電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

光熱費の契約方法は至って簡単!!申し込むだけ!!

当たり前ですが、契約しないと電は使えない!

引っ越しをしてライフラインを使うには申し込みが必要です。
電気、ガス、水道はそれぞれの供給会社と契約をしなければサービスを受けることができません。
電気なら各地域の電力会社と契約をしなければ電気が使えないし、ガスも供給を受けたければ契約が必要になります。
水道も同じです。
まずは電気契約のプロセスを確認します。
転居先が現在住んでいる所と同一の場合は、退去の際の使用停止手続きと、引っ越し先での電力使用開始の手続きをまとめて行うことができます。
電力会社へ電話、ファックス、インターネットで申し込みをします。
お住まいの住所、契約者の名前、引っ越し日時など必要な情報を伝えれば担当者が手配してくれます。
そして転居先で電気がつけば、備え付けてある電気使用開始手続書に必要事項を記入して郵送してください。
これで新たな契約が完了したことになります。

一括申請サービスを利用しよう!

また、電力と合わせガスと水道の供給手続きを一括して行うサービスありますので、引っ越し手続きのときには電力事業者へ確認しておきましょう。
次はガスの契約方法です。
こちらもガス会社への事前連絡をしておく必要があります。
ただ、電力と決定的な違いがガスにはみられます。
ガスの使用開始には立ち合いをしなければなりません。
点火の有無、ガス漏れチェック、機器の使用説明といった作業がありますので、あらかじめ立ち合いの時間を確保しておくとこが電力契約との大きな違いになります。
水道契約も電力やガスと同様、電話、インターネットで申し込みすれば転居して直ぐに水が供給されます。

遅くとも引っ越しの1週間前までには手続きの完了を終える!?

電気、ガス、水道の契約方法といのはさほど難しくなく、供給事業者への連絡だけですべてが完了します。
ガスだけは立ち合いが必要となりますが、基本的に電話やインターネットの申し込みで契約をすることができるようになっています。
遅くとも引っ越しの1週間前までには契約手続きを済ませておきましょう。
各ライフラインの使用手続きを一括で行うサービスも登場しています。
個別の新規契約が面倒ならそのようなサービスを利用するのも一つの方法ではないでしょうか。

引っ越しを機に電力会社を変更?

これまで引っ越しをした場合、契約する電力会社に選択肢はなく、決められた電力会社を契約するしかありませんでした。しかし電力自由化が始まった今なら、格安なプランを用意している新電力会社に申し込めます。

引っ越しをするこの機会に、電力会社もお得な新電力会社に変更してみてはいかがでしょうか?

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!