電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

都市ガス代を大きく節約する3つの方法とは?

ガスコンロ

何ごとを行うにも効果を期待すならチャンスを見逃さないことが大切です。家庭のエネルギー費用を抑えるためにガス代をもう少し節約したいと考えている方は多いと思いますが、そうした方々にとって絶好のチャンスが訪れました。

なぜなら、2017年4月から都市ガスの小口需要が自由化されるからです。これまでの都市ガスといえば地域の決まったガス会社としか契約できませんでしたが、自由化後には自由競争になりますから新しく多くの業者が都市ガス業界に参入してきます。

そうした会社には従来の会社より安い料金を設定しているところも多数ありますから、気にいったところをを自由に選択して契約する良いチャンスなのです。ここでは、今回の都市ガス自由化を好機と捉えて、ガス会社の切り替えを含めて、ガス代を節約する3つの方法について考えてみましょう。

これからガス代の節約を考えるのなら、第1にガス会社を見直すこと

ボールを比べている女性

これまでガス代を節約するために人々は色々な方法を採ってきました。その方法は多種多様でしょうが、はたしてその中にガス会社を見直すという選択肢は入っていたでしょうか。こう聴くと、すべての人が「いいえ」と答えるはずです。なぜなら都市ガスには選択しようにも、地域に対象になるところが他になかったからです。

それは地域に対象に契約できるガス会社が一つしかないからです。つまり、東京に住む人は東京ガス、大阪に住む人は大阪ガス、名古屋に住む人は東邦ガスという風に、契約するガス会社が指定されていたからです。

自由競争がモットーの資本主義社会としては随分おかしなことですが、ことエネルギー業界ではこれが普通のことであったのです。
でも時代はいつまでもそれを許さず、ついに都市ガス業界も自由化の波が訪れたのです。

2017年4月からいよいよ都市ガスの小売が自由化されます。これを機に都市ガス業界に多くの新しい業者が参入してきます。そうした会社には従来より安い料金を掲げてユーザー取り込みを図ろうとしています。

これで分かるように、今こそガス代節約の絶好の機会です。都市ガスにもやっと自由競争の時代が訪れたのです。ということは、これからはガス代節約方法として、まず第1にガス会社を見直すことが重要な条件になります。

ガス自由化で電力会社が安い料金でガスを供給するようになる

ガス自由化で注目すべきは電力会社のガス市場への参入です。大手の電力会社は火力発電用に都市ガス会社以上にLNG(液化天然ガス)をにたくさん備蓄しているからです。それを家庭用ガスに精製すれば、ガス会社より安い料金で供給できるのです。

多くの電力会社はガス自由化を前にして、電気のユーザーに対して電気とガスをセットにした割引料金を目玉にして、ガスの売り込みに力を入れているようです。こうしたこともあり、今こそガス代引き下げのためにガス会社を切り替える絶好のチャンスなのです。

⇒都市ガスは大手3社がマーケットシェアの7割を独占!!

ガス代節約方法の第2はお風呂の使い方を見直すこと

お風呂

多くの家庭でガス代で最も大きなウェートを占めるのはお風呂ではないでしょうか。家庭のよって差がありますが、お風呂好きな人の家庭ではガス代の半分~3分の2以上がお風呂で占められているのです。

それほど消費が多いお風呂だけにガス代節約に際しては真っ先にターゲットに上げられるのです。それだけに、お風呂に照準を合わせて使い方の見直しをはかれば節約額も馬鹿にならな金額になります。お風呂のガス代見直しのポイントは次のようになります。

季節によって追い炊きをうまく利用する

お風呂の沸かし方は、一から沸かす方が良いのか、それとも前回使ったものの追い炊きの方が節約になるのかは多くの人が抱く疑問です。これについては季節によって効果が異なります。

最近のお風呂の給湯器は熱効率が良く、冬以外の季節だと最初から沸かすほうが節約になります。ただし冬場は水道の温度が8度ぐらいになるのに対して、前回使ったお湯だと、24時間たってが水温が15度以上ありますから追い炊きの方が節約につながります。

