電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

加湿空気清浄機は加湿器や空気清浄機とは違う!!

家族

最初に確認しておきたいのですが空気清浄機や加湿器と加湿空気清浄機は違うということです。
空気清浄機は部屋の空気中にある浮遊物やウイルス、煙などをフィルターで除去するもので加湿器は加湿のみをするものです。
加湿空気清浄機は「気化式」方式で加熱なしで水分を含んだフィルターに風をあてて水が蒸発する仕組みで電気代を抑えて加湿しながら空気清浄をする家電製品です。
電気代を抑え、加湿をしながら空気清浄もおこなう優れた機能を持つのが加湿空気清浄機です。
空気を清浄しただけはインフルエンザなどの菌や花粉を撃退するのは難しいのです。
なぜならウイルスや花粉などは、乾燥した空気中ではウイルスや花粉自体の水分が蒸発し軽くなることから落下しにくく空気中をさまよってしまいます。
そのため適した湿度がないとウイルスや花粉が飛沫し、部屋の中をただよいます。
するとのどや鼻の粘膜に付着し感染やウイルス反応がしやすくなってしまいます。

  • どうして加湿空気清浄機が良いのか?
  • 空気清浄機はあるけど加湿器を同時に使えば同じ効果?
  • おすすめの加湿空気清浄機を知りたい!

など、「のどが弱い」「お子様がいる」「花粉症で困っている」というお困り事から、何を買えばいいのか迷っている方のために加湿空気清浄機の詳しい情報をまとめました。

空気清浄機と加湿器は別物!

加湿空気清浄機

加湿空気清浄機とは名前の通り加湿と空気清浄ができるものです。
風邪が流行する寒い時期だけではなく春になれば花粉アレルギー、梅雨の時期になれば湿気でカビやニオイが気になりますよね。
また最近はPM2.5や黄砂も飛来してきます。
加湿空気清浄機には空気の汚れを察知しキレイな空気環境にするとともに湿度も自動で管理する機能が搭載されています。
特に冬場に流行するウイルスは低い温度と乾燥した空気を好みます。
寒い冬は暖房器具を使いますがそうすると空気が乾燥してしまいます。
乾燥した空気は感染力が高まり人から人への感染もしやすくなってしまいます。
家族の誰かが風邪やインフルエンザに感染すると同じ部屋の中で過ごす家族にうつってしまうのは、仕事や勉強、受験にも影響してきますので家庭内での感染は防ぎたいところですね。
加湿は空気中にさまよっているウイルスなどが床に落ちるため感染力が下がります。

「それじゃあ加湿器を使えばいいじゃない!」

そう思われるかもしれません。
しかし、加湿機と加湿清浄機は違います。

加湿器との加湿空気清浄機の違いはここ!

主婦

加湿器と加湿空気清浄機の大きな違いは「空気をきれいにする機能がついていること」です。

加湿器の効力

  • 加湿のみをする機能がある
  • 空気に潤いを持たせ、のどや目などの粘膜が乾燥しない効果がある
  • インフルエンザなどのウイルスの繁殖を防ぐ作用がある

加湿空気清浄機の効力

  • 加湿をしながら空気清浄機の機能を同時に作動できる
  • 気化式で加湿をうるため消費電力が抑えられる

加湿空気清浄機の加湿の仕組みは「気化式」です。
気化式とは熱を使わずに加湿をする消費電力がかからない理想的な方式です。

気化式の特徴2つ

  • 水分に風をあて、常温の水の蒸発させる方式
  • 消費電力が少ない

という2つの特徴があります。
加湿器の加湿の方式はスチーム式や超音波式がほとんどです。
加湿空気清浄機の加湿はじっくり加湿ができて電気代も安いためおすすめできる機能です。
また、空気を清浄し加湿も同時におこなう加湿空気清浄機は空気清浄のみや加湿機能のみでの運転もできるためオールシーズン活躍できる家電製品です。

加湿器と空気清浄機を同時に使うのはアリ?

悩む主婦

加湿器と空気清浄機を同時に使うのはあまりおすすめできません。
加湿器は加湿空気清浄機の加湿方式の気化式ではないため、加湿空気清浄機と比較すると加湿にかかる電気代が節電とはいえないからです。
そのため、加湿器と空気清浄機を同時に作動させた場合は電気代がかさむほか、2つ設置するにはスペースもとるため加湿空気清浄機ひとつを使うほうが良いでしょう。

2016年モデル最新おすすめ3選

ダイキン(DAIKIN) MCK55S

  • 25畳まで対応
  • 8畳なら約11分で清浄
  • 水タンクは約2.7L
  • 中で1時間約0.51 円の電気代
  • コンパクトでスリムな設計
  • 騒音低減
  • フィルターは10年間交換ナシ!
  • お手入れが楽

