電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

10W(ワット)の家電製品と電気代比較!!

10W(ワット)の家電製品と電気代比較

今回は、10W(ワット)に焦点を絞って解説します。

  • 10ワットの電気代とは、どれくらいなのでしょうか?
  • 10ワットの電力消費で、どんな家電製品の使用が出来るのでしょうか?

10ワットの電気代やポイントについて、まとめてみました。

10ワットあたりの電気代を安くしたい!

“10ワットの電化製品を節電”

10ワットの電気代はお安いですが、個数を使ったり長い時間使う事で電気代は大きくなってしまいます。
たかが10ワットと思ってあれもこれもと使っていると、ご家庭全体の電気料金が物凄く高く跳ね上がってしまう事があります。

様々な企業から電気料金のプランを行っており、お得になる方法がたくさんあります。
電気料金単品の企業をはじめ、電気と商品を使う事でWでお得になる企業など様々あります。

プランを改めて見直すことで、今までの大手電力会社への支払いよりは安くなる可能性が高いです。
手続きも面倒がありませんし、長い目で見てもかなりお得となりますので、今のままでしたら大きな損となってしまいます。
中には太陽光などの自然から得た電気の提供を行っている新電力企業もあり、原発などのエネルギー消費の歯止めとする事も可能となります。
⇒家庭の太陽光発電は電力自由化によってどう影響を受けるのか?

10ワットの電気代は1時間使うといくら?

“10ワットの電化製品を1時間使った時の電気代”

10ワットの電化製品を1時間使うと、電気代はいくらになるのか計算してみました。
1時間にかかる電力の単位はkWhですので、ワット数×キロ×単価という計算式となります。
電力料金目安単価を25kWhと仮定して計算すると、これらの通りとなります。

10ワット×1/1000k×25円=0.25円

10ワットの家電製品を1時間使った時の電気代は、0.25円となります。
なんと、1円に満たないほどの電気代しかかっていません。
5時間程度照明を使う事を想定し、10ワットの蛍光灯を1日5時間30日使用した場合の電気代を計算してみました。

0.27円×5時間×30日=37.5円

10ワットの蛍光灯の1か月あたりの電気代は、想像以上に安い事がわかります。
しかし、これらはあくまで10ワットの家電製品1つに対しての数字です。
電気代が安いと思ってたくさん使い過ぎてしまうと、電気代が高くなってしまいますので注意しなければいけません。

10ワットの家電製品でも使い方に注意!

10ワットの家電製品だから安くて快適と思われるかもしれませんが、家電製品は使い方や古さにより10ワット以上の電力消費をしている事があります。
これらの使い方には、要注意です。

スマートフォンなどの携帯電話の充電

スマホの充電は安いと思ってずっと行って100%の状態で充電し続けると、余計な電力がかかってしまうどころか、スマホの充電機能も劣ってしまいます。
この様な使い方をしていると、10ワット以上の電力を消費するようになってしまう事もありますので、使い方には注意が必要です。
⇒スマホやタブレットの電気代は月いくらかかってるの?

古い家電

古い家電は余計に電力消費をしてしまいますので、10ワットと記載があってもそれ以上の電力消費となってしまっている事があります。
あくまで正常な状態での10ワットですので、このような使い方をされている場合は無駄な電力消費が考えられます。

白熱灯をLEDに変えるとワット数が低くなる

“白熱灯をLEDに変える”

LED電球は、消費電力が少なく電気代がお安くなるというのは周知の事ですが、10ワット以上の白熱灯でも、LEDに変える事で10ワットを下回る事が出来ます。

  • 40ワットの白熱灯→LEDに変えると7ワット程度に
  • 60ワットの白熱灯→LEDに変えると8ワット程度に

白熱灯は、同じ明るさでも無駄な電力を消費している事がわかります。
LEDは寿命もとても長いので、白熱灯ではなくLEDに変えた方が色んな意味で良いという事となります。

それらの電気代金を少しでも減らすためには、電力自由化で電力会社のプランを見直してみる事も検討してみましょう。

新電力への変更は、ご自宅の電気料金も環境へも良くする事が可能となりますので、1度は検討する事をオススメします。
⇒タイナビスイッチで簡単シミュレーションはこちら

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!