電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

掃除機の耐用年数をのばすための4つのポイント

掃除機をかける主婦

収入が減っても物価が上がってしまう今の世の中で、意外に値の張る掃除機をできるだけ長く使い続けることは非常に意義のあることです。

しかし、掃除機は他の冷蔵庫や洗濯機などの家電と違って存在感は非常に薄く、耐久年数などは考えたことのない方ばかりでしょう。基本的に財務や資産上でも認識される掃除機の耐用年数は、6年と定められています。

それでも、この年数は掃除機があくまでこれくらいの耐久性を持っているという社会通念から生まれたものと言えますし、実際は二桁の年数に跨って使い続けているご家庭もあるでしょう。ここでは、掃除機を少しでも耐用年数よりも長く使えるような方法をご紹介します。
⇒電気代が一番かかっていると思う家電は?100人アンケート公開

掃除機は耐久年数通りに使えていない家庭が多い?

掃除機を毎日使用しているご家庭の実情を見てみると、6年の耐用年数を問題なく使いこなせているご家庭はそれほど多くないと思います。この大きな理由を分析してみますと、どの家庭も掃除機を適切な方法で使用や管理していないからと言えるでしょう。

多くの家庭の掃除機で意外に多いのが、湿気の多い場所で保管していることです。掃除機はカビが生えやすく、通気性が非常悪いのでそれが内部の電気基板をダメにしてしまうこともあるのです。このような日常の保管が、耐久性に大きく悪影響を与えます。

掃除機は使い方によって著しく傷みやすい?

掃除機の使用で多くの方が実行されていないのが、掃除する場所に応じた吸引ヘッドの交換です。掃除はスペースばかりではなく、かなり狭い部分のホコリを吸引することもあるでしょう。

狭い部分に通常の横長吸引ヘッドを使うと吸引効率も大きく低下するだけでなく、ヘッドそのものを傷つけてしまう恐れもあるのです。また、横長ヘッドの表面にはホコリをキャッチするために滑らかな繊維が敷き詰められているので、あまりにも狭い場所での無理な吸引作業は繊維を固くしてしまうことも避けられません。

さらに、最新式の掃除機になるとヘッド内部に通電しているタイプも多いので、衝撃によって破損するとヘッド内部の回転機能などが使えなくなります。

掃除機のコードの取扱いが耐用年数を短くしている?

実は掃除機のコードが故障の原因になって、実際の耐用年数を短くしている事実もあります。これは、コードを長く引き出さないことによる漏電や発熱による爆発の恐れが高まるからです。

掃除機のコードに付いている赤色テープはテープの終わりを示しますが、黄色テープはその部分まで必ず引き出して使用しなければならない警告表示となります。

つまり、狭い部屋での掃除だからと言ってコードを短く出してコンセントにつなぐと、掃除機が熱を持ちやすくなって非常に危険です。1回の掃除では問題はありませんが、継続的にこのような方法で掃除機を扱うといつ爆発してもおかしくない状況になるでしょう。

掃除機のメンテナンスが耐用年数に好影響?

掃除機

掃除機も人間の体と同じようにメンテナンスが求められまして、最低でも掃除機内部の掃除などもマメに行わなければなりません。

一般的にどんな機器でも設定されている耐用年数は、通常無理のない使用法であれば達成されると言う意味合いが強く、逆に言えば本当に丁寧に扱えば耐用年数にも少なからず好影響を与えてくれます。

実際のところ、スペックの高い掃除機ほど複雑な基盤を持っているので壊れやすく、より積極的にメンテナンスが必要になってきます。

掃除機をより良く維持するための費用は?

通常の掃除機の手入れなどはほとんど費用が掛からずに進められるものの、本格的なメンテナンスとなると多少なりとも費用が掛かるものです。

例えば、吸引ヘッドの効果はメンテナンスで最も必要なものでして、交換も数千円とそれほど高いものではありません。この部分を変えるだけで、掃除機の掃除能力が一気に高まります。

また、意外に重要なのは掃除機についている非常に小さなホコリです。。これは、長期の使用で静電気が蓄積する大きな要因となるので、上述のヘッドの交換と一緒に進めると大変便利です。これによって、掃除機が熱を持ちにくくなって耐用年数も伸びます。

クリーニングも一般的に数千円のレベルなので、ヘッドの交換と費用を合わせると1万円ほどです。

掃除機の耐用年数を伸ばすことのメリットとデメリットも?

