電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

結果的に節約になる!?主婦のスキルアップ術

「働きたい!…でも仕事がない」「自分に何かアピールできるスキルがあれば…」など、今は働きたくても自分に合った仕事や、やりたい仕事が簡単に見つからない時代です。

学校を卒業してすぐの「新卒」と呼ばれる人たちですら、就職が難しいと言われていることもあり、結婚や妊娠・出産、家庭の事情などで仕事を辞め、一度家庭に入った主婦の方々にとって、スキルや経験もない状態で自分のペースに合った仕事を見つけることは困難です。

その上、主婦の方々であれば家族の予定や都合に合わせて働くことが求められ、家に帰ると家事が待っていて…と、自分がやりたいことを思いっきり!というのは不可能に近いとも言えるでしょう。

しかし、仕事を探そうと思ったときに何らかの資格や経験があればどうでしょうか?実際、企業などの雇い主側が求めているのは、若くて何でも吸収できる人材はもちろんのこと、常識があり、資格・スキルを持ち合わせた人材です。

ここでは、主婦の方々が仕事を始める前に知っておいていただきたいスキルアップ術についてご紹介します。

 

専門学校などのスクールに通学する

“専門学校”

家庭に入っていても家族の協力や自分自身の努力で「安定かつ高収入」を目指すこともできます。独学でも可能ですが専門学校などに入学すれば、確実に資格やスキルを手にすることができます。

専門学校

専門学校に入学する新入生は、中学や高校を卒業してすぐでなくても可能です。イメージとしては若い人たちが集まるものですが、看護師などの医療関係の専門学校では、主婦や仕事を辞めて新しい道を進むために入学した人も大勢います。

もちろん、専門学校で学習するということは一般的には朝から夕方まで授業や実習を受けるということになるので、自由がきかなくなります。そのため、家族や周りの人の協力、手助けが必要となります。

また、費用については学習するものによっても異なりますが「年間100万円~」必要となり、家庭にとっては負担となります。しかし、設備や実習の充実や資格取得のための情報提供力を考えると、資格取得やスキルアップを確実のものにしてくれるというメリットがあります。

また、奨学金制度がある学校もあるため、利用することで家庭への負担を抑えることができます。資格取得後に学校と提携している場所で一定期間働けば、奨学金の返済の減額や免除となる場合もあります。家庭があっても、貯金がなくても始める事はできるようになっています。

スクール・習い事

「自分の好きなことや得意なことをもっと伸ばす」というのもスキルアップの一環です。趣味など好きなことであればやる気にも繋がります。好きなことで収入を得ることができれば、仕事にも前向きに取り組むことができるのではないでしょうか。

スクールや習い事の費用は、学ぶ内容や選んだ団体によっても大きく異なります。「習い事をするにもお金がかかる…」と家計への負担を考えるのであれば、各自治体が開催しているスクール・習い事があります。

多くは自治体の公民館や集会場を利用して開催していることから、費用は1回数百円~千円程度とリーズナブルです。その上、公民館や集会場は温度や環境も良いことから、家にこもっているよりもお金がかかりません。節約して学習できる上、節電にもなるのであれば、一石二鳥とも言えるのではないでしょうか。

通信教育

“通信教育”

好きなとき・好きな場所・好きなことを自分で選んで学習することが可能なのが「通信教育」です。人気の理由と使い方のコツとは?

人気の理由

通信教育をはじめている人は、家事に忙しい主婦の方々だけではありません。学校の合間に学習している学生さんや、趣味を極めたいというご高齢の方までまさに老若男女を問わず利用されています。

学習の内容も趣味や特技に特化したものから、知識をつける目的、仕事に生かすものなど多種多様に揃っています。さらに、履歴書に記入できる資格であったり、スキルアップの後就職や転職に有利になるものが多いことから、幅広く利用されていることが分かります。

最近では「生涯学習」という言葉を耳にする機会も増えましたが、生活の向上、自己の充実を目標として始める人も多いようです。常に何かを求めて生活していくという考え方・生活スタイルは、家族や親しい人など周囲の人にも良い影響を与えることになります。

継続は力なり!

通信教育はあくまで自主学習の一種です。そのため、自分のペースで学習できることがメリットである一方、自分のやる気次第で受講したものの、気が付けば受講期限が終わっていた…ということもよくあるパターンです。

自分の意志で自主学習しなければならないからこそ、自分の中で「強制力」が必要となります。

<強制力を作る例>
・自分にご褒美や罰を設定する
・周囲の人に伝え、進ちょく具合を確認してもらう

周りの人に「絶対合格・取得する!」と合格宣言を行うことも、宣言した手前、合格・取得しないと恥ずかしい思いをするため有効な手段です。

通信教育の持つサポート体制

上記で通信教育は自主学習の一種と記載しましたが、通信教育が完全な自主学習とは違う点…それは「サポート体制」が整っている点です。

講座によっては技術が求められるものもあり、その場合は自分で実際に作業をしてみることも必要です。また、学習を進める中で分からないことや知りたいことについては、随時サポートシステムに連絡することで指導を受けることもできます。

受講後に試験がある場合には「模試」や「定期テスト」などがあり、自分のレベルを知ると同時に苦手分野を集中的に学習することや、解説を求めることもできます。

普段は自分のペースで学習しながらも、頼る場所があることで「一人ではない」という安心感が得られる点もまた、通信教育の良さと言うことができるでしょう。

公共施設をフル活用!

