電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

子育てを楽しみながら節約を可能にする方法

愛するお子さんとの生活、ずっと一緒にいられる期間は限られているからこそ、「楽しんで子育てをしたい!」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

子育て中は嬉しいことや悲しいこと、怒ってしまうことなどが起こり毎日めまぐるしく過ぎて行ってしまいます。その上、オムツやミルクから衣類、おもちゃに至るまで生まれてからすぐに多額の費用が必要となります。

もちろん、お金がなければ育児は楽しめないのかというとそうではありません。しかし、実際に育児中の様々な場面で「お子さんのための・お子さんに必要な」お金について向きあうことがあります。

そんな時に少しでも節約することが出来れば家計にも優しく、子育てももっと心から楽しむことができるのではないでしょうか。ここでは、子育てにかかる費用と、少しの工夫で節約を可能にするコツをご紹介します。

 

新生児期

“新生児”

生まれてすぐの赤ちゃんを抱く時間ほど、早くすぎるものはありません。毎日がオムツ・授乳(ミルク)・睡眠の3パターンと簡単なように思えますが、昼夜を問わず同じことを繰り返すことで、ママやパパも時間の感覚がなくなる…という声もよくあり、大変な時期でもあります。

この時期の赤ちゃんに必要なものとは?

オムツ

赤ちゃんの必需品といえば「オムツ」というイメージが強いのではないでしょうか。紙おむつで言えば、生まれたばかりの赤ちゃん専用の「新生児用オムツ」があります。このオムツは、ほとんどが生まれてから5キロまでの赤ちゃん用とされていることが多くあります。

標準的な赤ちゃんだと2ヶ月で5キロほどの重さになると言われているので、ちょうど生まれてから~2ヶ月までは新生児用を使用することが多いようです。

新生児の頃の赤ちゃんは排せつの時間が決まっていないことから頻繁にオムツを変える必要があります。一般的には「1日10~12枚」を目途にかえているという方が多いようです。つまり、1週間で約100枚が必要になるということになり、オムツ代だけでもかなり必要になります。

オムツ費用を節約するために「オムツを変えない」という方法はもちろん出来ないので、他の方法を探すと「布オムツ」の利用があります。

<布オムツのメリット>

①肌に優しい
肌がデリケートな赤ちゃんにとって、四六時中肌に触れているオムツとの相性は非常に重要です。最近のオムツは進化しているとはいえ、中には肌がかぶれてしまったり湿疹が出てしまうという場合も…。

布オムツであれば「オーガニックにこだわったもの」を利用することで、肌トラブルも避けることが可能となります。

②ゴミが出ない
便利な反面、ゴミを発生させてしまうというデメリットをもつ紙オムツとは異なり、布オムツはゴミを出さないエコな環境で育児をすることができます。繰り返し洗うことで、必要なものだけを使うムダのない暮らしを送ることができる点を魅力に感じる方も多いようです。

③コミュニケーションが密になる
最近の紙オムツは改良され続けているので、排せつをしても赤ちゃんが不快に感じにくい構造となっています。その点、布オムツを利用している赤ちゃんは布であることから不快を感じ、親にサインを送るという方法を身につけます。

快・不快を感じ、親に伝えて新しい布オムツにかえてもらう。この一連の動作は親子のコミュニケーションを密にしてくれます。

他にも「災害時の物不足にも対応できる」などのメリットもありますが、同時に「洗濯が面倒」・「負担」などデメリットに感じる人もいるという事実があります。いくら節約のためとはいえ、負担になってしまっては意味がありません。

外出時には紙おむつを利用し、紙オムツと布オムツを併用することで、負担を軽減させながら無理なく節約することが可能となるのではないでしょうか。

ベビーベッド

赤ちゃんのためのベビーベッドは意外と高価な上、せっかく買ったのに全く利用しなかったという声も多く、購入をためらってしまうという方も多いのではないでしょうか。使うか分からないのであれば、購入しないという選択もあります!

