電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

電気料金シミュレーションで失敗?

電気料金シミュレーションで失敗?

電気料金シミュレーションで失敗しないために

皆さんは電力自由化によって本当に得する電気料金プランにスイッチングできるだろうか?本当に得する電気料金プランとは、現状のプランと比較して良いプランを選ぶ事ではありません。

多くの選択肢の中から自分で納得したプランを選ぶ事ができたのか?

ここが大きなポイントになります。
各電力会社が提供する料金プランの多くは、契約期間が存在します。間違った電気料金プランを選択すると、契約期間内での解約には違約金が発生します。
電力自由化がスタートしているイギリスでは切替え検討者の60%以上の人が電気料金比較サイトを利用している。この事実はインターネットが便利になったからではなく、料金プラン比較するニーズが高いサービスだからである。
実は、もう1つ大きな理由が隠されている。

心理的に電気料金選べない理由が存在した?

人は選択肢が多すぎる場合は、選択できないという弱点が存在する。
目の前に300以上の電気料金プランが存在した場合は、人は料金プランを選ぶ事ができない。転職業界で1000以上の営業職がある場合、どの会社を選ぶかは困難な事だろう。しかし、転職コンサルタントに10社の会社を紹介された場合は、より選択しやすい傾向がある。
電気料金比較サイトは、一般のユーザーに適度な選択肢を絞り込むコンサルティング要素が求められる。
その電気料金プラン絞り込みには、必要不可欠なのが電気料金シミュレーション診断の精度になる。

今回のコラムでは、皆さんが本当に納得して各家庭・生活スタイルに合う料金プランをどのように選ぶべきなのかを詳しく解説してみよう。

電気料金シミュレーションで必要なデータとは?

必要なデータ

そもそも、電気料金シミュレーションはどのように構成されているのか?
冒頭でもお伝えした通り、電気料金シミュレーションの目的はどのような電気料金プランを選択すれば良いのか?その選択肢をなんらかの基準で絞り込む事でより選択しやすい状況へと導くことである。


電気料金の仕組みとは?

都道府県でこんなに違う!?電気料金シミュレーション

まず、各都道府県によって1年間の気温・気候が大きく異なります。
例えば、北海道・東北・北陸にお住いの方は気温が低く、暖房を使う頻度・時間が大きいのに対して、九州・沖縄の人は冬でも温暖な為に暖房の使用頻度・時期は大きく異なります。
つまり、各都道府県別の月別電気使用量の波を正確に把握する必要あります。
※電気料金シミュレーションは関東・関西・東北・北陸・九州・四国・中部などの各電力管内だけでなく、都道府県単位でデータが大きく異なります。

国の統計データだけでは診断できない!?電気料金シミュレーション

そして、最もシミュレーションで難しい事は、1日の時間帯別電気使用傾向の波を把握する事である。
都道府県別の電気使用傾向は国の統計データ等を用いる事で平均値などが算出されているが、時間帯別の電気使用傾向のデータなどは存在しない。
各家庭の世帯人数・部屋数・子供有・昼間・夜間の在宅頻度等の情報が必要となってくる。なぜ、このデータが必要になるのか?
電気料金は携帯料金プランのように使い放題プラン等は存在せず、時間帯によって電気料金が異なっているである。

シミュレーション成功の鍵は時間帯別の電気使用量

つまり、正確なシミュレーションには1時間単位の電力使用量を把握する必要となる。今後、スマートメーターの普及により30分単位での電力使用量を把握する事ができるが、今の普及率は10%未満という状況である。
つまり、9割以上の人が1日の電気使用量の波を把握できていない状況で電気料金プランを比較する事は極めて困難な状況である。
ではどうすればよいのだろうか?

各電力会社の提供している電気料金シミュレーションとは?

電気料金シミュレーション

現在多くの電力会社のHP内での電気料金シミュレーションというコンテンツが提供されているが、皆さんは既に診断してみただろうか? 

なぜ簡易なの!?電力会社の電気料金シミュレーション

実際に利用してみるとシミュレーションを出すまでの質問項目がとても少なく簡易的なシミュレーションになっている場合が多い。これ自体は悪いわけではない。電力会社が提供する自社シミュレーションで皆さんに伝えたい事は1つだけです。
 
あなたの今の電気料金プラン   VS    自社の電気料金プラン
どっちが得なの?
この比較を実現する為だけであれば、高度な電気料金シミュレーションは特に必要としない。※プラン内容によっては必要とする場合があります。

確かに今の電気料金プランと比較して、新しい電力会社の電気料金プランが安ければ電力会社を切り替えようと考えるのは自然の事である。ただ、各電力会社が提供している電気料金シミュレーションのロジックも違えば、どれだけお得になるのかも見えづらい。仮に全ての電力会社のHPで電気料金シミュレーションを実行したところで、同じような壁に衝突することで答えはだせない。
特に各社が提供している料金プランには携帯料金・ガス料金・ガソリン・ポイント等のセット割が含まれている為に、より比較するのが難しい。
各社のテレビCMや広告を見る限り、セット割だと●●●●円お得という表記になっており、契約期間の長さによってもいくらお得なのかも各社で出し方が違う。

電気料金比較サイトの電気料金シミュレーションとは?

