電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

ニュース

電力5社 10月より電気料金の値上げを発表

30日、電力大手10社は10月の電気料金を発表し、北海道電力、関西電力、北陸電力、四国電力、沖縄電力の5社が値上げすることとなりました。5社以上が値上げするのは15年11月分以来、11か月ぶりです。

電力大手は原燃料価格の変動を料金に反映する原燃料費調整制度によって電気料金を算出しています。例えば10月の電気料金は、5〜7月に輸入された原燃料の平均価格によって決定されるという仕組みです。原油価格は4〜6月と比較すると6%程度高く、3〜5月以来3期連続上昇となりました。

電気料金の値上げは北海道電力にとっては3か月連続で、関西電力にとっては11か月ぶりになります。
一方、ガス火力の占める割合が高い中部電力や東京電力エナジーパートナーは液化天然ガスの輸入価格が小幅ながら下落したため、電気料金を値下げします。

電力会社は選ぶ時代へ!
プロパンガスを30%節約
ガス自由化スタート
電気料金セット割特徴からプランを探す
「電力業界」に特化した転職サポートサービス
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事
電力会社は選ぶ時代へ!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?