電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

ニュース

関西電力 首都圏でも電力を販売 東電より4〜6%割安に

関西電力は30日、首都圏でも電力を販売すると発表しました。
販売地域は栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都(離島を除く)、神奈川県、山梨県、静岡県(富士川以東)です。

今回販売するプランは東京電力の「従量電灯B」に相当。名称は「はぴeプラス」で、料金は次のようになっています。
【はぴeプラス】
■基本料金
・6kW未満 1,188.00円
・6kWを超える1kWにつき 388.80円
■電力量料金/kWh
・300kWh未満 21.78円
・300kWh以上 30.24円

同社ではモデル料金も発表していて、月に400kWh使用する家庭の場合で年間約4,800円、月に500kWh使用する家庭の場合で年間約7,900円、月に600kWh使用する家庭の場合で年間約11,000円お得になるとのことです。

申込受付開始は6月1日からで、販売開始は7月1日からとしています。

電力会社は選ぶ時代へ!
プロパンガスを30%節約
ガス自由化スタート
電気料金セット割特徴からプランを探す
「電力業界」に特化した転職サポートサービス
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事
電力会社は選ぶ時代へ!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?