電気料金比較サイトの電気料金シミュレーション

電気料金比較サイトが提供する電気料金シミュレーションは最も高精度な機能が求められる。理由は、全ての電気料金プランとあなたの電気料金プランを比較しなければならない。
あなたの今の電気料金プラン   VS  30社・200以上の電気料金プラン
どのプランがもっともお得なの?
電気料金比較サイトは、新しいプランが発表されればその最新電気料金プランを電気料金シミュレーションシステムに組込み、常に最新マーケット市場でどの料金プランが利用者にとってお得なのか?を提示する必要がある。

なぜ複雑なの!?電気料金比較サイトの電気料金シミュレーション

利用者にとっては、全ての電力会社が提供する電気料金シミュレーションを利用しなくても、全てのプランの中から自分のライフスタイルに合う料金プランを絞り込むことができるだろう。ただ、200以上のプランの中から利用者にとっておすすめの電気料金プランを絞り込む為には、多くの質問に回答する必要がある。それがプラン診断である。

回答項目
1 現在の電気料金プラン
2 世帯人数
3 部屋数・子供有・無
4 在宅頻度
5 エコキュート有・無
6 太陽光発電 有・無

今後は、現在の携帯電話の使用メーカー・ガソリン使用状況などの細かい情報を確認する必要が出てくる可能性がある。
このような情報をシミュレーション段階で入力する事で、より利用者にとってメリットのある料金プランを絞り込まれる事でプランを選択しやすくなる。
格安航空券を購入する時にJALとANAだけで比較しますか?全ての航空会社の中でフライト時間帯(出発時間・到着時間・乗り換え時間)・料金等の様々な要素を比較して、航空会社を選択するのと同じ考え方です。
では、電気料金比較サイトはどのサイトを利用すればよいのか?
電気料金比較サイトの電気料金シミュレーションロジックが異なるのでどのサイトを利用すれば良いのかを判断する事は難しいでしょう。
各社が提供する電気料金シミュレーションを実際に利用してみる事をお勧めします。
では、タイナビスイッチが提供する電気料金シミュレーションのプラン診断は他社とどう違うのだろうか?

タイナビスイッチが提供する電気料金シミュレーションの差別化ポイントは?

電気料金シミュレーションの差別化ポイント

タイナビスイッチは幸いにも時間帯別の電気使用量ビックデーターを入手することで、スマートメーターが設置されていない利用者により正確な電気料金シミュレーション診断を実現する事が可能となりました。

タイナビスイッチは?単なる電気料金比較サイトではない

タイナビスイッチでは太陽光発電の遠隔監視機器メーカーで業界NO.1の株式会社NTTスマイルエナジーより太陽光発電設置者向け監視機器『エコめがね』のビックデーターを入出する事で、各都道府県別の1時間単位の電気使用量を把握する事が可能となりました。このデータを活用する事で、ライフスタイル別の電気使用傾向を20種類以上のユーザー属性に分ける事で、1日の電気使用データの波を割り出し、高精度のシミュレーション診断結果を実現しました。『タイナビスイッチ』を運営している株式会社グッドフェローズは、2010年より太陽光発電の一括見積比較サービスを全国でスタートしており、近年の一般家庭の電気料金の値上げに対する動向を常にチェックしていました。

電気料金の値上げに有効対策としての太陽光発電・蓄電池を設置する人が増えましたが、今回の電力自由化で単純に電気料金の問題が解決するとは考えておりません。一般家庭にとって本当に必要なものは、電気の安定供給・省エネ(効率的な電気の使い方デマンドコントロール)・緊急時の非常電源です。

タイナビスイッチでは、各家庭のライフスタイルを知り、電気の効率的な使用方法を推進しながら、本当に必要な料金プランを活用して節約する最良の方法と自負しています。
介護している人・子供が多い人・一人暮らしの人・マンション・集合住宅・アパートに住んでいる人等によってライフスタイルは大きく異なります。電力自由化によって本当にどの料金プランが良いのかを家族で必ず話し合う事が重要です。

各電力管内で電気料金シミュレーションした人は
どんな結果・どんな属性の人が多いのだろうか

電気料金シミュレーション比較のまとめ

電気料金シミュレーション比較

失敗しない電気料金シミュレーション活用5か条

  • 1:各電力会社の提供するシミュレーションだけでは本当の比較はできない。
  • 2:電気料金比較サイトが提供する電気料金シミュレーションで全てを比較
  • 3:重要なのは時間単位別の電気使用量の波の把握
  • 4:できる限りの情報を入力する事でより高精度の比較が可能となる。
  • 5:家族と必ず話し合いして最終決定する。

全ての人が電気料金シミュレーションを活用する事は、この電力自由化市場で失敗しない人を確実に防ぐことができるでしょう。
ニュース・新聞・広告等により、安易に特定の電力会社を変更するのではなく、じっくり複数の可能性から比較検討してみてください。
電力自由化スタートまで残り5日間、あなたは本当の電気料金シミュレーションをしましたか?電気料金プラン診断は?答えは1分の入力で答えがでるでしょう。

⇒20秒簡単!タイナビスイッチで簡単診断はこちら

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!