電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

古いエアコンの買い替えのタイミングの見極め方

エアコン

古いエアコンは、買い替えどきを迷いませんか?
「まだ使えそうだし買い替えるのはもうちょっと先にしよう」…なんて考えている方も多いでしょう。
確かに使えるものは使ったほうが、物を大切にするという意味では悪いことではありません。

しかし、いつまでも古いエアコンを使っているのはあまりお勧めできません。
ましてや、「高齢者のいるご家庭」であればなおさらです。
最近は、高齢者でも夫婦のみや一人で暮らしている方が多いです。
そのようなご家庭のエアコンは、決まって古い旧型のエアコンを使用していることがほとんどです。

旧型のエアコンは、電気代が高くかかるだけでなく故障もしやすいですから、その分の維持費も高くついてしまいます。
また場合によっては命の危険性も考えられますから、できれば旧型から新型のエアコンへと買い替えるべきなのです。

今回は、エアコンの買い替えをするために知っておきたい3つのポイントを解説していきたいと思います。

エアコンが故障したら買い替えのタイミング!

“エアコン故障”

古いエアコンは、電気代や機能だけが問題ではありません。
温暖化が進み、夏の暑さは昔とは比べ物にならないほど暑くなりました。
過去最高気温を記録なんて言葉は毎年のように耳にしますよね?
それぐらい今の日本の夏の暑さは異常といえます。
そんな猛暑日に突然エアコンが故障してしまったら、なんて考えただけでゾッとしますよね・・・。

「夏にエアコンが使えない」なんてなると命に関わります。
「いくらなんでも大げさじゃない?」なんて思っている方も多いです。
ですが、夏の暑さを舐めてはいけません。

エアコンがないと室内で熱中症になる危険も!

夏に引き起こしやすいのが熱中症です。
エアコンがあれば、熱中症の原因となる大量の寝汗や湿度上昇を抑えることが出来ます。
しかし、旧型のエアコンでは熱中症の原因となるものを取り除くことが出来ません。
なによりも故障しやすいですから、寝ている間に動かなくなってしまったなんて最悪の事態も考えられます。

昔のエアコンをそのまま使っている場合は、故障による熱中症の心配などの面から買い替えを検討したいところですね。

壊れたエアコンを修理するよりも新しく買うほうが安い!?

しかも、エアコンの修理代ってバカになりません。
下手すれば新しく買ってしまったほうが費用を安く済ませられる可能性のほうが高いくらいです。
10年以上のエアコンは、新型のエアコンに比べ故障の発生率が2倍以上と言われています。
新しくすれば頻繁に修理代がかかる心配がなく、手間とお金の問題を解消できます。
⇒エアコンは最適なサイズを選ぶと電気代が節約できる!

エアコンを買い替えて体に優しい生活を

“旧型エアコン”

新型のエアコンには、どれも様々な機能が備わっています。
電気代を節約出来るだけでなく健康にも配慮した機能が多いのも嬉しいところです。
お財布にも人の体にも優しいエアコン、具体的にどんな機能があるのか紹介していきますね。
「え?!最新型のエアコンにはこんな機能もあるの?」なんて驚かれる方もいると思います。

新型エアコンは加湿機能がある!

まず、加湿機能が備わっているエアコンです。
これはもはや定番と言えるかもしれませんが、古い旧型のエアコンにはまずない機能です。
エアコンを付けたいけど、空気の乾燥がどうしても気になります。
いちいち加湿器を付けるのも面倒ですから、出来ることなら1台で済ませたいところ。

そんな要望に応えてくれる加湿機能のエアコン。
これなら、喉を傷めやすい方でも安心ですよね。

部屋も潤してくれますから一石二鳥な機能です。
しかも、加湿しすぎず適度な温度を保つ事が出来るので快適に過ごす事が出来ます。

新型のエアコンは効きが早い!

従来のエアコンって、冷えるまでに時間がかかるのが嫌ですよね。
真夏日なんかは、「外から帰ってきてクーラー直ぐにでも涼みたいのに、中々冷えない・・・」…こんな苦い経験をされた方って多いんじゃないですか?
でも、最近のエアコンのクーラー機能は、スイッチを入れてから冷えるまでがとにかく速いんです。

素早い冷却機能で、蒸し暑い季節でも快適に過ごすことが出来ます。
しかも驚くことに、「冷却後の冷えを感じにくくする機能」もあるんです。
従来のクーラーですと時間が経つと逆に冷えすぎて寒く感じるんですよね。
でも、最近のエアコンには素早く冷却しつつも、その後はセンサーが活動量を検知して体感温度に応じた快適に過ごせる温度の風を優しく放出してくれるんです。

新型のエアコンは掃除の手間もかからない!

エアコンは、どうしてもホコリや汚れが溜まりやすいもの。
でも、掃除するのって非常に面倒なんですよね。
しかも、高い位置に取り付けるから、お年寄りの方にはエアコンのマメな掃除はこたえます。

新型のエアコンには、機内に貯まる油汚れや粉塵を取り込まない機能を備えたものがあります。
エアコンを掃除するのが面倒な方はもちろんですが、年配の方にとっても嬉しいですよね。

タイマー機能で夏の寝苦しさから開放!

