電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

引っ越しを節約・節電をしながら行う方法について

住宅ローンの低金利の影響もあり、新しく住宅を購入し引っ越しをしようと考えている方達が近年増えてきています。

また、まだ見ぬ新生活のために引っ越しを検討している方たちもたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは「少しでも節約・節電をしながらできる引っ越しのコツ」について紹介をしていきます。これから引っ越しを検討しているという方はぜひ、参考にしてみてください。

意外と高くつきがちな引っ越し代金。その引っ越し代金を少しでも節約・節電をして、素敵な新生活を手に入れましょう!

引っ越しにかかる費用について

“引っ越し

そもそも引っ越しには一体どのくらいの費用がかかるのでしょうか。ここでは一般的な費用相場について紹介をしていきます。

近隣に引っ越しをする場合に必要な費用について

引っ越し先によって、引っ越し代金は大きく異なってきます。比較的近隣に引っ越しをする場合を想定して費用の相場を見ていきましょう。

<例>夫婦2人分の荷物を、車で20分の市内の新居に運ぶ場合
→費用相場:約12,000円~60,000円

費用相場の差が大幅にある理由

引っ越しに必要な費用には比較的大きな費用差があります。一体、どうしてこのように大きな費用差が出てくるのでしょうか。

<引っ越し費用相場の差の原因>
・現在の住居・新しい住居が何階建ての建物なのか、荷物を一体何階から出して何階まで運び入れるのか
・現在の住居・新しい住居の前に何トンまでのトラックが通行することができるか
・荷物を運ぶためのスタッフが何人必要か
・荷物の梱包は自分で事前に行うのか、会社に依頼するのか
・引っ越し日の希望日時の指定があるのか、ないのか
・会社名やブランド力があるのか、ないのか

このように、引っ越しの方法や内容によって引っ越しにかかってくる費用には大きな差が出てきます。そのため、少しの工夫をすることで実は大幅に引っ越し費用を節約することができます!

引っ越し代金を節約するコツ

“引っ越しの準備をする家族のイラスト”

引っ越し会社を検討する際のポイント

まず、引っ越しをすることが決まったらどの引っ越し会社に引っ越しを依頼するのかを決めなければなりません。実は、ここにも大きな節約ポイントがあります。これから引っ越し会社を探すという方はぜひ、参考にしてみて下さい!

●引っ越し会社探しのコツ①
まず、引っ越し会社各社に引っ越しにかかる費用の相場見積もりを依頼しましょう。現在、数社同時に見積もりができるサイトなどがインターネット上に掲載されています。

大まかな荷物や移動距離などを入力すれば、すぐに各会社から大体の費用相場を電話やメールなどで知らせてきます。そこで、気になった数社と連絡を取り合い実際に家に来て荷物を見てもらい、本格的に費用の見積もりをとってもらうようにしましょう。

●引っ越し会社探しのコツ②
実際に数社に引っ越し代金の見積もりを取ったら、各社の特徴などをまとめながらしっかりと比較をしましょう。その中で最も安く良心的な対応をしてくれた会社を2社選び、両社にその旨を伝え、最終どのくらいまで値下げが可能なのかを確認します。

引っ越し代金とは、値段があってないようなものです。交渉力があればあるほど、お得に引っ越し代金を節約することができるので、営業マンの方とはコミュニケーションを丁寧に図りましょう。

<引っ越し会社探しの際の注意点>
誰でもできるだけ安く、節約をしながら引っ越しをしたいと考えます。しかし、引っ越し会社を選ぶ際、安さだけではなくいくつか注意をするべき点があります。

・追加請求がかからないか事前に確認をしておく
→意外と荷物が多かったからなどの理由によって追加料金を請求してくる引っ越し会社があります。そのため、契約の前には必ずしっかりと確認をするようにしましょう。

・丁寧に安全に運んでくれるのか確認しておく
→いくら格安で運んでくれるからと言って、大事な家財や新居を傷つけられては大変です。養生をしっかりとしてくれるのか、丁寧に梱包をしてくれるのかなどを事前に確認を行い当日のトラブルや事故がないようにしましょう。

引っ越し代金を節約する5つの方法

引っ越し代金は、ほんの少しの工夫で大幅に節約をすることができます。これから引っ越しをするという方はぜひ参考にして次回の引っ越しの際には取り入れるようにすることをおすすめします!

1.自分で運ぶことができるものは自分で運ぶ
引っ越し代金というのは、単純に荷物の量でも大きく異なってきます。そのため、自分で運搬することができる荷物類は自分で運ぶようにしましょう。

そうすることで、引っ越し当日にプロに依頼する荷物が減り引っ越し費用もぐんと節約することができます。

2.新しく購入した電化製品や大型家具は新居に届くようにする
引っ越しを機に、新しい電化製品や大型家具を購入する方も少なくないのではないでしょうか。新しい電化製品や大型家具を購入するという方は、新居に届くように注文をしましょう。

そうすることで現在住んでいる住居から新しい住居に運ぶ手間が省け、引っ越し代金を節約することができます。引っ越しの荷物でも特に大型の洗濯機や冷蔵庫・大型食器棚などは、できるだけ新居に届くようにすることをオススメします。

3.できるだけ他の人の引っ越しがない平日を狙う
どうしても引っ越しは土曜日や日曜日に行うという方が大半です。そのため、土日に引っ越しを行おうとすると、費用を節約することがなかなかできません。

しかし、平日だと引っ越し件数が少ないこともあって、土日に比べると大幅に費用を抑えた引っ越しをすることができます。そのため、引っ越しをするのであればできるだけ平日を希望することをおすすめします。

