電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

ニュース

東燃ゼネラルが追加料金プランを発表 定量割などを導入

19日、東燃ゼネラル石油株式会社(東京都港区)は、1月4日にすでに発表している料金プランに加え、追加メニューを発表しました。
新たに追加するのは定量割の「まとめてプラン」とkWh割の「たっぷりプラン」の2種類。

まとめてプランは一定の電気使用量をまとめて購入すると割安になるプランで、「まとめて300」「まとめて400」「まとめて500」の3種類があります。
基本料金は東京電力の現行料金と同じですが、電力量料金は月間300kWh台、400kWh台、500kWh台であれば一律で、東京電力の料金と比較すると8〜13%ほど安くなるとのことです。
また、仮に一定量を超えたとしても1kWhあたりの料金は3〜5%安くなっています。

一方、たっぷりプランは月間使用量が300kWh以上だと割安となり、最大で約13%割り引くとのことです。

用紙による申し込みは22日から、インターネットによる申し込みは29日から受け付けるとしています。

電力会社は選ぶ時代へ!
プロパンガスを30%節約
ガス自由化スタート
電気料金セット割特徴からプランを探す
「電力業界」に特化した転職サポートサービス
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事
電力会社は選ぶ時代へ!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?