電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

札幌で生活する際に目安にすべき光熱費の料金とは?

札幌の光熱費

札幌は夏場の光熱費がグンとお安い

札幌の夏場の光熱費は、本州方面と比べるとエアコンを使わないので電気代を安く収める事が出来ます。
仮に夫婦2人の家庭と仮定すると、電気代は暑い日に扇風機を使う程度で月5,000円程度。
また、札幌は給湯やコンロはガスの家庭が大半です。
夏は暑いのでそれほどガスを使わないので、月10,000円程に収まります。

冬場は暖房光熱費がかさむ

ご存知の通り札幌の冬場は寒いので、暖房費が非常にかさみます。
給湯と暖房、ガスコンロの使用により、ガスだけでも1か月20,000〜30,000円かかってしまいます。
更に、ガスは想像以上に火力が弱いので、寒い日はガス暖房だけで充分暖める事が困難になる場合があります。
その為、追加で灯油のポータブルストーブを使う事が多くなり、その分の灯油代も加算されてしまいます。
お部屋の大きさにもよりますが、灯油代だけでも5,000円程別途かかってしまう事があります。

札幌の冬を考えたらオール電化が光熱費節約に1番効果的

札幌のように寒い地域では、暖房をどの種類にするかで大きく光熱費が変わります。
ガスや灯油で暖房を賄うと、高額な光熱費がかかってしまいます。
その為、多くのご家庭で取り入れているのがオール電化です。
ドリーム8やホットタイムロング22などを使うと、24時間暖房入れっぱなしでも夏場6,000円程度、冬場12,000円程度の光熱費で済みます。
オール電化は他に光熱費がかかりませんので、電気代のみの光熱費で賄う事が出来ますのでお得です。

賃貸の場合は古い建物に住まない

札幌のような寒い場所では、建物の古さ等の物件状態により光熱費のかかり方が大きく変わります。
賃貸でお部屋を借りる際は、古い物件は避けましょう。
1番オススメなのが、鉄筋コンクリートのマンションです。
鉄筋コンクリートは保温効果があり断熱が優れているので、暖房費の光熱費の削減に繋がります。
同じ間取りでも、古い木造アパートとは雲泥の差です。
木造アパートやマンションよりは家賃が高くなってしまいますが、光熱費を考えると断然鉄筋コンクリート造の建物がオススメです。
また、1階駐車場の上の部屋は寒い空気が部屋に入ってきますので、暖房代がかさんでしまいますのでオススメできません。

札幌の冬を乗り切るには電力会社の変更は必須!?

夏は比較的涼しい札幌ですが、冬ともなるとそれはもう大変です。冬は暖房が稼働し続けているようなものですから、発生する電気代も恐ろしい金額になります。

そこで、冬に備えて電力会社を切り替えましょう。電力会社を格安料金の新電力会社に変更することで、発生する電気代をガッツリ節約できます。是非タイナビスイッチを利用し、一番お得な電力会社を探してみてください!

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!