電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

お役立ちコンテンツ

電力自由化で離島の人はどうなる?

4月からは電力が自由化されますが、離島に住む人たちも、本島に住む人たちと同じように好きな電力会社を選べるようになるのでしょうか?ここでは離島の電力自由化についてみていきます。

離島への電力供給は義務づけられている?

電気料金計算方法

私たちが日々、当たり前のように使っている電気。それを離島へ届けるということは、そう簡単なことではありません。しかし難しいからといって、届けないわけにはいきません。そもそも電力会社は「離島供給約款」という規約に基づき、電気を離島へ届けることが義務づけられています。

また、電気は生活に欠かせない商品であるため、同じ電力会社が同じエリアで販売する場合は、質も、価格も、変えてはならないとされています。これを「同一地域同一料金」といいます。したがって離島だけ電気料金が高くなる、ということも原則的にはありません。

コストが高い離島での電力販売

離島へは本島と同じ価格で電力を供給することが義務づけられているわけですが、実際にはコストが高くなってしまうという課題があります。なぜなら多くの場合は「内燃力発電」という、小さな発電機で発電して電気を届けているからです。本島と比べると、発電コストは2倍以上になるといわれています。

離島の多い四国電力では、たとえば簡単な電気工事は島民にお願いするなどしてコスト削減の工夫をしていますが、それでも費用が膨らむことは否めません。離島を多く抱える電力会社のコスト増は深刻化していて、自由化においてもその在り方が議論されています。

離島での電力会社切り替えはできない?

コストが高いため、電力自由化後に新たな電力会社が離島で電気を販売することは、考えにくいといえるでしょう。そのため残念ながら、離島に暮らす方々は電力自由化がおこなわれたとしても電力会社を選べる可能性は低いです。

でも、もし離島で新たに電気を販売する企業が出てくる場合は、もちろん切り替えることは可能です。

まずは住んでいるエリアに新たな電力会社が進出してくるかどうか、確認してみてはいかがでしょう。そうした情報は、当サイト「タイナビスイッチ」でも紹介しているので参考になるはずです。

ただ、多くの場合は「離島は除く」となっていますので、住んでいる島でも販売するかどうかは、各電力会社へ問い合わせてみてください。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!