電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

「電気自動車」と「太陽光発電」は節約?上手な節電方法

最新の節電・節約のための投資

節電・節約を実現するための最新事情として話題なのは、何といっても「太陽光発電」と「電気自動車」ではないでしょうか。

電気自動車

“電気自動車に投資することで、家計の節約につながる!?”

電気で動く自動車の種類には大きく以下の2つがあり、どちらもメリット・デメリットがありますので、節電・節約を目指す上できちんと理解し選択することが大切です。



また、自動運転などの最新技術も含めて、自動車業界は世界的にも今後の発展が期待されている分野でもありますので、今後の技術の進歩も踏まえて考えていく必要があります。

・ハイブリッド車

電気とガソリンを併用して、走行状況により制御され使い分けされるのがこの「ハイブリッド車」です。国産車ではトヨタのプリウスをはじめ、ホンダ・日産・三菱など各社から燃費が良く、環境に優しい車が登場しています。



ただし、こちらは走行時のバッテリーによる電力を使ったものであり、ガソリンも使いながら走行するものであるため、電力を節電するというよりはガソリン代も含めた節約という効果が期待できます。

・EV車(電気自動車)

プラグコンセントを自動車につないで充電し、その蓄えた電力で走行するのがこの「EV車」です。専用の充電設備が前提として必要(電気工事)になりますが、家庭用電力を使用します。自宅の電気を使うことで電気量は増加しますが、ガソリン代がかからないため節約につながってきます。



また、「充電できるステーションの設置場所がガソリンに比べて少ない」「一回の充電で走行できる距離」などの課題もあるため、現時点では、自宅に充電設備を備え、近距離の通勤・通学等が多い人、などにはよいですが、長距離を走る機会が多いような人などは、今後の技術の発達に期待する必要があるのではないかと思われます。

普及が広まってきた「太陽光自家発電」

“”

ここ数年でとっても増えてきているの「自家発電」について、一部風力発電などもありますが一番普及しているのはやはり「太陽光発電」です。



最近建てられている住宅街の屋根の上にはソーラーパネルが並ぶ建築物件が非常に多く目立つようになり、また、土地が余っている空き地を利用して、地面一面にソーラーパネルを置いて発電する施設なども増えてきています。



自宅で太陽光発電を屋根に設置するケースでは、初期投資費用と発電効率などを含め、その後の設備の維持・修繕費用、日々の電気代・発電した電気の売買による利益を考えて計算することが大事です。



もちろん、家の屋根の大きさや角度、屋根の形態(南に傾斜があるのか、三角屋根なのか、平面なのか、など)も設置にかかる費用に影響しますし、日照時間や、晴れが多い地域なのかといったようなことも影響してきます。



自宅にソーラーパネルを設置すると、計算上の費用面だけでなく「毎月の電気代が浮くとともに、発電した余った電気は売却して利益になる」という、“心理的効果”が、家計を預かる主婦にとって非常に嬉しいですね。

メリットが多い太陽光発電ですが、デメリットがあるということも忘れてはいけません。

・「初期投資費用が高い」

“太陽光発電はまだ初期費用が高い?”

最近では、ソーラーパネルの発電効率の向上や、価格競争による値段の低下などが見られ始めており、以前に比べると非常に設置がしやすくなってきていると言えます。



しかし、それにおいても初期費用で100万円~200万円程度はかかるであろう設置費用は一般家庭ですぐに手が届くものでもありません。



当然、外壁工事などの通常の住宅修繕は必要であるため、そのうえで投資できるかどうかも含めて、節電・節約の検討をする必要があります。

・「電気の売値が安くなる?」

自宅で発電した電気を売って利益を上げることが太陽光発電のメリットでもありますが、この売電価格は年々下がってきています。



ソーラーパネルの性能向上による発電効率向上も期待したいところですが、売値が下がることで初期費用の回収時期に影響が出る可能性があり、節電・節約にとって大きな影響を与えます。

・「補助金制度が続々と完了していく」

太陽光発電の設置において、各自治体などから補助金がもらえる制度があると思います。制度ですから各地域によって、その実施内容や対応期限などが定められており、既に期限が終了している地域もあります。

・「太陽光設置の業者を選定しづらい!?」

多くの業者が太陽光設置に参画してきていますが、しつこい営業や設置工事の知識・経験不足による工事不良(屋根にパネルを設置する際の穴あけ不備による雨漏りなど)も問題となっています。



また、業者選定は慎重に行わないと、節電・節約をするつもりが余計な出費がかかる結果になってしまう場合があります。



いずれにせよ、こういった「デメリット=今後の課題」となっていることは間違いないと思われますので、様々な情報と関係者の発想・努力により改善されていくことを期待しています。