横幅を27㎝にスリムし設計したことで設置面積が約3割ダウンし、部屋のわずかな空間にも置けるほか、カラーバリエーションが4種類のブライトオレンジ、ホワイト、ディープブラウン、ミッドナイトブルーとインテリアになじむカラーを選択できます。
そして吸い込み口と吹き出し口が離れていることから吸引がパワーアップできて吸い込み領域が約2割も増えました。
高感度ホコリセンサーで空気中の花粉やハウスダストなどの微小粒子やPM2.5もすばやくキャッチしながらニオイも検知する好感度な機能で快適で安心できる空気にしてくれます。
スリムタワー型構造のため騒音も低減されました。
送風ファンが下にあるため、ちょうど集じんフィルターが防音壁のようになり騒音が従来のモデルより気にならなくなりました。
そしてダイキンの加湿清浄機の最大の特徴はフィルターにあります。

電気集塵方式のフィルターとは
こちらの加湿空気清浄機は電気集塵方式で汚れを密着させます。
汚れをプラスに帯びさせ高性能フィルターをマイナス帯電部にすることでフィルターに汚れを密着させることができます。
また、フィルターは4層構造で汚れを見逃しにくく、電気集塵方式のフィルターは目詰まりしにくく10年という長期間の使用でもパワフルに機能する優れた方式です。

ストリーマ照射で徹底的に除去
花粉などのアレルギー物質がフィルターにくっつくとストリーマ照射で分解される仕組みです。ただ除去するのではなく、酸化分解力で有害物質を活性種にすることで分解させるのです。
そのため、花粉は2時間後に99.6%以上、カビ、ダニは24時間後に99.9%以上分解し死滅させるためただフィルターに付着させ除去するのではなく徹底的に空気環境を整えたいと思う方にはダイキンのスリムタワーシリーズのMCK55Sがおすすめです。

お手入れが楽
プレフィルターは本体に直接掃除機をあてるだけで掃除が可能です。
パネルを開けて取り外す手間がはぶけました。
また給水タンクが高い位置にあるため、給水の際に取り外すのも楽なのも魅力です。19㎝のコンパクトなタンク設計はシンクにはまりやすく使いやすいサイズになっています。

シャープKC-F50

  • 23畳まで対応
  • 8畳9分で清浄
  • 水タンクは約3L
  • 中で1時間約0.30円の電気代
  • フィルターは10年間交換ナシ!
  • 防カビフィルター構造

シャープならではの機能「高濃度プラズマクラスター7000」はカビやウイルスなどの有害物質の除菌のほか作用を抑える空気の浄化や静電気を抑える機能、ニオイを分解させた後、消臭する効果もあります。
花粉やハウスダスト、ダニの糞など微粒子でも99.97%以上をシャットアウトできる高濃度フィルターも魅力のひとつです。
値段も手ごろでリビングなどにおすすめできる人気のある加湿空気清浄機です。
乾燥している際は加湿フィルターが自動で回転し、加湿を始めます。
停止の際は加湿フイルターが水に浸からない位置で停止し、送風でフイルターが乾燥するようになっています。
そのため、カビの繁殖を防げます。

リビングや廊下、子供部屋、寝室などあらゆる空間で活躍します。

パナソニック:F-VXL55

  • 25畳まで対応
  • 8.5畳12分で清浄
  • 中で1時間約0.2円の電気代
  • フィルター交換の目安は10年
  • 水タンクは約2.3L

パナソニック加湿空気清浄機F-VXL55は寝室モードが搭載され、寝室にもおすすめできる加湿空気清浄機です。
高性能のHEPA集じんフィルターで気になるウイルスやアレルギー物質の花粉などのほかPM2.5やハウスダストなどをキャッチします。
そしてスーパーナノテク脱臭フィルターはニオイを除去する効果があり、タバコ臭などに効果を表します。
そして電気代が安い特徴があります。
省エネ時の電気代は1日約1.8円です。
自動で無駄になる運転を制御し、パトロール運転機能で空気環境が悪くなる時間帯や就寝する時間を学習し、節電するようになっています。
自動で運転をセーブする機能はうれしいですね。
節電を重視するならパナソニックF-VXL55がピッタリです。

きれいな空気は生活が快適過ごせます。
ぜひ加湿空気清浄機でオールシーズンを気持ちよく過ごしましょう。

加湿空気清浄機で快適な生活を!

加湿空気清浄機は、省エネで1日約1.8円の電気代しかかからない機種もあり、健康面だけでなく節約の面から見ても助かります。
そういった機種を選べば節約になりますが、もしそれでも電気代に不満があるのなら、電力会社プランを見直したほうがいいかもしれません。電力会社切り替えで大幅な電気代節約ができる場合があります。

「タイナビスイッチ」でぜひあなたの電力会社とプランを比較してみましょう。簡単な入力ですぐに電気料金プランの比較ができます。ぜひご利用ください。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!