電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

冷蔵庫周りの片付けで家計を節約出来る理由とは?

あなたは自信をもって「冷蔵庫は綺麗だ!」と言えるでしょうか?
実はきちんと物が片づけられていると節約につながるのです。
今回はキッチン周りの片づけについてお話します。

冷蔵庫の中に何が入っているか言えますか?

冷蔵庫にはたくさんの食材が入っていると思います。
今、冷蔵庫の中にあるものを全部言えますか?
冷蔵庫を探っていて、「あれ、こんなものあったんだ」という事よくありますよね?
中には、もう食べられないくらい古いものが出てきたという事もありませんか?
本当にもったいないですよね。
冷蔵庫に限らずストックとして買っておいたものがたまりにたまっているのに、知らない間にまた同じものを買っているという事もよくあります。
これこそ、無駄以外の何ものでもありません。
食材もきちんと片づけられていると、このような無駄がでることもなく、食費の節約につながります。

賞味期限を目安に整理

家の中の食材を一度全部把握してみましょう。
普段あまり使わないような調味料などもしっかりチェックしておきましょう。
目安は賞味期限です。
消費期限は「この日にちまでに食べてください」という日数で、食品ですから基本的に日数も短かいです。
反対に、賞味期限は長い年数のものもあるので、調味料など一度開封してそのまま冷蔵庫や棚の中で保管され忘れられてしまうことが多いです。
開封したものは、冷蔵庫の手前に置いたり、開封したものを入れて置くカゴを用意して、そこに入れるようにしておきましょう。
ポイントは賞味期限を目安に、その期間内に使うようすることです。
賞味期限が迫って来たら、メニューを考えるときもこの食材や調味料を使うということを基準にして考えます。
そうすると、献立を考えるときも決めやすくなり無駄も防げます。

ストックは1個まで

ストックはゼロだと心配ですよね。
ですので、調味料・粉類など、日持ちするもので現在開封しているものがあれば、ストックは1個までにしておきましょう。
開封したら、次、買い足しておくというふうにすれば、同じものを買ってしまうという事もないでしょう。
缶詰やインスタント食品などは、非常食にもなるので、多めにあってもいいですが、賞味期限を目安に食べきるようにしましょう。

食品も定位置を作ると節約につながる

決められた場所を作って片づけておくと、忘れることなく賞味期限なども管理しやすくなります。
食べ物は必要不可欠なものですから、ついつい買い込んでしまう事がよくあります。
食品も決められたところに片づけておくと、何があるか把握しやすく、最終的に食費の節約になります。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!