その場合の方法としては「友人に借りる、もしくはレンタルする」という方法があります。もし、身近にベビーベッドを購入したという方がいる場合は声をかけてみてはいかがでしょうか。一時的に利用するものなので、快く貸してくれる場合が多いという声があります。

また、業者にレンタルする方法は短期間に絞ってレンタルすることで費用を最小限に抑えることができます。何より「使用しなくなったときに置き場所に困る」といったことを避けられるのがママにとっては嬉しいのではないでしょうか。

市町村によっては子育て支援の一環として「ベビーベッドなどの子育てアイテムを貸してくれる」という場合もあるので、一度問い合わせてみるというのも良い方法です。

乳児期

“乳児”

出生から満1歳未満の時期を乳児期と呼び、少しずつ相手の顔を理解したり声で反応したりといった成長をみることができます。また、約5か月頃からは離乳食もはじまり、いよいよ本格的な育児という風に思われる方も多いのではないでしょうか。

乳児期を楽しく過ごす方法…そして節約法とは?

衣類

乳児期の赤ちゃんの衣類は「量」が必要となります!汗をかいたり汚してしまったりと、一日に何度も着替えをすることが多いので、そのための着替えが必要となります。

その上、せっかく高いブランドの服を買っても着られるのはわずかな時間です。まさに質より量の時期と言うことができるのではないでしょうか。

この時期に節約を考えるのであれば、親せきや友人のお子さんのお下がりを活用するというのも良い方法です。きちんと洗濯された衣類に身を包むことが一番です。

また、衣類は赤ちゃん用衣類専用のリサイクルショップを覗いてみると掘り出しものが見つかるかもしれません!

離乳食

5か月を過ぎた頃から離乳食がはじまります。まだ「食べる」という行為を知らない赤ちゃんにとって、最初に口にするママの料理に力が入るという方も多いのではないでしょうか。時期を見ながら少しずつ液体から固体へと移り変わる様子は、親としても見ていて嬉しいものです。

離乳食をあげることは喜びでもありながら、毎日忙しく過ごすママにとっては「少し大変…」と感じることも多くあります。そのため、離乳食作りをすばやく楽しむためには「電子レンジ」の活用をオススメします。

離乳食の必需品「おかゆ」は電子レンジで簡単に作ることができます!電子レンジを使えば負担に感じることもなくなるのではないでしょうか。

また、多めに作って冷凍保存するという方法もママたちの間では良く使われています。製氷皿に入れて冷凍すると、赤ちゃんにとってちょうど良い量となるので是非お試しください。

過ごし方

まだ歩くことができないので公園デビューは少し先となりますが、気候の良い日に外に出るだけで赤ちゃんも「心地よい」と感じるものです。

極端に寒い日や暑い日・雨の日は避けた方が良いですが、それ以外の日は外に一緒にお散歩をするだけで、ママにとってもリフレッシュの時間となります。買い物に出かける時もベビーカーでお出かけをすることで「ガソリン代」の節約にも繋がります。

赤ちゃんのおもちゃも「見た目が可愛い」ことから買いたくなってしまう気持ちは分かりますが、赤ちゃんは同じおもちゃで遊ぶとは限りません。むしろ、目新しいものが気になる傾向があるため、おもちゃの買いすぎもNGです!

「洗濯ネット」や「タオルを丸めたもの」「フェルトで手作りしたにぎにぎ」など、代用品は家の中に色々あります。育児書やインターネットにも「赤ちゃんのおもちゃを身近な物で手作りする方法」が載っているので、一度調べてみてはいかがでしょうか。

幼児期

“幼児”

1歳のお誕生日を過ぎると「幼児期」と呼ばれる時期になります。たっちができるようになり、徐々に歩き、走る…。またこの頃には多くの物が食べられるようになり、食事の時間もより一緒に楽しむことができます。

少し自我も芽生え始め、「うちの子ならでは!」も発見できるという楽しさ・嬉しさもあります。

必要品はネット通販を活用!

子供に必要な衣類やアイテムを普通に購入すると、意外と値段が高くてビックリ!という経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

もちろん、サイズ確認が必要な衣類などは店頭で試着してみれば間違いありませんが、多くのものは店頭だけでなくネット通販でも販売されています。その上、店頭で購入するより格安で購入できる場合が多くあります。

特に大きなもの(高価なおもちゃや三輪車など…)は、かなりの値段差がある場合が多いので、店頭で確認したのちネット通販で探してみることをオススメします!

