電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

ニュース

ネオインターナショナル 電力小売事業参入を発表

ネオインターナショナルは17日、電力小売事業に参入すると発表しました。
提供する電気料金プランは「プラチナプラン」の1種類で、関東、関西によって料金が異なります。それぞれの料金は次のようになっています。
【東京電力エリア】
■基本料金/1kVA
・280.8円
■電力量料金
・120kWh未満 20.52円
・120kWh以上〜300kWh未満 25.92円
・300kWh以上 25.38円

【関西エリア】
■基本料金/1kVA
・388.8円
■電力量料金
・120kWh未満 23.76円
・120kWh以上〜300kWh未満 29.16円
・300kWh以上 23.76円

同社ではモデル料金も発表していて、東京電力の「従量電灯C」で20kVAを契約している家庭が月間2,550kWh使用している場合、「プラチナプラン」に変更すると月間10,105円、年間121,259円お得になるとしています。
また、関西電力の「従量電灯A」を契約していて月間1,550kWh使用している場合、「プラチナプラン」に変更すると月間9,897円、年間118,768円お得になるとのことです。

電力会社は選ぶ時代へ!
プロパンガスを30%節約
ガス自由化スタート
電気料金セット割特徴からプランを探す
「電力業界」に特化した転職サポートサービス
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事
電力会社は選ぶ時代へ!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?