電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

全国エリア電気料金シュミレーション結果|タイナビ調べ

すでに多くの人が電力会社の比較を始めていますが、最も関心が高いのは男性と女性どちらでしょう?その年齢は?実際にタイナビスイッチでシミュレーションを行った全国の方の住宅環境や性別・年齢層により判明した興味深い事実と特徴を分析します!

電力会社の比較を最も多く行うのは35歳から44歳!

電力会社を比較している方の年齢層全国版

シミュレーションを最も盛んに行っている年齢は、35歳から44歳の男女という事が分かりますね!

全体的に若い方は電気料金のシミュレーションを行うことが多く、高齢者の方は圧倒的に少ないという事が判明しました。生活に直接関わるインフラを変えることへの不安感や、インターネットで情報を探す習慣の違いが影響していると考えられます。

高齢者世帯は電気料金が高くなる傾向にあるため、簡単操作で電力会社を比較できるタイナビスイッチをお試しいただきたいですね。

男女で差がでる年齢層と傾向

最も大きく差が出たのは24歳未満の方と65歳以上の方で、24歳未満で電力会社を比較した女性の数は男性のおよそ2倍という結果になりました。ところが65歳以上になると、男性が女性の倍以上に電力会社の比較を行っています。

全体ユーザーの半数以上は男性

電力会社を比較している方の性別全国版

女性は若い内から電力会社の乗り換えに関心を示していることが分かりますが、全体の数としては男性の方が多いようです。家計に目を光らせる方や新しいモノ好きの方まで、電力会社の乗り換えに対する関心には様々なものがあるようですね!

一戸建ての方が約7割!

電力会社を比較している方の居住環境全国版

実際に電気料金のシミュレーションをした67%の方は、一戸建てにお住まいのようです。マンションのほうが戸数が多いものですが、一括受電で契約しているマンションでは電力会社の乗り換えができないことが影響していると考えられます。

電気料金が高くなる2人〜4人暮らしの割合が高い

電力自由化の仕組み

育児や同居などで世帯人数が多く、節電の工夫だけで電気代を削減することが難しい3人以上の家庭が半数以上を占めています。単身者が14%と少ないのは、電気料金が元々安く収まっている・電力会社を乗り換えて電気料金が有利になるのは電気の使用量が多い家庭というイメージが広まっているためとも考えられます。

集合住宅で一人暮らしの方がシミュレーションをすると、従来の電気料金から◯%割引という電気料金プランが多く登場していることが分かります。節約金額が少なくとも、お得であることに変わりはありません!

半数以上の人がひと月10,000円以上の電気代を支払っている

電力会社を比較している方の電気代全国版

電気代が10,000円以下の方は44%、10,000円を超える人が全体の54%という結果になりました。電気代が高い家庭は電力自由化への関心が高い傾向にありますが、そうでない家庭の方もよりお得な電気料金プランを求めて行動していることが分かります。

エコキュート利用者は19%と少数

電力会社を比較している方の利用状況全国版

電気でお湯を沸かすエコキュートの利用者数は少なく、全体の19%に留まりました。お風呂のお湯をガスで沸かす家庭が圧倒的に多く、オール電化住宅ではない家庭が多いとも言えるでしょう。

電力自由化で多くの人が行動を起こし始めている

高すぎる電気料金に頭を悩ませる方や、賢くお得な暮らしに興味がある方まで、多くの方が現在もタイナビスイッチでシミュレーションをしています。タイナビスイッチのシミュレーションで、あなたにお得なプランを選んでください!

⇒タイナビスイッチで簡単診断はこちら

電力会社は選ぶ時代へ!
プロパンガスを30%節約
ガス自由化スタート
電気料金セット割特徴からプランを探す
「電力業界」に特化した転職サポートサービス
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事
電力会社は選ぶ時代へ!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?