電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

家庭・家計の節約術

電気代が安い暖房器具ベスト3!!

コンセント

電気代がかさむのは、冬場の暖房器具使用時であり、その期間に多くの人が電気代の最高値を経験します。

そんな冬場に電気代を安い値で抑えられる、「エコな暖房器具」にはどのようなものがあるのでしょうか?
本ページでは暖房器具の中で電気代が安いベスト3をそれぞれ解説していきたいと思います。

電気代が安い暖房器具ランキング第1位-こたつ-

“こたつ”

日本の暖房器具の中で、最も安い電気代で使用できるものとして「こたつ」があげられます。ランキング第1位はまさしくこのこたつで、学生から社会人・高齢者まで幅広く支持されている暖房器具でしょう。

こたつが多くの方から愛されている理由として、スイッチを入れてから熱を得られる速度が非常に早いことではないでしょうか。ここではこたつの持つ、性質上のメリットや電気代に関して述べていきます。

頭寒足熱によって保温満足度が非常に高い

こたつはなぜ「足を入れて暖める」といったシンプルな構造になっているのにも関わらず、充分な暖を取ることができるのでしょうか?

それは「頭寒足熱」をそのまま実行できる放熱メカニズムを持っているからです。

人間の体は末端に行くほど温度が伝わりにくく、それは血液循環上あまり良くないと言えます。そのため、ダイレクトに脚を暖めることは、熱が届きにくい体の部位に手っ取り早く熱を届ける方法であり、身体的な不快感を感じずに高い保温満足度を達成できる優れモノと言えるでしょう。

こたつの電気代に関する計算

さて、このこたつに関して最も気になる電気代ですが、一般的なこたつで昼間の電気代を計算すると一時間あたり4円〜5円と非常に低コストです。

更に夜間の場合、一時間あたりの電気代が2円〜3円と低コストになる電気料金プランもありますので、帰宅後に入るこたつは非常にお得であると言えます。万が一朝まで電源を入れっぱなしていたとしても、10時間で30円しかかからないんですね。

電気代が安い暖房器具ランキング第2位-オイルヒーター

“オイルヒーター”

次に電気代の安い暖房器具ランキング第2位ですが、安全性についても非常に評価の高いオイルヒーターです。一般的なオイルヒーターを利用した場合、最も低い熱効率での運転になると12円/時間ほどの電気代になります。

密封空間で熱を放出できるこたつと比べると熱効率は悪く電気代も桁違いに高くなりますが、オイルヒーターよりも若干安いカーボンヒーターは11円/時間の電気代になりますが安全性に難があるでしょう。
⇒オイルヒーターの電気代を計算して節約するコツ

オイルヒーターは狭い部屋での使用にとても向いている

それでも、オイルヒーターを使用しているのに、それ程お得感を得られていない方がいるのも事実で、その大きな理由として「使用する部屋の広さ」と「オイルヒーターのスペック」がマッチしていないことが原因となっているケースがあります。

そのため、ワンルームなどの比較的狭い空間でのオイルヒーター使用は最適で、少ない電気代で部屋を暖めることが可能です。逆に、広い部屋に出力の低いタイプを使用すれば電気代がむしろ高くなるので注意が必要です。

電気代が安い暖房器具ランキング第3位-電気毛布-

“電気毛布”

続いて、電気代の安い暖房器具第3位は電気ブランケットです。電気ブランケットはいわゆる今流行りのオシャレな「電気ひざ掛け」になり、冷え性や暖房の苦手な方を中心に人気を集めています。

電気代も2円/時間もかからない安さで脚を直接暖めて、しかも気軽に使用出来る事が大きなメリットです。

フローリングの多い現代住宅にはピッタリのエコ暖房器具

現在の住宅事情を見てみると洋間やフローリングが増えたこと、そして広めの居間が少なくなったこともあってこたつを使用する機会は大きく減っています。

電気ブランケットはフローリング上でも椅子に座りながら使用できるので、今も普及を続けるまさにエコ暖房器具となっています。椅子に座れるこたつはまだ多くないので、電気ブランケットの人気はこれからも続くでしょう。

敷き用タイプと組み合わせるとさらに保温も効果的!

しかし、フローリング上はひんやりと寒く、電動ブランケットだけでは十分に暖が取れない場合もあります。そういった場合には、敷き用の電動ブランケットを組み合わせると暖かさもぐっとアップします。

電気代も3円/時間を超えることはありませんので、こたつと変わらない熱効率を実現できるでしょう。

冬場2月が電気代が一番かかる!

