電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

コンセントの最大消費電力をオーバーしないようにする方法

どの家庭にでもあるコンセントですが、タコ足配線など、電源容量オーバーで定格容量を超えると事故の原因になりかねません。
消費電力の多い電化製品を組み合わせ、同じコンセントに接続しないように気をつけなければなりません。
大きな電力を使う電化製品を覚えておきましょう。
また、節電におすすめの便利なグッズもご紹介します。

ヒーターやモーターが搭載された家電製品

消費電力の大きい家電製品をコンセントに接続するときに気をつけなければならないのがW数です。
電化製品の説明書や製品に必ずW数が記載されています。
特にヒータやモータを搭載しているものはW数が高めです。

覚えておこう!消費電力の大きい家電製品

代表的なのは、温風ファンヒータ:約1500W、ホットカーペット:約1200W、ホットプレート:約1300W、オーブントースター:約1000W、アイロン:約1400W、炊飯器:約1200Wなどです。
製品によって違いがありますので説明書や製品についている表示を確認してください。
コンセントの最大容量は1500Wが大半です。延長コードのタップに、これらの電化製品を混合させないように注意しましょう。

消費電力が一目でわかるワットモニター

消費電力(W)のほかに電気料金、使った時間、使った電力量(kWh)のほかにCO2排出量まで計測が可能なワットモニターは直接コンセントに差し込んで使用します。
計測値はモニターで常時確認ができ、1カ月が過ぎると新しいデーターに上書きされる仕組みです。
「気になる家電製品の消費電力があるけど分からない」などの疑問が解消され、節電意識が高まります。
カタログに記載してある消費電力と実際の消費電力を比較し、目で見て確認ができます。
省エネ製品に買いかえる前に現在使っている家電製品の消費電力をチェックするという使い方もあります。
節電を図るための確実で便利な装置ですので家族全員の省エネルギーの意識の向上に役立つでしょう。

ワットモニター付きの電源タップはコンセントが数個付いた使用電力が一目で分かる便利な節電効果を高めるグッズです。
ブレーカー内蔵で容量オーバーを防止します。
このような節電グッズで安全、安心で上手に電気を利用するのもおすすめです。

コンセントの消費電力に気を付けて電気代を節約!

今の時代、私たちの身の回りは家電であふれています。家電が多ければ、当然電気代の負担も倍増します。しかし日々の電気代を節約するのは、意外と簡単に、手軽に行うことができます。

それが2016年から始まった電力自由化です。電力会社を切り替えることで、日々の電気代を確実に削減することができます。ぜひ一度タイナビスイッチで診断してみてください!

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!