電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

プロパンガス代を大きく節約出来る4つの方法とは?

プロパンガス

プロパンガス会社は自由化されているため価格設定がバラバラです。
そのため契約している会社以外の相場を知らないと損をしたまま永遠にガス代を支払うことになります。

プロパンガス代が高く、毎月のガス代を安くしたいと考えていませんか?
都市ガスよりも高く、でも都市ガスのパイプラインがきていないため、仕方なく高いプロパンガスを使用しているご家庭は多いでしょう。

そこで、プロパンガス代を節約するためのとっておきの情報をご紹介したいと思います。ガス代はちょっとしたコツで簡単に抑えられるものです。
こんなに節約できた!と実感できるように賢く節約しましょう。

①一番大切なのはガス会社を見直すこと!

プロパンガス会社の単価は会社によって自由に設定ができるため従量単価はバラバラなのです。
またプロパンガスには基本料金があります。基本料金とは毎月必ず固定額で支払う料金のことです。

従量単価だけではなく基本料金もプロパンガス会社により違いがあります。
知らなかった!!と利用者の多くの方は「勘違いしたまま契約中」という方も多いでしょう。
プロパンガス会社に支払う料金の計算式は次の通りです。

基本料金+従量料金(従量単価+使用量)=請求金額

この請求金額の約8割は一般家庭の平均からすると従量料金になります。
なぜこんなにプロパンガス代が高いの?と感じている場合は従量料金がほかのプロパンガス会社よりも高い可能性があります。

⇒プロパンガス料金が高い理由は?余計に支払っている可能性も!

プロパンガスは都市ガスとは違い公共料金ではありません。
節約志向の方やそうでない方でも、同じ用途で差がなく使用できるプロパン会社が良いと考えるのなら良心的なプロパンガス会社を見つけなければなりません。

プロパンガス料金消費者協会によれば、東京都内の平均価格の相場は基本料金が1,557円で従量単価が479円ですがプロパンガス料金消費者協会が示す適正価格は一戸建てで基本料金が1,500円で従量単価が280円です。
平均価格とずいぶん従量単価がかけ離れているのがわかります。

じつはプロパン会社には従量単価が都市ガス並みの良心的な会社があるため単価をなるべく低く抑えたいという節約を意識したいと考えるのなら良心的で長くおつきあいできるプロパン会社を見つることが非常に重要です。

プロパンガス会社で相場よりも安いところを見つける方法はプロパンガス消費者協会などにある、現在契約中のプロパンガス会社の価格が適正なのかチェックすると短時間であなたが契約しているところが良心的な価格設定なのかわかります。

あなたのご家庭で契約しているプロパンガス会社の料金体制は適正なのか節約のためにも知っておく必要があります。
また、プロパンガス会社に直接値下げ交渉もしてくれて、優良なプロパンガス会社を紹介してくれるため心強い味方でもあります。

もしずっとプロパンガス料金に不満があるのなら、一度相談されてみてはいかがでしょうか?

⇒プロパンガス料金消費者協会が提示する適正料金とは?

②年間で最も高いのは冬のお風呂に使用するガス代

お風呂やシャワーで使用する給湯にかかるプロパンガス代は家庭で最も大きな割合を示します。
その割合は約75%です。

そのため給湯での使用量を抑えられればプロパンガス代が安くなります。
キッチンで使用する給湯よりもお風呂やシャワーの使用量が圧倒的に多く、お風呂やシャワーの使用方法を工夫すれば大きく給湯量を抑えられ、節約に結びつきます。
その方法は4つあります。

「お風呂のお湯」冬は追い炊き・冬以外は最初から沸かす方法がオトク!

お風呂

東京都水道局によれば平成27年度の水道水の平均水温は4月が15、9度℃、8月が25.2℃、11月が15.4℃、2月が8.6℃で季節によって違いがあることがわかります。

最近の給湯器は熱効率が良く、最初から沸かす方法でも負担が少なくプロパンガスの効率が良くなります。
しかし、冬の水温が低いケースは違います。
2月の水道水の平均温度は8.6℃です。

8.6℃から40℃まで沸かす負担より、前日浴槽に溜めたお湯を24時間放置した場合の水温は約15℃になり、水道水を最初から沸かすよりもプロパンガスを多く使用しなくても済むため節約になります。

プロパンガスの効率は季節や水道水温度などの条件で変化します。
その判断を見極められればプロパンガス代は抑えられるということです。

バスタブのふたはこまめにふたをする習慣を!

