電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

光熱費を80%削減できる比較方法があった!

削減

光熱費は、ドーンと安くする方法があります。
なぜ、うちはこんなに光熱費が高いの?!と思っているなら毎月かかる光熱費は少しでも安くしたいものですね。

光熱費を下げるきっかけになるのが、2016年4月から始まった電力自由化です。
でも、電力自由化になるのは良いですが、電力会社選びがややこしいと思いませんか?
家族構成や時間帯など使う条件、それに都道府県によっても電力会社が異なるため、自分にピッタリの条件にあった電力会社はよく分からないですよね。

  • 私は2人暮らしでLPガスを使用している関東地区の場合どこがおすすめ?
  • オール電化住宅にはどのプランがオトクなの?
  • 4人家族でオール電化を検討中だけど、光熱費はどう変化するの?
  • 太陽光発電設置の家庭には、どの電力会社がいいの?

など、選り取り見取りの条件の光熱費をさまざまな条件で比較しました。

冬の高い光熱費の原因は暖房と給湯費用だった!

まずは、全国で光熱費を年間にどれだけ支払っているのか、毎月の集計を見てみましょう。こちらは電気とガスを契約している場合です。

このグラフでは、毎月の光熱費を比較すると光熱費が季節によって大きく変動しているのがわかります。
電気料金は5月が最も安く、1月が最も高くなっています。
ガス料金は8月が安く、1月が最も高い料金になっています。

こちらは、電気料金とガス料金を合計したグラフです。

こうして比較すると一般家庭では冬の光熱費が高くなるのが分かります。
冬の光熱費の大半は、暖房や給湯機にかかる光熱費です。

  • 暖房や給湯機の光熱費を抑えることができるにはオール電化住宅がいいのか?
  • 都市ガスやLPガスを混合の場合がいいのか?
  • 冬の暖房器具は石油ストーブがいいの?

冬の光熱費をさまざまな条件で比較しました。

光熱費を80%削減するには関東地区でオール電化と太陽光発電を導入

まずは、最近話題のオール電化+太陽光発電をほかのパターンと比較してみます。
オール電化住宅は、エコキュートで深夜の安い時間帯にお湯を沸かすなど光熱費の効率を良くしてくれます。

特に冬の冷たい水をお湯に変えて電気料金が高い時間帯に沸かすのは電気料金に大きく反映します。そんなときでもエコキュートは役立ちます。

太陽光発電を取り入れることで家庭でも必要なエネルギーを太陽光のエネルギーは家庭で使う電力を生み出すことができる優れものです。
余った電気は電力会社に売ることもできるため、太陽光を取り入れた生活はほかのエネルギーコストと比較しても光熱費を省エネできていると言えます。

では、関東地区で電気と都市ガスとの併用の場合と太陽光発電を取り入れたオール電化住宅の場合を比較すると光熱費はどう変化するでしょうか?
じつは、光熱費が80%も削減できるのです。

  • 太陽光発電システムがあれば、約45%削減。
  • オール電化で更に約35%の光熱費が削減できる

発電した電気を有効に使えることと余った電気を売る事ができる。そして深夜の安い時間帯に電気を使うこと、ガスを使用しないことで80%もの光熱費を削減できるのは驚きですよね。

では、この場合どんな電力会社がおすすめなのか、電力会社を比較して光熱費がどのように変化するのか見てみましょう。

関東地区でオール電化と太陽光のおすすめ電力会社プランは?

東京電力株式会社の従量電灯Bで太陽光発電システムを使っていた場合の冬の電気料金が約10,000円/月の2~4人家族の光熱費はどうなるでしょう?