冬の街

2013年総務省の関東(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・長野県)の電気代平均額年間推移統計によれば、一年のうち電気代が最も高くなるのが2月で13,977円、最も安い時期が6月で7,819円となっています。

春季、秋季はともに一万円前後を推移することが多い様です。
この点からかる通り、冬季と夏季の電気代には大きな開きがあり、冬季における暖房器具の利用が一年の電気代節約において重要なキーポイントになっていることがわかります。
⇒灯油と電気、暖房はどちらが安い?

ちなみに関東地方で一番多く用いられている暖房器具は「エアコン」です。
世帯の特徴別に単身世帯とファミリー世帯向けの暖房利用の節約術をまとめた後、キーポイントとなる省エネエアコンについていくつか解説していきます。
電気代は一年で15万円から20万円ほどの大きな出費となっており、その他の水道やガスなどのインフラ料金と比べても高額です。

電力全面自由化に伴って価格競争が過熱し、新電力事業会社がこぞって節約プランを打ちだしていますが、これを機に家計を圧迫する電気料金について見直してみるのもよいかもしれません。

暖房器具の節約術【一人暮らし】

“一人暮らし”

家族形態やライフスタイルの多様化によって、特に都市部では老若男女問わず単身世帯が急増していると言われています。
それに伴って電気代節約や利用スタイルを加味した多様な暖房利用がされています。
それでは一人暮らしに最適な暖房器具はどのようなものでしょうか。

一人暮らし(1Rから1LDK)の場合、近年はマンションやアパートに備え付けのエアコンが付いていることも多く、エアコンを利用する方が多いと言えます。
また独特のレトロ感と安さを重視してコタツを愛用している方、電気毛布を利用している方も多いとされています。

エアコンの消費電力は約130kWh-1300kWhで、電気代は一時間あたり3-30円ほどになります。
コタツは80kWh-200kWhで一時間あたり2-5円程度の電気代となります。
エアコンは部屋全体を暖めるまでに時間がかかりますが、比較的弱い電力で短時間で温まりを体感できるコタツは電気代も安いためお得な選択肢と言えるかもしれません。
また、電気毛布はさらに消費電力が少なく5kWh-50kWhで、一時間あたり0.1-1円程度です。

これらは自宅に帰るのは寝る時だけというハードワーカーにとって、最適な暖房器具の一つとして挙げられます。
備え付けのエアコンをそのまま利用せずコタツや電気毛布を利用する賢いエコロジーライフを実現しましょう。
⇒ひとり暮らしの電気料金を抑える3つの方法とは?

暖房器具の節約術【ご家族向け】

“家族”

家族世帯においてよく利用されている暖房器具は一人暮らしと同じくエアコン、そして居住空間の広さから電気カーペットや床暖房が多く利用されています。
また、人によってはハロゲンヒーターやカーボンヒーター、そしてオイルヒーターなども併用されていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

エアコンは上述の通り、消費電力は約130kWh-1300kWhで、電気代は一時間あたり3-30円ほどになります。
電気カーペットは消費電力が300kWh-400kWhで一時間あたり7-11円程度の電気代となります。
床暖房には電気式とガス式があり、ガス式の方が安い料金設定となっています。

ハロゲンヒーターとカーボンヒーターは消費電力がともに1000kWhで、電気代は一時間あたり26円程度で、特に小さなお子様がいらっしゃる場合にはやけどの危険性が高く、電気代も高めですので、注意が必要かもしれません。
一方、オイルヒーターはやけどの心配が比較的少なく、また消費電力も500kWhから1200kWhで電気代も一時間あたり13-30円と低温利用の場合にはお得になっています。

以上まとめますと、ご家族世帯においては全面暖房(エアコン、カーペット、床暖房)と局所暖房(オイルヒーターなど)を組み合わせることで賢いエコロジーライフが可能になると考えられます。
⇒3人家族の平均的な電気代や光熱費は?

このページでは電気代が高額になりがちな冬季において暖房器具の使い分けによる節約術を中心にご紹介いたしました。
冬場の電気代が高いという事は、節約効果も高いという事ですので頑張りがいもありますね。電力自由化もスタートしましたので、この機会に電気料金プラン自体を安いものに変更してみませんか?まずは無料の簡易シュミレーションでどれだけ安くなるかを見てからにしましょう!

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
プロパンガス会社を変更してガス代を約30%節約しよう!
ガス自由化スタート
セット割・特徴からプランを探す
電力業界(電気工事士・電気主任技術者)の転職求人ネットワーク
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?