“主婦悩み”

掃除機の耐用年数を伸ばすことは、一般的に見ると日常生活において良好なコストパフォーマンスを得られるようになります。しかし、掃除機も家電の端くれですので時代が変わるごとにどんどんアップデートするのは必至です。

耐用年数が伸びることは長く使えることになりますが、実のところメリットとデメリットが共存していることでもあります。これは一体どういうことなのでしょうか?

掃除機はデザインによって使い勝手が変わる!

掃除機は使ってみると分かりますが、デザイン性と機能性は非常に大きく一致しています。つまり、ユーザーは持ちやすいデザインを持つと掃除もスムーズに進むことも多いでしょう。

一旦、自分に合ったデザインの掃除機に出会うと長く使って行くユーザーもかなり多く、掃除機に先進技術が取り入れられても実際の操作性などが悪ければ、アップデートで改悪されたと判断するケースもあります。

よって、気に入ったものについて耐用年数を伸ばして長く使い続けることは大きな意味を持ち、このことは掃除することのストレスをユーザーに感じさせないというメリットに他ならないのです。

特に最近の掃除機は、高価格化が進んでいますので使い勝手が良ければ良いほど、定期的に摩耗しやすい部分を交換してリーズナブルに長寿命化を図ってください。

掃除機も長く使うと消費電力の増加懸念も!

しかし、掃除機も長く使うとどうしても避けられないのが、節電しにくくなるというデメリットです。機器は古くなれば古くなるほど、今までより多くの電力量を費やさなければ通常のパフォーマンスが期待できなくなります。

これはユーザーが求める使い勝手と相反するものでして、どんなに掃除機を上手に使えてもそれを使い続けることによる経済性は多少なりとも失われて行くことを意味しているからです。

しかし、消費電力を効率化するためには通常のクリーニングだけでなく、基板自体を交換するなど抜本的な修繕が求められます。これでは、費用も数万円掛かることも考えられますので、新しい掃除機を購入する方がむしろ経済的である場合もあるのです。
⇒掃除機はリサイクルよりもオークションの方が高価で売れる?

掃除機の耐用年数にこだわるならメーカーにもこだわる!

“掃除機をかける主婦”

掃除機の耐用年数にこだわる場合は、どのメーカーのものを購入するかという視点も非常に役立ちます。法定耐用年数は6年であっても、実際に使い続けられる基礎的な耐久性は各メーカーにて非常に大きく異なっているのですから。

現在、掃除機を生産しているメーカーは日本製と海外製を合わせるとかなりの数に上りますが、ユーザーがより長い耐用年数を意識して行くのであれば国内外の製品どちらを使うのが良いのでしょうか。

次項で見ていきたいと思います。
⇒ダイソン掃除機の電気代を計算してみた

国産掃除機の耐用年数も保ちやすい?

日本製の掃除機は非常に外見的なデザイン性に優れ、コードレスタイプを含めて非常に高性能のものが増えています。一般的に日本人は日本製の掃除機を使うべきと言いますが、それは日本人にとっての使いやすさを重視して人間工学や行動学的に研究して開発されたものだからです。

ただ、上述のようにハイスペックな掃除機は故障もしやすくなりますので、普通に掃除ができればよいという日本人にとっては宝の持ち腐れとなる可能性もあるでしょう。これにより、結果的に耐用年数が低下してより良いコストパフォーマンスも望めないケースも否めません。

日本製のものに関して言えばデザイン性はもとより、求める機能性に見合ったタイプをセレクトすることが何より重要となります。

輸入ものの掃除機は使用感が重要!

さて、その一方で海外製の掃除機になりますと、そのデザインは非常にシンプルなものが多いのです。掃除機でも日本では集塵機と見間違うようなものもあって、使い勝手よりも基本的な吸引能力に重きを置いていることも少なくないでしょう。

しかし、複雑な機能やオプションが付いていることは決して多くなく、構造自体が簡単なこともあって故障がしにくいと言えます。

ただ、日本人が使うとなると使用感に難があるタイプも珍しくなく、長く付き合って行くとすればやはり徹底的な商品セレクトが必要となってくる訳です。

掃除機の耐用年数と同じくらい電気料金プランの切り替えは重要です!

毎日の電気料金が安ければ、掃除機を使用していても電気代を気にしなくて済みますね。
タイナビスイッチでは、業界随一の精度で無料でご自宅に合った電気料金プランを診断することができます。
診断にかかる時間は、たった1分です!
是非、電力自由化になった今、電気料金を見直して節電につなげましょう!!

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!