電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

家庭・家計の節約術

過去25年間の光熱費の推移は?そこから学べる節約術とは?

光熱費の推移

光熱費の多くを占める費用を見直し節約

ここ25年ほどの光熱費の推移を確認すると、2割程度の増加傾向となっております。
その中で、うなぎ上りになっているのが電気代です
他の光熱費は横ばいなのに対し、電気代は25年前と比べると6割程多くなっております。
便利な家電が多くなった事が電気代高騰の主な原因です。
しかし、それをカバー出来る電気製品の活用方法により電気代の節約に繋げる事が出来ます。
今ご家庭にある電気製品に細かく目を向け、無駄な電力を極力削減しましょう。
一割二割光熱費が安くなるのも夢ではありません。

照明器具の蛍光灯や電球をLEDに変える

一般的な蛍光灯や電球に比べると、LEDの電力消費は物凄く低いです。
建物全体の照明器具の蛍光灯や電球をLEDに取り替えると、かなりの電力消費節約になります。
まだまだLEDの電球や蛍光灯は高価ですが、高価な分の元を取れるほどの節電に繋げる事が出来ます。
ご自分で取り換えが不可能な場合は、業者に依頼して取り替えてもらいましょう。

古い家電を取り換える

古い家電は消費電力が大きく、物によっては年間10,000円以上も差が出る事があります。
冷蔵庫やエアコン、テレビ、照明器具等は消費電力が高い家電製品であり、電気量の約70%を占めます。
電力消費が高いこの4つの家電製品は、物によって省エネ効果に大きな差が出ます。
冷蔵庫は10年前の物と比べると1/3程度の電力消費量になり、年間10,000円程の差が出ます。
電気代が高いお宅は、この4つの家電が古い場合が多いかもしれません。

太陽光発電で発電と売電

南向きの大きい屋根があるお宅は、太陽光発電で発電と売電を行う事で光熱費削減に繋げる事が出来ます。
自宅で使う分の電気の発電を行い、余った電力は電力会社に売電してもらう事が出来ます。
パネルの大きさや太陽光モジュールにより発電量が異なりますが、多くは10〜12年の間で初期費用を±0にし、利益を得ていけるパターンが殆どです。
また、停電が起きた際に発電した電気の蓄電分により電気を使う事が出来る大きなメリットがあります。
国や自治体で補助金制度を行っていますので、初期費用を抑える事も可能です。

電気料金を安くする簡単な方法は「電気料金プランの変更」です。

家電製品を買い替えて、節約する方法も良いですが、せっかくの電力自由化です! 電気料金プラン自体を他社と比較して安いプランを探してみませんか? タイナビスイッチでは高精度な電気料金シュミレーションで公平公正な結果をお知らせ出来ます。無料ですので是非一度お試し下さい!

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
プロパンガス会社を変更してガス代を約30%節約しよう!
ガス自由化スタート
セット割・特徴からプランを探す
電力業界(電気工事士・電気主任技術者)の転職求人ネットワーク
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?