バスタブのふたをこまめに閉める習慣を身につけるだけで年間約2,500円の節約につながります。
つい、次にまた家族が入るだろうとバスタブのふたを開けっぱなしし、そのまま放置するとお風呂のお湯の温度が逃げてしまいます。

そのため、また次に入った家族はぬるいと感じ、お湯を沸かす回数が増えてしまします。
これを何度も毎日繰り返すことで当然プロパンガス代に反映してしまいます。

プロパンガス代を節約したいのなら、必ずこのお風呂のふたをこまめに閉める習慣を家族全員が身につけなくてはなりません。
お風呂のお湯の温度はふたをしても1時間で約1℃下がります。

だからといって保温機能を使うのもおすすめできません。
保温機能はプロパンガス代の無駄使いになりかねないからです。

自動お湯張り機能でお湯の溜めすぎを防ぎ節約する!

お風呂のお湯をたくさん溜める習慣があると当然毎月のプロパンガス代にひびいてしまいます。
そんな時便利なのが自動でお湯が止まるシステムです。

お湯張り機能がついているのに使ったことがない、または、給湯器を購入する予定があるのなら、自動お湯張り機能が付いたものがおすすめです。

節水シャワーヘッドは節約にピッタリ!

節水型シャワーヘッドはインターネットの通信販売やホームセンターなどで手に入り約40~60%の効果が期待できます。

種類が豊富で節水のほか、水流が柔らかく極細タイプでお肌にやさしいとお子様や女性に人気があるタイプもあり、節水効果を実感しながらさまざまなうれしい特典があります。

この節水シャワーヘッドの特徴は手元にストップボタンが付いている機種が多く、簡単にお湯をストップできる機能があることです。
使うだけで節水になるのですから、当然、プロパンガス代にも反映します。
年間に換算すると2万円以上の節約も可能です。
家族みんなが心地よく使えて節約になるのはうれしいですね。

普段からこれらのことを実行しお風呂での給湯器にかかるプロパンガス代を浮かせましょう。

③給湯器は普段から電源ON/OFFがおすすめ!

給湯器リモコン

最近の給湯器は種火がなく、リモコンで電源を入れたとしても種火が付いた状態ではないため、プロパンガス代に影響することはありません。

しかし以前の給湯器は電源が常に入った状態の場合、最初から冷たい水を設定温度まで上げるのでは時間がかかるため、ある程度温かくなったお湯が出てくるようになっている給湯器があります。

この場合、給湯器に電源が入っているだけでガスが消費されるため、使用しないときは電源をオフにするとプロパンガス代の節約になります。
また電源をオフにすることで電気代の節約にもつながります。

④ガスいらずのオール電化にする方法も!

給湯器が電気温水器ならプロパンガスがなくてもOKということです。
集合住宅などでどうしてもプロパンガスを使用しなくてはならない、または、給湯器を購入するコストを考えると無理という場合もあるでしょう。

しかし、新築や引っ越しのタイミングでオール電化にすれば、当然電気代は給湯器を使用したことで高くなりますが、プロパンガスの基本料金や従量単価はかかりません。
電気代のみに反映することになります。
高い料金のプロパンガスに不満があるのならこれらの方法も頭に入れておきましょう。

⇒電力自由化でオール電化住宅の電気料金はどうなる?

いかがでしたか?
この方法なら今日から試せる!というものがあったら、ぜひ、実行してみてください。

光熱費の節約こそがあなたの家計を楽にするものです。
ぜひ光熱費全般や生活費用の節約方法がギッシリ詰め込まれたタイナビスイッチをチェックして賢く家計を楽にしてみましょう!

ガスも電気も比較が重要!! 電力自由化で10000円節約を!!

お風呂の節約テクニックを使ってガス料金の節約ができました! では電気はどうなっているのでしょうか?

電力自由化により、電気料金の値下がりが全国的に起こっています。一般的な4人家族のご家庭で年間10000円の節約も可能となっているのです。

まずは比較することが重要です! あなたの電気料金がいくら安くなるのか? タイナビスイッチなら入力1分のカンタン診断で電気料金を無料チェックが可能です。今すぐチェックです!!

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!