ショップの中には「返送料無料」というケースもあるので、その場合は自宅でゆっくり試すことができるので、なかなかゆっくり店頭でみられない…というママ・パパにとっては朗報ではないでしょうか。

お食事スタイ

幼児期は徐々に自分で食べるということを覚えはじめます。家でも外食の場合でも「お食事スタイ」は欠かせないアイテムです。

汚れやすく、毎日何度も洗濯する必要があるからといって、それに合わせた枚数を揃えてたらかなりの量になりますし、お金もかかります。そんなお食事スタイの節約法は「作ってしまう」ことです!

<お食事スタイの作り方>
①不要になったタオルをお子さんのサイズに着る
②端を縫い、パンツ用のゴムを中に通す

たったこれだけです!これならば気に入った模様のタオルがあれば、簡単に手作りすることができそうだと思いませんか?

自転車の活用

1歳を過ぎると自転車に乗ることができ、その際には子ども専用の前や後ろにつける子ども専用のキャリアが必要となります。子どもを乗せることを目的としたママ・パパのための乗り降りしやすい高さの低い自転車や、電動アシストつき自転車など自転車屋さんには多くの自転車が並んでいます。

自転車を活用するだけで、これまで車で行っていた買い物やお出かけも自転車で行くことができるようになります。これはガソリン代の節約に大きく関係します。電動アシスト自転車の場合は、バッテリーを充電する必要はありますが、ガソリン代と比較するとはるかに安いことから、遠くの場所まで行く機会の多い方にはオススメです!

お住まいの地域に坂道があまりない人、そして近隣の移動に利用したいという方は電動である必要はなく、普通の自転車で十分ではないでしょうか。自転車での移動は、お子さんに喜ばれるだけでなくママ・パパにとっても良い運動となります!

子育て=光熱費アップ!?

“考える女性”

赤ちゃんが生まれたら「最低でも1ヶ月は家から出てはいけない」と昔から言われています。これは、赤ちゃんに免疫がついていないという理由の他に、出産を終えたママの身体を労わり、今後の生活に備えるためにもできるだけ横になる必要があるという理由もあります。

1ヶ月ずっと家にいるということは、心配になるのが「電気代」や「ガス代」などの光熱費です。春や秋などの、気候が良く過ごしやすい気温であればそれほど心配はいりませんが、暑い夏や寒い冬であれば電気代・ガス代が上がることが予想され、家計の圧迫につながりかねません。

とはいえ生まれたばかりの赤ちゃんは体温調節も上手にできないことから、電化製品の力を借りることは必須となるでしょう。その場合は生まれる前に電化製品の買い替えや、省エネで暮らす工夫を身に着けておくことをオススメします。

子育てにお金がかかるのに電化製品の買い替え?!と思われるかもしれませんが、最近の電化製品は「エコ・省エネ」のスペックが非常に高く、古いものをずっと使い続けている電化製品と比較すると、電気代が約半分になることもあります。

購入時は高額でも、長期的に考えると家計の負担を抑えることにも繋がります。赤ちゃんのいる生活に備え、電気代やガス代のことも考えたいものです。

まとめ

“まとめ②”

大切なお子さんのために「何でもしてあげたい」「何でも買ってあげたい」という気持ちがあっても、これから始まる生活を考えると「工夫して節約する方法」を身に着けておきたいものです。

節約することで負担となってしまったり、ストレスとなっては意味がないので、出来る範囲で無理なく試すことが重要です!

限られた子育て期間を心から楽しみましょう!

子育てにかかる光熱費の節約のために、料金プランも見直してみましょう

このように子育ての中で出来る節約法も色々あります。ストレスにならない範囲で上手に節約しましょう。子育てでは光熱費も気になるところですが、エコ家電の活用だけでなく、電気料金プラン自体を見直しておくことも、実はとても大切なんです。

電力会社や料金プランの切り替えだけで、月々大幅に電気代を節約できるケースもあります。

今の料金プランよりお得なものがあるのか調べてみたいという方は、タイナビスイッチがおすすめです。無料で簡単な高精度シュミレーションで、料金プランの比較ができます。一度やってみましょう!

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!