“図書館”

自治体が運営している図書館や公民館・集会場などは、自主学習を行うには最適な場所です。夏場はエアコンが効いていて、冬場はヒーター、トイレや洗面所も完備…。近くにこのような場所があるのであれば活用しない手はありません。

自習室

図書館や公民館、集会所に必ずと言っても良いほどあるのが「自習室」です。大きな図書館だと「数十人~百人程度が定員」となっており、学習するには最適な場所です。

もともと防音設備が整っていることも多く、外からの騒音もシャットアウトされている静かな場所であることに加え、自習室は「学習する人・意識の高い人だけが集まる場所」のため、学習環境も良く、落ち着いて勉強に専念することができます。

何といっても空調はもちろんのこと、トイレや洗面所なども備わっていることから、節電・節約が可能です!学校や通信教育での自習も家で行う必要はありません。

豊富にある書籍の閲覧

図書館や公民館に必ずあるもの…それは書籍です。書籍は「知識の宝庫」とも言われるほど、私たちにありとあらゆる知識を与えてくれるものです。そんな書籍に囲まれた場所を利用しない手はありません。

「知っているのと知らないのとでは天と地ほどの差」があります。とはいえ、書籍は購入すると意外と値段が張るもの。むやみやたらと購入することは難しいものです。

その点、図書館では多くの書籍を無料で見て借りることもできます。家計に負担をかけずに、自分に知識をつけることができる方法は他にはありません。今まで本を借りたことがなかったという方も是非利用してみてはいかがでしょうか。

パソコンを活用!

図書館などにはパソコンが設置してあり、簡単な検索であれば行うことができます。台数があまりない可能性もあるので、長時間の一人占めは難しくとも、短い時間でならば有効利用したいところです。

場合によっては制限がかかっていることがあるため、何でも調べられるというわけではありませんが、一般的な事柄であれば問題なく検索することが可能です。

自宅のパソコンで調べものをしようと思うと、電気代がかかる上、ついつい関係のないことまで調べてしまいがちです。それでは、電気代だけでなく貴重な時間をムダにしてしまいます!

学習していて何か気になる点や知っておきたいことなどがあれば、図書館などの公共施設で調べるようにしましょう。

まとめ

“まとめ②”

「資格を取得する」「スキルアップを目指す」ことは決して簡単ではありません。ましてや、自分のことだけしたら良いとされる学生や独身時代とは違い、家庭のこともしなければならない身だとしたら、何かを始めることを億劫に感じるのも無理はありません。

しかし、何かを始めなければ今の自分や環境を変えることはできません。まずは何か一つでも始めてみてはいかがでしょうか?

その際、やはり費用や料金面も気になるところです。高額の費用は家計にとって負担となり、快く始められない…という方も中にはいらっしゃることでしょう。その点、上記に挙げたような方法を取り入れてみることをオススメします。

多少の費用がかかったとしても、家から出ることは決して悪い(出費となる)ことばかりではありません。その良い例が「電気代の節約」です。

春や秋といった気候の良い季節は良いとしても、夏や冬には必ずといっても良いほどエアコンや扇風機、ヒーターなどの電化製品を利用します。一日中家にいて、一日中ずっとつけっぱなしであれば、家にいてお金を使っていないようでも、電気代がかかっています。家にいることで、学習や家事の合間にテレビを見たり…ということも考えると、電気代はかさむ一方です。

しかも、夜間に比べて日中の電気代は高く、つけっぱなしにしていたのでは家計にとっては大打撃となることも考えられます。加えて、トイレにかかる電気代や水道代も節約できるのであれば、目的を持って家から出ることは家計にとってもプラスとなることでしょう。

節約や節電の効果も期待しながら「賢く!自分のスキルアップ」を計画してみてください。はじめてみると、これまで以上に毎日が充実したものになるのではないでしょうか♪

スキルアップもしながら賢く電気代を節約するなら料金プランを見直そう

図書館などを有効活用して外に出かければ、知識やスキルを身に着け、しかも電気代などの光熱費の節約にもなりますね。しかし、家事をしていれば家にいることも多くなり、やはり電気代が気になる方も多いと思います。

賢く電気代を節約したいなら、今は電気料金プランの見直しは必須です。電力会社や料金プラン変更で月4,500円も電気代が安くなることも。

今の料金プランでいいのか知りたい方は、タイナビスイッチで料金シュミレーションをしてみましょう。高精度シュミレーションで、どれくらい安くなるのか各料金プランと比較できます。ぜひご利用ください。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!