電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

デスクトップパソコンとノートパソコンの電気代は1日10円以下?

パソコンの電気代

「パソコンの電気代っていくらなんだろう?」…ふと疑問に思ったことありませんか?
また、デスクトップとノートパソコンでも電気代は違うのか知りたい方も多いと思います。

今回は、パソコンの電気代とその節約方法について解説していきたいと思います。
⇒家電製品の電気代を自分で計算してみよう!!簡単な計算方法紹介!

パソコンの電気代の計算方法

ここでは、パソコンの電気代の計算方法を紹介していきます。

電気料金の出し方は、消費電力[W] x 1日の稼働時間[h] x 月間使用日数[日] x 電力量料金[円/kWh]となります。

PCの消費電力や使用環境、電気料金プランによって実際の電気料金は変わってきます。

電気代を計算する場合、電力量を算出し、次に電力量はkWh(キロワットアワー)で計算しますので、Wh(ワットアワー)をkWhに換算しなければいけません。

消費電力W×時間h=電力量、Wh÷1000=kWhとなります。
⇒一日当たりの電気使用量平均は18.5kWh

デスクトップパソコンの電気代

標準時モードで毎日10時間利用した場合の電気代を、1kWh=27円で計算(主要電力会社10社平均単価)してみました。

2016年製 2008年製
1日 36W÷1000☓10h☓27=約10円 39W÷1000☓10h☓27=約10.5円
1カ月 10☓30日=約300円 10☓30日=約315円
1年 300☓12=約3600円 315☓12=約3780円

ディスクトップの場合は、搭載するパーツによりかなり消費電力が変わってきますので、電気代を抑えたい方はモニターやCPU、グラフィックカードの消費にも注意を払うことをオススメします。
⇒あなたは平均的な電気代よりいくら多く支払っていますか?

ノートパソコンの電気代

標準時モードで毎日10時間利用した場合の電気代を、1kWh=27円で計算(主要電力会社10社平均単価)してみました。

2016年製 2008年製
1日 12W÷1000☓10h☓27=約3円 12.5W÷1000☓10h☓27=約3.4円
1カ月 3☓30日=約90円 3.4☓30日=約102円
1年 90☓12=約1080円 102☓12=約1224円

ノートパソコンのほうが電気代は安い?!

パソコン

前項のデータからノートパソコンのほうがデスクトップパソコンより電気代がかからないことが分かりました。
ですが年間での電気代が約2000円程度なので、さほど差はないと言えます。

そして、パソコンも最新のものほど消費電力がかからない仕様になっています。
仕事で使用したりする場合には、拡張性や性能面でディスクトップを使いたい方もいるでしょう。

その場合は下述するような工夫をされると、さらに効果的に節電ができます。
⇒あなたは平均的な電気代よりいくら多く支払っていますか?

パソコンの電気代を多く使う場合の節電方法

パソコン

パソコンの電気代は、それほど高くありませんでした。
しかし、使い方によっては電気代がもう少し高くなることもあるんです。
では、具体的にパソコンをどんな風に使うと電気代が高くなるのでしょう。

イヤホンじゃなくスピーカーで音楽を聞く!

パソコン使うとき、スピーカーではなくイヤホンを使用している方も意外と多いかと思います。
実はこの使い方のほうが、消費電力を少なくすることが出来るんです。
イヤホンのほうが電力消費が少ないのは、単純に音量が小さくて済むからです。

音が大きい方が電力を消費するのは当たり前のことかもしれませんが、なかなかそこまで意識が回らないものです。
音量が小さいほうが電力消費が小さいということは、ミュートで音を出ないようにすればもっと安くなりますね。
音を必要としない時は、ミュートにしておくと節電につがります。

パソコン起動を何度も行う!

パソコンに向かう男性

エアコンは、起動時に一番電気を消費するのは知っていますか?
実はこれ、エアコンだけでなくパソコンでも同じことが言えるんです。
パソコンの起動時には、通常の約3倍の消費電力がかかります。
そのことからパソコンを3時間以内で使用する場合は、つけたままにしておくことで無駄な消費電力を使わずに済むことが分かります。

使用後に電源コードを抜く!!

電源コードをこまめに抜いている方も多いかと思います。
コンセントに繋いでいるだけで待機電力を消費しますから、こまめにコンセントを抜きたくなる気持ちも分かります。

ですが、コンセントを挿しっぱなしにしても月に10円程度にしかなりませんので、さほど気にする必要はないかと思います。
また、デスクトップパソコンの場合、こまめにコンセント抜いていると劣化しやすくなり消費電力が大きくなると言われています。

パソコンの節電は電気プランを見直すことでさらに安くできます!

今回は、パソコンの電気代と節電方法を見てきました。
計算してみるとノートパソコンとディスクトップパソコンともに電気代は、それほどかかりません。
ですので節電方法を試すよりも、今のご自宅の電気料金プランを見直すほうが節電につながるかもかもしれません。
タイナビスイッチでは、無料で1分程度でご自宅に合ったプランを診断できます。
安いプランに切り替えれば、年間で6万円以上の節電につながるケースもあります。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!