家庭内の節電・節約の方法

日常生活において節電・節約は意識されていますか?最近では、環境問題や地震による原発問題からの電力発電、世界的規模で話題が多いこともあり、かなり日々の日常生活において意識する機会が増えてきていると思われます。



節電・節約をするための方法にはどんなものがあるのか、日常の細かな習慣から、設備投資まで最新事情をいくつかご紹介したいと思います。

家電は未使用時コンセントを抜いておく(待機電力の削減)

“昔ながらの王道節電方法”

ひと昔前からしきりに言われ始めているのが、この待機電力です。



エアコンやテレビ・洗濯機などの電化製品は主電源を切っていても電力が消費されていきます。そのため、夜の就寝時などの本当に使用しない場合などは、コンセントプラグを抜いておくことでムダな電力消費を軽減し、節電・節約ができます。



延長コードで電化製品を使用する場合は、延長コードの先のコンセント口部分一つ一つにON/OFFスイッチがついているタイプのものを使用すると良いでしょう。

使用している部屋だけ部屋の照明をつける

家の中で使用していない部屋もついつい電気をつけっぱなしにしてしまいがちですよね。実際、家の中で人がいる部屋は限られているため、いない部屋の電気をつけっぱなしにせず、こまめにスイッチを切るように習慣づけることが節電・節約につながります。



ささいなことですが、実際に習慣にすれば何の不自由もありません。もちろん、部屋だけでなく廊下や階段なども全く同じです。



よく、「玄関の電気をつけっぱなしにしている」「階段の電気をつけっぱなしにしている」という方もいるかと思いますが、本当の意味を考えると、人が通る際にのみ必要であるため、こまめに消灯することが節電・節約につながってきます。



ただし、防犯という目的で電気をつけて明るくしておくという意味がある場合は例外となります。



おススメは、部屋の電気も廊下・階段・トイレなどの電気もすべてLEDにするとともに、スイッチオン・オフの習慣をつけてダブル効果を狙う方法です。



LED電球に買い替えるという初期投資は必要ですが、その後の長い生活においては効果が高いと考えられ、節電・節約につながります。

消費電力の少ない最新製品に買い替える

“10年以上昔の家電を現行の家電に変えれば間違いなく省エネとなる?”

特に大型の電化製品に多いのがこのパターン(節電・節約に非常に効果が高い)です。代表的なものとしては、冷蔵庫・エアコンなどのもの(消費が大きく使用時間が長いもの)があります。



特に1年間コンセントをつけっぱなしにしておく冷蔵庫は、家電量販店などの広告を見ると一番良くわかると思います。



十数年前の冷蔵庫を今使っている方もいるかと思いますが、年間電気代2~3万円程度かかっていたものが、8千円~1万円程度に抑えることができます。性能も向上しており、同じ使い方をしていた場合の消費電力は半分~3分の1以下になってきているそうです。

節電・節約の効果は見えにくい!?

“電気代は見えそうでみえない”

様々な節電・節約の方法がありますが、実際の効果がどうなっているのかというと、見えにくいのが現実です。



電気自動車や太陽光など設置前にはシミュレーションをして効果を計算しますが、実態として電気料金がどうなるのかが見えにくいものです。



太陽光発電については、発電量や売買など何キロワットと数値で見えるところは良いですが、過去(導入前数年間)と比較してどうなのか?設置費用は回収できたのか?見込みはどうなのか?など実際は見えにくい部分もあります。



それに加えて家庭状況の変化もあります。「子供の成長により家にいない時間が増えた」とか、「専業主婦が子育ての状況により働き始めて自宅にいる時間が少なくなった」など、単純に比較できない問題もありますし、その実績(電力量・金額など)をどう管理するかなどの問題もあります。



管理方法については、家庭内で家計簿等では限度がありますので、節電・節約をきちんと管理できるスマホアプリやWEBなど、電力会社や電化製品とのIoT含めた簡単に管理できるシステム・サービスの開発」を期待したいところです。

まとめ

21世紀に入り、二酸化炭素排出などの環境問題対策をはじめ、各エネルギーの進歩に注目が集まってきています。その中でも、今中核を担うエネルギーの1つとして注目されているのが「電気」です。



現在は、発電(原子力・火力・水力・風力・太陽光・その他)に対する注目度も高く、これからの日本だけでなく全世界が資源の有効活用と電力というエネルギーに注目していくことになるでしょう。



そして、電化製品や自動車、太陽光発電など、省エネにいっそう注目度がたかくなっており、一般家庭での電気に対する様々な取り組みや考え方が非常に重要になってきています。



みなさん一人一人の日常生活の中でできることも非常にたくさんあり、またその一人一人の積み重ねが大きな効果を生み出す結果にもなります。ムダ無く・効率良く、まずは家庭内の習慣づけから始めてみてはいかがでしょうか?

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!