夏の寝苦しさは、本当に嫌なもの。
そのせいで睡眠不足になってしまったなんて、経験をされる方が毎年非常に多いです。
寝不足は、健康を害する恐れがるものですから、毎日しっかりと睡眠をとることが必要です。

そんな真夏の寝苦しさから、開放してくれる機能を備えたエアコンもあります。
タイマー機能なんですが、夏の寝苦しさを解消する設定が出来ますので快適な睡眠が守られます。

プラズマ空清機能で室内の空気もキレイ!

プラズマ空清機能を備えたエアコンもあります。
これは運転しながら、お部屋の空気を綺麗にしてくれるという非常に便利な機能。
部屋には、花粉、ウイルス、カビ、細菌、ホコリ、PM2.5等など健康を害するものが舞っています。
それらをしっかりと集塵してくれます。

新型エアコンは人の体温や間取りを読み取る!

さて、ここまでは人の身体にとって嬉しい機能を紹介してきました。
では次に、お財布に優しい機能をいくつか紹介していきますね。
エアコンは便利ですが、とにかく電気代がかかる家電の1つですから少しでも節約できる機能が備わっていると嬉しいですよね。

節電方法についてはこちらも参考になりますのでぜひご覧ください。
⇒【噂の検証】エアコンは24時間つけっぱなしにした方が電気代を節約できる?

最近のエアコンには、上下で空気を吸い込むタイプが多いです。
これにより熱交換効率が格段にアップされ、広い間取りの部屋でも温度調整を素早く行えるようになりました。
効率的かつ素早く冷暖するので無駄に電力を消費しなくて済みます。

また、人がいる所を自動で感知して気流を届けるなんて機能のエアコンもあります。
人がいないところまで冷暖するのって正直もったいないですよね?
誰もいない場所は冷暖しなければ、そのぶん電気代を抑えられると思いませんか?

そんな嬉しい機能が備わったエアコンがあるんですよ。
無駄なスペースに風を送る事を無くし節電に一役買ってくれるんです。

しかも、日射センサーなんて機能もあり、日射が弱い時には冷房を弱めて節電してくれるんです。
日射に応じて自動で温度調整をしてくれるので、無駄な電力消費を抑える事が可能です。
更に驚くことに、人の手足の温度を読み取るセンサー機能があるエアコンもあります。

この機能によって部屋の温度を調節するのではなく、人の体温を調節するように温度調節してくれるんです。
ようするに人の手足にピンポイントで風を送るので無駄なく快適性をアップすることが出来るんです。

この他にも待機時の消費電力がゼロだったり、節電運転時に冷房と暖房ともに扇風機並みの省電力で稼働するエアコンなどもあります。
こんなにも人にもお財布にも優しい機能が備わっているんですから、買い替えない手はないと思いませんか?

エアコの買い替えで電気代もはるかに節約できる!

“新型エアコン”

エアコンって物凄く電気代がかかるイメージが有りますよね。
実際にエアコンの電気代って高いです。
でも、最近のエアコンは旧型に比べかなり節約できるようになっています。
毎日のように使うものだからこそ電気代を節約したいもの、実際に昔と今のエアコンはどれぐらい電気代が違うのか例を出して比較してみましょう。
⇒エアコンの電気代を計算して考えること

10~15年前と現在のエアコンでは、電気代はここまで違う!

今回は、15年前と10年前と新型のエアコンの電気代で見比べてみましょう。
「15年前のエアコン」の消費電力は約1080Wで1時間あたりの電気代は約27円となります
「10年前のエアコン」の消費電力は755W、1時間あたりの電気代は約19円

これらに対し「最新のエアコン」の消費電力は605W、1時間あたりの電気代はなんと15円です。
15年前のエアコンと最新ののエアコンを比べると、1時間あたりの電気代に12円もの差があります。
1日8時間、1ヶ月月間使用した場合、「約2,880円」もの差が出ます。

これを年間で計算すると、その差は物凄いことになります。
もちろん、エアコンを殆ど使わない時期もありますが、それでも電気代の差はかなりのものです。
10年以上前のエアコンを使っている場合は、買い替えることで電気代を大きく節約できる可能性があると言えそうです。
⇒エアコンの寿命は何年?こんな買い替えサインを見逃さないで!

エアコンを買い替えてリスクを解消!

以上のことからも、家庭で旧型のエアコンを使っている場合は新しいのに買い替えることをお勧めします。
電気代もそうですが、一番は「安全面」からです。
命の危険を晒してまで、旧型のエアコンで我慢する必要なんてありませんからね。

確かに新しエアコンを買うには、それなりのお金が必要ですが長い目で見れば旧型よりも断然お得です。
新しいエアコンを選ぶ際は、設置する部屋に適した容量を持ったエアコンであること、省エネタイプであるかどうか、エアコンの大きさは問題ないかをよく確認してから買い換えてください。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!