電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

ニュース

東電など大手4社が2016年6月に電気料金の値上げを申請

2016年4月の石油石炭税の増税に伴い、東京電力(東京都千代田区)、北陸電力(富山県富山市)、中国電力(広島県広島市)、沖縄電力(沖縄県浦添市)の4社は1日、家庭をはじめとする「低圧」部門の電気料金の値上げを経済産業大臣へ申請しました。

東京電力・北陸電力・中国電力は来年6月1日から、沖縄電力は来年8月1日から料金の変更が適用される予定。これによってモデル料金における標準家庭の1か月あたりの電気料金は12~26円増となる見込みです。

4社は今回の税率引き上げを機に、「高圧」「特別高圧」部門も含む、すべての顧客の料金を見直すとしています。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
プロパンガス会社を変更してガス代を約30%節約しよう!
ガス自由化スタート
セット割・特徴からプランを探す
電力業界(電気工事士・電気主任技術者)の転職求人ネットワーク
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?