電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

節約アンテナ立ててます?『お得』な情報を受信して節約上手に!

家庭内の節電にアンテナを立てよう

家計費で気になるのが水道光熱費です。ライフラインと呼ばれているもので0円には絶対できないものですが節約の知恵や技が思う存分使える分野とも言えます。

電灯を切り替える

“電球を従来のものから最新のものに変えるだけで、節電にかなりの差がでます。”

まずは電気代です。簡単なものから言えば電気を使う家電製品を省エネ家電に取り換えることです。最初に取り換える費用は掛かりますが、数年で電気代を節約する分で省エネ分の購入費を取り返せます。家電は思い切って新しくすることで節約できます。



また白熱電球や蛍光灯をLEDに替えることも大きな節約になります。通常の消費電力の8割をカットでき寿命が長いので、この際に家の中の電球を替えることで将来の電気代の負担が軽減されます。

ライフスタイルに合う電力プランを選ぶ

普通に支払っている電気代も保険と同じで一度契約の見直しをしてみると改善の余地が出てきます。契約アンペア数などが勝手に決められていたら、こちらで契約変更することで月額の基本料金を下げることができます。



その時にプランの確認もしておきましょう。ライフスタイルにもよりますが日中、電気を使わなければ夜中のナイトプランにすれば電気料金を半分以上抑えることができます。電力会社のホームページなどを確認しましょう。

暑い時期は冷却グッズで上手に節電


“暑い時期こそ節電!”

電気代が一番高いのはエアコンをフル稼働している夏の時期ではないでしょうか。



暑いのを我慢するのはつらいですし、熱中症になる可能性もあるので頼ってしまいますよね。



うまく冷却グッズを使って節電しましょう。



冷蔵庫で冷やして首元に巻く冷感タオルや携帯用のボディークーラーは効果的に体の温度を冷やしくれます。



冷却スプレーもひと時の冷やしを体感させてくれます。携帯用扇風機を使い、オフィスで仕事をこなす方も沢山います。



ある会社は夏の時期にサマータイムを導入して会社のエアコンの電気使用料を抑える工夫をしています。これを個人でも実践すると電気代を抑えることができます。2時間早く起きて早く寝ることでエアコンの利用を抑えることができます。

住んでいる住宅と自治体の情報を受信しましょう

家計費の節約をする上で食費などの大きな項目を節約すると成果としてわかりやすいですが、毎月に支払う住宅ローンや家賃などが節約できると、かなり大きいです。

知ってるだけで節約になる住宅情報

“住まわれている自治体によって優遇されるサービスがあるかもしれません”

住宅ローンは購入する時に少し知っているだけで、通常の支払いから節約ができます。例えばマンションなどを購入するときには完成在庫物件を購入すれば、交渉次第で価格を安くする可能性が高くなります。



これは住宅販売業者が完成物件住宅を多く抱えているためです。不動産の購入に関しても自分でオークションから探すことをしてみましょう。意外に破格値で付けられていることがあるそうです。



破格値の物件に関してなら競売物件です。一般の価格よりも3割ほど安くなっていることが多いですが、トラブルになりやすい為、事前にしっかりと調査することが必要です。



物件の購入や売却に関して、どうしても発生するのが仲介手数料です。この手数料が儲けにつながるのですが、払う方としたら仲介手数料0円にしたいものですよね。



そこで物件の中身が不動産業者自身の売り主である自社物件なら、仲介手数料が発生しないです。たかが手数料と思われますが、数千万円の物件なら数十万円手数料となります。



また、半額物件を探したい方ならリノベーション物件なら可能性はあります。築年数は経っている物件にリノベーションを施して購入することができます。価格面でのメリットに対して工事費用と時間にデメリットがあります。

自治体を利用して上手に節約

住宅ローンを組むと長い期間の返済や毎月のやりくりなどで家計は大変です。そんな中、自治体などの力を借りることで負担を軽減することもできます。



例えば自治体の利子補給制度があります。融資額の上限などの条件がありますが、10年間だけ年1%の利子補給をしてくれます。ローンの内容にもよりますが計算すると月1万円ぐらいの軽減が可能になります。



住宅ローンだけではなく家賃においても自治体の家賃補助という制度があります。自治体の場所にもよりますが、所定の条件を満たせば月額の1,2万円ほどの補助が6年間も受けられます。



このように自治体は生活の助け船を出してくれる有難い機関です。しかし、同じ自治会でも地域によっては補助の割合がバラバラです。各市町村で運営されている国民健康保険でも保険料の差額が安い場所と高い場所で約30万円以上もあります。



その他にも水道料金やガス代も資源のある、無いによったり、輸送コストの影響もあったりで料金がバラバラです。もし、引っ越しを検討しているなら豊かな自治体に引っ越して支出を抑えることも覚えておくと後で後悔しなくて済みます。

お金のアンテナが節約のコツ

ATMとのつきあい方

“光熱費も大事ですが、やはり「お金」に意識を向けるとしっかり節約できます。”

水道光熱費は細目な節約が後々になって効果が出てきますが、金融関係も意識を向けると大きな節約に辿りつきます。



何気なくコンビニなどのATMで引き出しているお金ですが、1回につき105円から手数料がかかります。



ATMは事前に引き出し無料の時間帯を調べておくことは鉄則です。年間での金額なら、大きくない手数料105円ですが、一生を考えたら恐ろしい金額になっていることもあります。



どうしても不定期に引き出し予定が頻繁にある方にはネットバンクがいいでしょう。店舗を持たないネットバンクなら維持費が浮いている分、24時間365日、手数料が0円と、お得です。振込時にかかる315円の手数料も無料になるためかなりお得です。

ポイント社会を利用する

最近は現金で払うよりポイント効果もあってクレジットカードで支払う人が増えています。カードを使うことで更にお得を得る仕組みは喜ばれますが、気をつけないといけないのがリボ払いです。支払いがカードで何でもできる分、少し金銭感覚がマヒするときもあります。



月に買い物をし過ぎて分割やリボ払いに手を出さないようにしましょう。返済を遅らせる分、元本の1割近く多く支払うことになります。節約している分が一気に飛んでいくので注意しましょう。

急な出費の時は焦らずに

葬式や結婚式など、どうしても急な出費があった場合は、銀行や消費者金融でとりあえず借りる頭がありますが、積立型の解約返戻金のある生命保険に加入していれば契約者貸付制度を使ってお金を調達することができます。



返戻金の9割近くの借入金と金利が5%とかなり優遇されています。まずは銀行より自分が加入している生命保険会社に相談してみましょう。

お得な節税方法

金融関係で最後のおすすめはふるさと納税を活用です。昨今、話題を集めている「ふるさと納税」は自分の好きな自治体に寄付することで、その自治体の特産品が送られてきます。



しかも住民税の5000円を超える部分と所得税の2000円を超える部分に控除が発生します。美味しものが安く買えて更に税金を控除してくれる制度ですので、利用することで上手に節税できます。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!