションの場合、一戸づつ工事していかなくてはならないので、かなりの手間が予想されます。

入居者の同意が必要

現在低圧電力で個々に契約しているマンションで、一括受電に切り替えようとしている場合、管理組合での話し合いはもちろんのこと、全入居者の同意を得る必要があります。
大多数同意を得るのであれば、不可能ではないかもしれませんが、全員一致となるとその難しさは想像以上のものでしょう。

そのように少々の手間がかかっても、電気代の削減は、マンション側にとってはメリットのあることなんです。
いままで割引のない低圧電力を使用してた場合に比べると7円/kWhの電気代が節約になるのでわかる気もしますね。
また2016年の電力自由化へ向けて、電力会社側としても、マンション一括受電契約をすることで顧客を獲得することができるので、このマンション一括受電契約を狙っている電力会社もあるようです。

変電施設は30年耐用

高圧電力を各家庭に流すときに低圧電力に変電する変電施設は30年も耐用年数のある機器となっています。それだけもつのなら、設備へ投資した費用は充分に回収することができると見込まれます。

電気料金の節約分を考えれば、管理組合に利潤を回しても十分に元をとれる金額ということです。これだけ長期的に確実に利潤を増やすことができるのはビジネスに値する、と言う考えが電力会社側にあるのです。

マンション高圧一括受電契約のメリット

マンション高圧一括受電契約のメリット

電気代が安くなる

高圧一括受電は単価の安い電気をまとめて購入し、マンション住民に分け合うものです。
安く仕入れた入れた分、電気代が安くなるメリットがあります。

電気料金の見える化

また一括受電契約の場合、スマートメーターへと切り替えられます。
これにより30分単位で電力の見える化が実現します。
これまでは検針員が毎月の電気使用量をメーターで確認していましたが、スマートメーターが導入されることで、この手間を省くことが可能となります。
また、私たちは検針票が手元に届かないかぎりは、どれぐらいの電気を使っていたかを正確にすることが出来ませんでしたが、スマートメーターならその場で電力使用量を確認できるようになります。

マンション高圧一括受電のデメリット

マンション一括受電のデメリット

上記には高圧一括受電の良い点ばかりを挙げてきましたが、実はデメリットも存在しています。

高圧一括受電契約後10年は電気会社は選べない

マンションで高圧一括受電を契約すると、契約期間が約10年となっているので、その間は電力会社を自由に選ぶことができないことが規則となっています。
事前にそのような説明があれば、マンション住民も納得できますが、中には管理組合により十分な説明がされていなかったため、不満が爆発して、訴訟を起こそうとしている住民もいるほどです。

電気料金の値下げは5%程度?

電気代が安くなるメリットは確かにありますが、電気代の削減はあくまでも共用部であることがほとんどです。
つまり各家庭の電気代ではないのです。

もちろん全く料金の値下げが無いわけではありませんが、わずか5%程度とあまり魅力を感じる事が出来ないかもしれません。
共用部の電気代は管理費として支払うわけですが、それに占める割合はたったの数%程度にすぎません。

電力自由化の恩恵を受けることができない

マンション住民の怒りとして多いのは、2016年4月からの電力自由化に向けて、テレビのCMなどでは、さかんにセット割引や特典が放送されているのに、マンションで高圧一括受電をしているので、自由化に参入できないという不満が多いようです。

マンション一括受電には、管理費が安くなる、などのメリットがあるものの、入居者の使用している例えば携帯電話やインターネットのサービスによっては、電力自由化によるセット割引などに加入した方が、支払う料金が安くなることもあるでしょう。
半ば、半強制的にマンション高圧一括受電に加入させられた、という意識がある入居者とっては不満が爆発するのも理解できないではありません。

これには管理組合が、マンション住民に十分な説明を行わず、強引に一括受電を導入したことが考えられ、経済産業省に苦情の電話が殺到していると言います。
このように、マンション一括受電に対してメリットを引き立て、ビジネス化しようとする動きがあるものの、管理組合の打算や、住民を無視した一方的すぎる利潤の追求は、マンション住民にもしわ寄せがきていると考えられるので、導入の話が上がったときには、十分調べて検討することが必要です。

電力自由化はマンションと密接に関係している

いかがでしょうか。マンションでもアパートでもほとんどの場合は、電力自由化によって自由に電力会社が選べることがわかりましたね。また電力自由化に参加することができない一部の高圧一括受電マンションがあることもわかりました。
どちらも、メリットとデメリットがあるので、選択することができる状況でしたら、当サイト利用してご自分が今利用している電気料金を診断してみてはいかがでしょうか。
きっとお得な電力会社やプラン、最善の方法が見つかるはずです。


⇒タイナビスイッチで簡単診断はこちら

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!