電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

家庭・家計の節約術

コンセントの最大消費電力をオーバーしないようにする方法

どの家庭にでもあるコンセントですが、タコ足配線など、電源容量オーバーで定格容量を超えると事故の原因になりかねません。
消費電力の多い電化製品を組み合わせ、同じコンセントに接続しないように気をつけなければなりません。
大きな電力を使う電化製品を覚えておきましょう。
また、節電におすすめの便利なグッズもご紹介します。

ヒーターやモーターが搭載された家電製品

消費電力の大きい家電製品をコンセントに接続するときに気をつけなければならないのがW数です。
電化製品の説明書や製品に必ずW数が記載されています。
特にヒータやモータを搭載しているものはW数が高めです。

覚えておこう!消費電力の大きい家電製品

代表的なのは、温風ファンヒータ:約1500W、ホットカーペット:約1200W、ホットプレート:約1300W、オーブントースター:約1000W、アイロン:約1400W、炊飯器:約1200Wなどです。
製品によって違いがありますので説明書や製品についている表示を確認してください。
コンセントの最大容量は1500Wが大半です。延長コードのタップに、これらの電化製品を混合させないように注意しましょう。

消費電力が一目でわかるワットモニター

消費電力(W)のほかに電気料金、使った時間、使った電力量(kWh)のほかにCO2排出量まで計測が可能なワットモニターは直接コンセントに差し込んで使用します。
計測値はモニターで常時確認ができ、1カ月が過ぎると新しいデーターに上書きされる仕組みです。
「気になる家電製品の消費電力があるけど分からない」などの疑問が解消され、節電意識が高まります。
カタログに記載してある消費電力と実際の消費電力を比較し、目で見て確認ができます。
省エネ製品に買いかえる前に現在使っている家電製品の消費電力をチェックするという使い方もあります。
節電を図るための確実で便利な装置ですので家族全員の省エネルギーの意識の向上に役立つでしょう。

ワットモニター付きの電源タップはコンセントが数個付いた使用電力が一目で分かる便利な節電効果を高めるグッズです。
ブレーカー内蔵で容量オーバーを防止します。
このような節電グッズで安全、安心で上手に電気を利用するのもおすすめです。

コンセントの消費電力に気を付けて電気代を節約!

今の時代、私たちの身の回りは家電であふれています。家電が多ければ、当然電気代の負担も倍増します。しかし日々の電気代を節約するのは、意外と簡単に、手軽に行うことができます。

それが2016年から始まった電力自由化です。電力会社を切り替えることで、日々の電気代を確実に削減することができます。ぜひ一度タイナビスイッチで診断してみてください!

電力会社は選ぶ時代へ!
プロパンガスを30%節約
ガス自由化スタート
電気料金セット割特徴からプランを探す
「電力業界」に特化した転職サポートサービス
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事
電力会社は選ぶ時代へ!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?