4.引っ越しの時間指定をしない
引っ越し会社というものは一般的に「1日で出来る限り多くの引っ越し先を効率良く回ることができるように」とスケジュールを組まれています。

そのため、引っ越しをする日にちが決まったら、できるだけ時間指定はしないようにしましょう。「13時」と指定をするよりも「午後」や「13時~16時」などと依頼をすることによって、引っ越し会社は融通がききやすくなり、引っ越し代金を割引してくれる場合が多いです。

5.荷物の梱包は自分で行う
引っ越しの荷物の梱包は、出来る限り自分で行うようにしましょう。引っ越し会社やプランによっては梱包も込みの料金を提示してくる場合があります。

しかし、少しでも引っ越し代金を節約したいと考えているのであれば、梱包は自分で行うようにすることをおすすめします。そうすることで数万円の節約に繋がります。

また、梱包資材についても引っ越し会社は有料で提供をしてくれますが、できる限り家にある資材で梱包をするようにしましょう。古新聞紙も立派な梱包資材です。

高級なエアパッキンなどをわざわざ購入しなくても、果物を購入したときについてきたクッション材や、自宅にあるバスタオルなどを使って割れものなどを梱包すれば、運搬中に破損する心配はありません。

そのため、引っ越しを行う際はできるだけ有料梱包資材は購入せず、無料の梱包資材を賢く活用して荷物をまとめるようにしましょう。

この他にも、多くの方が引っ越し会社を利用する繁忙期である週末・月末・年度末は比較的費用相場は高めです。そのため、可能であれば出来る限り平日や月半ばなどを利用して引っ越しをすることをおすすめします!

引っ越しをする際に節電をする方法について

“引越の荷造りをする主婦”

引っ越し代金を節約する方法について少しはお分かりいただけたのではないでしょうか。次は、引っ越しをする際にできるだけ節電をする方法について紹介をしていきます。

引っ越しをする際に節電をするためには

引っ越しをする際に節電をするためには、引っ越しをする時間帯や季節が大きなポイントになります。

<引っ越し時に少しでも節電をするためにおすすめの時間帯について>
→9:00~17:30

引っ越しにおすすめの時間帯は、季節などにもよりますが、電気をつけなくても良い午前中~夕方までの間です。

引っ越しは、移動時間も含めると結構な時間がかかります。現在の住居から運び出す際は明るくても、新居に着く頃には暗くなっているという場合もあります。

出来る限り節電をしながら引っ越しをしたいということであれば、電気をつけなくても済む時間帯に引っ越しを済ませることが大切です。

<引っ越し時に少しでも節電をするためにおすすめの季節について>
→春・秋

引っ越し時は一般的に玄関のドアを開け放った状態です。そのため、エアコンがフル稼働している夏や冬に引っ越しを行うと、どうしてもたくさんの電気代が余分にかかってしまいがちです。

そのため、少しでも節電をしながら引っ越しを行いたいという場合には、出来るだけエアコンなどの電化製品を使用しなくても済む春や秋に行うことをおすすめします。

引っ越しを行う際に役立つ節電アイテムについて

引っ越しを行う際に役立つ節電アイテムがあるのを皆さまはご存知でしょうか。ぜひ引っ越しの際には、必要に応じて積極的に取り入れるようにすることをおすすめします!

●LED電球
万が一雨が降ったり、予想以上に日暮れが早かったりして、電気をつけないといけない時間帯に引っ越しをしなければならなくなってしまった場合は、新居では必ずLED電球をつけておくようにしましょう。

従来の電球に比べてLED電球は長持ちするだけでなく、電気代の大幅な節約をすることができます。消費電力の少ないLED電球を利用すれば、従来の電球を使用する場合よりも大きな節電効果を期待することができます。

●うちわや扇子
万が一真夏に引っ越しを行う場合は、うちわや扇子を持参するようにしましょう。ほこりなどが舞うこともあって、玄関ドアや窓を開け放って引っ越しを行う場合が大半です。

エアコンをつけたまま引っ越しをしていると、どうしても電気代が高くついてしまいます。せっかく引っ越し代金を節約することができたのであれば、節電もしたいところです。思い切ってエアコンは消して「うちわや扇子」を活用して暑さを乗り切ってください。

●カイロや防寒着
もちろん冬場も同じです。冬場はカイロや防寒着などを賢く活用して、節電対策をするように心がけることをおすすめします!

まとめ

“まとめ”

いかがでしたでしょうか。引っ越しをするにあたって、実はほんの少しの工夫で様々な点において節約・節電することができるということをお分かりいただけたのではないでしょうか。

引っ越しは思っているよりも意外とお金がかかるものです。新しい生活のスタートを切る第一歩でもある「引っ越し」。できる限り節約・節電をしながら、賢く引っ越しをすることをおすすめします!

引っ越し代を節約する技を駆使+電気料金プラン変更で電気代節約!

色々とお金がかかる引っ越しだからこそ、なるべく節約・節電をしましょう。昼間の電気を使わない時間帯を狙って節電!

電気代の節約なら、今よりお得な料金プランに切り替えるといいですよ。引っ越しの際は電気の使用開始の申し込みがありますが、その時に新居では新しい電力会社にすると、引越し後の電気代が節約できます。

今よりお得なプランがあるのか、すぐに知りたい方はタイナビスイッチの料金シュミレーションをしてみてください。簡単に無料で書く電力会社のプランを比較が可能です。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!