電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

スマホやタブレットの電気代の充電は1回1円以下?!

スマホとタブレット

スマホは、毎日充電しているという人が殆どかと思います。
ですから当然、その分毎日電気代がかかりますから、ひと月にどれ位の電気代になるのか気になる方も多いのではないでしょうか?

  • スマホやタブレットは一ヶ月の電気代はいくらかかっているのでしょう?
  • また1年間毎日充電した場合電気代がいくらかかるのでしょう?

そこで今回は、スマホとタブレットの充電時にかかる電気代を計算方法も含めて紹介しています。
少しでも電気代を節約したい方は、是非とも参考にしてみてください。
⇒スマホやパソコンの充電がコンビニでできるようになる!?東電EPなどが認証実験

スマホの充電で使う電気代は月にいくら?

スマホ

具体例や計算方法よりも結論だけが気になる人も多いかと思いますので、先にどれぐらいの電気代がかかるのか話しますね。
スマートフォンの充電の電気代は、1回につき「約0.1円~0.6円程度」です。
機種によって若干差はありますが、1回の充電でかかる電気代は1円にも満たないんです。
「え、安っ!」なんて声が聞こえてきそうですね。
仮に毎日1回充電しても月にかかる電気代は20円未満なんですから、驚きの安さです。
⇒スマホで節電!役立つおすすめ節電アプリ『5選』

スマホの電気代を実際に算出してみよう

では、具体的にどのようにして電気代を出すのか解説していきます。
今回は、持っている方が多いと言われるiPhone6を例に計算をしたいと思います。
iPhone6の内蔵バッテリーは、3.82V/1810Ahとなっています。

このiPhone6をフル充電するために、必要な電力量を出さなければいけません。
バッテリーのエネルギー容量は、3.82V×1.81Ah=6.91Whとなります。
iPhone6の場合、6.91Whの電力量がフル充電できる計算となります。
なお、今回は電力料金は、1kWhあたり25.91円(東京電力の第二段階料金)として算出します。
これは、一般家庭の平均的な価格とされているようですので一番参考になるかなと思います。
そして、iPhone6のエネルギー容量に1Whあたりの電気代をかけることで、1回充電あたりの電気代を出すことが出来ます。
計算式は、以下のとおりです。

6.91Wh÷1000×25.91= 0.179円

iPhone6の場合、1回の充電で約0.179円の電気代がかかるということになります。
繰り返しになりますが、かなり安いですね。
1日1回充電したとして1ヶ月で約5円、1年で約64円、100円にも満たないなんて凄いですね。

他のスマホの充電時の電気代の計算方法も同じです。

先に説明したように、スマホの充電台は約0.1円から多くても0.6円です。
スマートフォンは、若い世代だけでなく高齢の方でも持っている方が多くなりました。
仮に5人家族でみんなスマホを持っていて、それぞれ毎日1回充電しても年間の電気代は約360円~1080円で済みます。
⇒電気代節約におすすめの「アプリ」ベスト3!

タブレットの充電の電気代は月にいくら?

タブレット

では次に、タブレット端末の充電時の電気代を見てみましょう。
スマホよりも画面が大きい分、電気代もかかりそうなイメージですが、実際はどうでしょうか?

スマホではiPhoneを例に出しましたので、Apple関係ということでここでは、iPad Air2を例に電気代を出していきたいと思います。
iPadAir2の内蔵バッテリーは3.76/7340mAh、エネルギー容量は27.59Whです。
計算方法はスマホの時と同じですから、下記の通りです。

27.59÷1000×25.91=0.714円

iPadAir2の1回あたりのフル充電にかかる電気代は約0.7円と、またしても1円にも満たない驚きの安さです。
1日1回充電したとして、1ヶ月で約21円、1年で252円です。

やはりスマホよりは電気代は高いですが、それでも年間1000円も電気代はかかっていない計算になります。
ちなみにiPadの小さいサイズの「iPad mini3」はと言うと、内蔵バッテリーは3.75/6471mAh、エネルギー容量は24.27Whです。
iPadAir2とさほど電気料金は、変わりません。

その他のタブレット端末の充電時の電気料金は0.4円~0.8円前後と、いずれにしても1円にも満たない安さを実現しています。
タブレットはスマホよりも画面サイズが大きく、その分消費電力とバッテリー容量が上がりますから1回あたりの充電にかかる電気代も高めです。

しかし、それでも電気料金は微々たるものですから、あまり躍起になって節約しようとは思いませんし、効果は感じにくいというのが本音ですね。

スマホとタブレットの充電料金のようにご自宅の電気料金プランを安くしませんか?!

毎月の電気料金が安ければ、それだけ家計が助かりますね。
スマホやタブレットの充電には、あまり電気代はかかりませんが、電気料金プラン自体が安ければもっと安くなります。
タイナビスイッチでは、ご自宅に合った電力料金プランを無料で迅速に診断してくれます。
あなたも診断してみませんか?

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!