電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

オール電化はプランの比較で更に安くなる!!

オール電化

オール電化の場合は電力プランを選ばないと損をします。
きちんとオール電化住宅に適した電力会社とプランを比較して選べばお得な電気料金になることは間違いありません!

何だかお得に感じる新電力プランはオール電化の場合は、電気料金の単価が安ければ良いというわけではないのです。

  • 毎日電気をたくさん使うオール電化の家庭は、どんな新電力に切り替えればお得なの?
  • オール電化住宅のプランをいくつか比較して、おすすめの新電力会社やプランを教えて!

という、オール電化の家庭やオール電化を今後考えているという方のためにオール電化プランで失敗しないために東日本を中心にエリア別に比較しました。
なぜなら北側の地域は冬の電気料金は暖房や給湯機で電気を使うため最も高くなりがちだからです。

そんなオール電化住宅に適したプランを比較してご紹介します!
さあ、見直しですよ!

オール電化の光熱費が最適なプラン選びとは

電力自由化後のオール電化住宅で最適なプランを選ぶには、もちろん夜間に電気料金が安くなるプランです。
新電力でプランの選択が大幅に増えた分、オール電化のご家庭に不向きな電力プランを安く感じて契約をしてしまうと、いざ使ってみたら以前よりも電気料金が値上がりしてしまうことも考えられます。

だからといってすぐに契約を破棄しようとしても2年契約など期間が決められており、違約金が発生する場合があります。
夜間に電気を多く使うオール電化は、夜間の電気料金を重点的に考えないといけません。

北海道電力のおすすめオール電力プラン

“男性”

まずは北海道エリアの場合です。
北海道電力エリアでは新電力参入会社でオール電化向けプランはありませんがオール電化におすすめのプランは次の2つあります。

1.北海道電力「ドリーム8エコ」
2.北海道電力「ドリーム8」

この2つのプランを比較しました!

ドリーム8エコは共働きなど帰りが遅い家庭におすすめ!

北海道電力のドリーム8エコプランは、夜間料金が安いため時間によって料金が変化しないプランと比較すると安くなります。
それは、電気温水器で夜間にお湯をためるオール電化住宅に適しているからです。

基本料金は6kVA以下で1契約 1,404円で昼間時間は冬期間の場合90kWhまでが25円07銭で90kWh以上は単価が上がる料金設定は比較的平均的といえます。
23時〜翌7時の夜間料金が安いドリームエコは共働きなどで日中誰もいなく、帰りの時間帯が遅いという場合に大変おすすめです。

ピーク時間帯に電気をあまり使わないように工夫できる家庭やオール電化住宅の場合も電気料金がお得になります。
一般家庭で比較すると北海道電力従量電灯Bプランとドリーム8エコを比較すると約6,099円割引になります。

ドリーム8は夜間時間が3つから選べる

こちらもおトクな夜間料金が適用されます。
基本料金は6kVA以下で 1契約 1,404円でドリーム8エコプランと同一料金です。
ドリーム8エコプランと比較して違うところは、夜間時間が3つの時間帯から選ぶことができることです。

23時〜7時、22時〜6時、24時〜8時で1kWh 14円13銭と安い料金設定です。
夜間料金が安いドリーム8は、オール電化住宅の一般家庭では北海道電力従量電灯Bプランからドリーム8と比較すると約5,850円の割引になります。
ただし、日中の料金が高いため、日中誰かが自宅にいる場合は不向きになる可能性もあります。

ドリーム8エコとドリーム8を比較

ドリーム8エコとドリーム8を比較すると従量電灯Bプランと比較して乗り換えた場合では525円ドリーム8が安いことがわかりました。
北海道エリアでオール電化住宅の場合は、ドリームエコプランがおすすめです!

東北エリアのおすすめオール電力プラン

“女性”

東北エリアのオール電化住宅でおすすめな電力会社は、従来からの継続の東北電力です。
東北電力のプランは、電力自由化のタイミングでオール電化におすすめのプランが7つ登場します。

東北電力でオール電化に適したプラン

よりそう+サマーセーブ
よりそう+ナイト&ホリデー
よりそう+ナイト12
よりそう+シーズン&タイム
よりそう+ナイト8
よりそう+ナイト10
よりそう+ナイトS

この中から選ぶとなると、たくさんあって難しいかもしれません。
オール電化住宅におすすめなプランをいくつか比較して見てみましょう。

よりそう+サマーセーブはピーク時、昼間、夜間で料金が変化

「よりそう+サマーセーブ」は、夏季の電力需要のピーク時とそれ以外の昼間と夜間別に料金単価が分かれています。

夜間料金が大変安いこのプランは、オール電化住宅に最適です。
夏季のピーク時間の時間帯になるべく電気を使用しないように工夫をすれば節約できるプランです。
基本料金は6kW以下で1,922円40銭、6kW~10kWで2,622円20銭です。

これを超える場合は1kW442円80銭と基本料金は少し高めです。
しかし、昼間は平均的な料金で夜間が10円92銭と大変安いのがこのプランの特徴です。
東北電力の従量電灯Bと比較すると一般家庭では年間で9,562円お得になります。

よりそう+ナイト&ホリデーは夜間と休日が安い

基本料金と電力量料金は平均的ですが、夜間と休日の料金が安いこのプランはオール電化住宅で夜間に電気を使うご家庭や休日自宅で過ごす場合に大変おすすめです。
このプランは、夜間と休日の電力料金が安いことです。

平日は家族が忙しく土日は、自宅で過ごすことが多いというご家庭にピッタリです。
単身世帯や共働きの場合など夜間の平日22時~8時と休日は1日中の電力料金がお得になります。

一般家庭で東北電力の従量電灯B と比較すると年間で約8,304円お得になります。

よりそう+ナイト12は夜の時間帯が12時間

この図を見てわかるように電力料金は最初の70kWhが25円95銭で70kWhを超える場合は35円40銭です。
170kWhを超える場合は40円92銭です。
よりそう+ナイト12は、夜間の1kWhが11円71銭と大変安い特徴があります。

最大のおすすめポイントは夜間の時間帯が12時間と長いことです。
夜間時間帯は21時~9時までのため、共働きで日中は自宅に誰もいないことが多く、夜に集中して電気を使う、またはオール電化住宅の家庭にピッタリです。
一般家庭で東北電力の従量電灯Bと比較すると7,393円安くなります。
夜型の家庭でオール電化住宅ならよりそう+ナイト12がピッタリです。

いかがでしたか?
エリアや電力会社でオール電化住宅におすすめの電気料金プランの種類や内容がわかりましたね。
もっと詳しい内容でプランの見直しをしたいのならタイナビスイッチでプランの見直しをしましょう。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!