株式会社Looopのおうちプランと一般電力会社を比較

一番オトクなのが「株式会社Looopのおうちプラン」です。
・東京電力従量電灯Bと比較すると株式会社Looopのおうちプランは年間想定電気料金が約86,616円。
想定節約額が約4,868円(税込み)

東燃ゼネラル石油株式会社従量電灯B(40A)と一般電力会社を比較

・東燃ゼネラル石油株式会社従量電灯B(40A)は東京電力従量電灯Bと比較すると年間想定電気料金が約86,903円(税込み)
約4,580円節約になる。

電力会社の安くなる料金が同じ場合はどうしたらいいの?

電力会社の料金プランが同じ、または、ほぼ同一料金の場合、どっちにしたらいいのか迷いますよね?
でもこの場合は、特典やセット割引の部分を必ずチェックしましょう。
例えば関西地区のHTBエナジーとエイチ・アイ・エスの場合は、エイチ・アイ・エスには旅行代金が割引になる特典が付いています。

旅行を申し込むタイミングで電気プランを契約すると1世帯で海外旅行なら3,000円、国内旅行なら1,000円の割引になります。
こうした細かいチェックをすることでより、電気料金をお得に契約できるのですべての条件を把握して契約することも大切です。
⇒タイナビスイッチで簡単シミュレーションはこちら

削減の観点から比較したオール電化住宅と都市ガス併用

オール電化の光熱費の節約効果はどうなるのでしょう?
オール電化にすると、深夜割引と契約すればエコキュートだけでなく、食器洗い機や洗濯機などをタイマーにすることで多くの電気製品の電気料金を安くすることができます。

今のところ深夜割引が適用になる電力会社のおすすめプランは以下のとおりです。

特に東京電力の電化上手では朝の7時から10時の朝の家事の時間、夕方は17時からの晩御飯支度の時間帯が割安料金の範囲内です。
そのため、この時間帯を定着することができれば大変お得になります。

併用したらこんなに安くなる!

  • オール電化住宅は都市ガスを使用した住宅と比較すると電化上手プランでは光熱費45%の削減が可能
  • 年間で比較すると、基本料金は約21,000円、給湯が都市ガスの場合なら年間約55,000円の差が出る。
  • 調理や照明、空調などでは年間約96,000円もの差が出る。
  • オール電化住宅とそうでない場合は、1年間で約、10万円、10年間で約100万円になる。

毎日暮らしの中で必ず発生する光熱費をこんなに削減できるのは、うれしいですね!

削減の観点から比較したオール電化とガス併用の1人と3人住まいの光熱費

※給水温度は年平均温度

オール電化の1人住まいの場合

  • オール電化の場合は月、約5,514円の光熱費
  • ガスを併用すると約11,419円の光熱費
  • オール電化とガス併用を比較するとオール電化が約7万円オトクになる
  • 3人住まいではオール電化が月約8,893円、ガス併用で約17,447円が平均額になる
  • 年間で比較するとオール電化が約10万円もオトクになる

⇒タイナビスイッチで簡単シミュレーションはこちら

電気温水器+IHクッキングヒーター3人と4人住まいを比較

電気温水器+IHクッキングヒーターの場合では3人住まいと4人住まいで比較しました。

※給水温度は年間の平均温度

オール電化とガス併用3人住まい

  • オール電化とガス併用を比較するとオール電化が約12万円オトク
  • 4人でも同じくオール電化とガス併用と比較すると同じく12万円もオトクになる
  • オール電化にかかる光熱費は3人住まいと4人住まいを比較しても同じ12万円オトクになる

様々な条件で削減額は変化する

  • 何人住まいなのか?
  • オール電化なのか?
  • 毎月の電気料金はいくらなのか?
  • 太陽光発電を設置しているのか?
  • 日中は自宅に誰かいるのか?
  • 夕方は何時頃から自宅にいるのか?

など、各家庭によって条件はさまざまです。
でも、タイナビスイッチなら大丈夫!!

どんな条件からでも、数多くある新電力プランからオトクなプランを比較して分かりやすく表示します。
ほんの数秒で探してくれるため、ぜひ無料診断をお試しくださいね!

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!