無駄なお湯を沸かさないようにする

無駄なお湯とは、例えば人が入ったら音をたててあふれ出すような余分なお湯です。
あふれ出すお湯に無駄なお金を使うことはありません。これを無くすためには自動でお湯の量を調節してくれる装置をつけるのがおすすめです。

こまめにふたをして湯音を下げないようにする

沸いたお風呂にフタをしないでおくと熱がどんどん逃げて湯温が下がります。フタをすることを習慣にすれば、それだけでもガス代節約につながります。

湧いたらすぐ入るようにする

沸いたお湯は時間の経過とともに冷めていきます。入る前に追い炊きの必要がないように、沸いたらすぐ入るようにしましょう。

保温機能はなるべく使わないようにする

お風呂の保温機能はタダではなく使うと料金が発生します。ガス代節約のためにはなるべく使わないようにすることが賢明です

⇒シャワーとお風呂はガス代どちらが高いの?

ガス代節約方法の第3は、台所のガス代を見直すこと

キッチン

お風呂の次にガスを使う場所は台所です。もちろん使用するガス器具の種類や数によってガス代は異なってきますが、最も費用が嵩むのは給湯器です。節約のためには給湯器の使い方に気を付けるとともに、台所のあらゆるガス機器の使い方と費用を今一度見直すことです。

給湯器のスイッチはこまめに切る

給湯器のスイッチを入れっぱなしにしないで、使うたびにこまめに切れば、ガス代を月に500円~1000円程度節約できます。これは付けっぱなしの種火に使われるガス代がなくなるからです。これで分かるように、給湯器の種火を付けっぱなしにしておくと月に500円~1000円の無駄なガス代がかかるのです。また電気で制御される給湯器でもこまめに切ると電気代の節約につながります。

食器洗い機などに使うお湯の温度を下げる

給湯器はお湯の温度によってガス代が異なってきます。仮に食器洗浄器の場合では、お湯を2℃下げるだけで、年間に約1300円程度のガス代が節約できます。

圧力鍋を使えば調理時間が短縮できる

ガスは調理に欠かせないものですが、調理時間が長いほどガス代が多くかかります。
でも圧力鍋を使えば調理時間が短縮できますから、間違いなくガス代の節約につながります。

2017年から都市ガスの会社を自由に選択できるようになる

ガスプラント

お風呂に台所にと、ガスはわたし達の日常生活にはなくてはならないエネルギーです。それだけに使う頻度が多いため使用量が増え料金が嵩むのが悩みの種です。何しろ電気と合わせれば費用は家計費の半分以上を占めるのですから大変です。

さすがにこれほどの額に及ぶと、もう少し費用を抑えたい、と考えている方は少なくないはずです。そんな方々にまたとない節約のチャンスが訪れたのです。

それも、まさに千載一遇と言っても良いような絶好の機会がやってきたのです。私たちは日ごろ物やサービスを購入する際は、多くの選択肢から自分に合ったものを選ぶのが普通です。ところが都市ガス会社を選ぼうにも選択肢がなかったのです。

⇒2017年の都市ガス自由化、何を重視してサービスを選ぶ?

そうなのです。都市ガスについては選ぶにも選択肢がなかったのです。なぜなら都市ガスは自由に競争ができる商品ではなく、地域によって使うガス会社指定されていたからです。つまり関東に住む人は東京ガス、関西に住む人は大阪ガスという風に、その地方地方で使う会社が指定されているのです。

したがって都市ガスに限ってはユーザーが選択する余地はまったくなかったのです。自由競争が原則の資本主義社会ではおかしなことですが、エネルギー市場に関しては、これが日本における原則だったのです。

でも2017年4月からは都市ガスの小売市場が自由化され、新しい多くの業者が参入してくるため、ユーザーは自由に業者を選択できるようになるのです。

ガスも電気も比較が重要!! 電力自由化で10000円節約を!!

ガス代節約テクニックで、価格差があるということがわかりました。では電気はどうなっているのでしょうか?

電力自由化により、電気料金の値下がりが全国的に起こっています。一般的な4人家族のご家庭で年間10000円の節約も可能となっているのです。

まずは比較することが重要です! あなたの電気料金がいくら安くなるのか? タイナビスイッチなら入力1分のカンタン診断で電気料金を無料チェックが可能です。今すぐチェックです!!

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!