電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化ニュース

電力大手7社で経常損益が悪化

29日、大手電力10社の2016年4〜6月期の連結決算が出揃いました。

発電の燃料となる液化天然ガス(LNG)の価格低迷によって電力料金が引き下げられたのに伴い、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力の7社で経営損益が悪化しています。
特に四国電力においては、年金債務が増えたことが原因で3四半期ぶりに赤字に転落となりました。

一方、国内で唯一川内原発が稼働する九州電力では原発稼働が4〜6月期に210億円利益を押し上げ、経常損益は増益でした。
北海道電力と沖縄電力は電力料金の収入は減ったものの、燃料の調達費用が下がったメリットのほうが大きく、経常損益は改善しています。

反対に東京電力や関西電力など残り7社では電気料金収入が減少した影響のほうが大きく、経常減益となりました。

今年4月に電力小売の全面自由化がおこなわれて以降、競争が激化していますが、原子力発電所の再稼働には不透明感が強まっており、大手電力会社を取り巻く経営環境は厳しい状況が続きそうだという見方が強くなっています。

着実に進む電力自由化が大手電力会社の減益要因に

電気料金の値上がりが多かった地域を中心に、多くのユーザーが電力会社を乗り換えています。

すでに多くの人がお得な電気料金プランを使い始めている中で、あなたはいつまで従来の電気料金プランを使い続けるのですか?

電力会社を乗り換えたほとんどの人が使っている比較サイトの効果をぜひ目の当たりにしてください。簡単な質問に答えるだけで、驚くほどお得な電力会社を見つけることが可能です。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!