電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

光熱費の期限切れはコンビニ払いでOK!

うっかりで滞納も・・・?

光熱費の支払いは口座振替が一般的ではないでしょうか。自動払いはとても便利だからです。
便利のため無意識になりがちですが、口座にお金がなければ自動引き落としはされません。よもや口座に資金がなく光熱費の滞納ということは現実にあることです。
さらに残念なことですが故意に電気代、ガス代、水道代を払わない方もいます。
生活が困窮してそのような行為に走るようですが、必ずしも失業者や年金生活者だけが滞納となるわけではありません。
普通のサラリーマンが借金の返済に追われ、意識的に光熱費の支払いをしないケースもあるとされます。
生活困窮者でなくても支払い指定口座のお金をうっかり全額下ろしてしまい、結果的に滞納という事態が起きる可能性は誰にでもあるともいえます。
そう考えれば光熱費の滞納は他人事とはいえないかもしれません。

最終期限日を過ぎると供給がストップされる恐れ!

電気、ガス、水道が止まるとたいへんなことになります。
普段なにげなく使っているライフラインは通っていて当たり前という感覚です。
しかしそれがストップすると1日たりとも生活できないことを思い知らされます。
では光熱費をうっかり払いそこねると直ぐに電気や水道が止まることになるのでしょうか?
実はそのようなことはありません。
例えば電気代を支払い期限過ぎても払わなかったとします。
支払期限のタイムリミットを「早収期限日」といいますが、この期間を過ぎても電気が即座に止まることはないので安心してよいです。
そして支払期限から20日経過すると「遅収」扱いとなります(この期間は電力会社により異なる)。
さらに電力メーターの検針日から50日目を過ぎると最終期限日を迎え、督促状などが家庭に送られてきます。
それでも支払いがなければ送電がストップします。

コンビニ支払いで供給開始!

電気代を滞納しても猶予期間がありますので、この期間に支払えば問題ないでしょう。
さらに送電ストップの場合も同じく支払いを済ませれば電力の供給が再開されます。
この大まかな流れはガス代、水道代も基本的に同じです。
督促状などの中に振込依頼書があればコンビニでの支払いは可能となります。
光熱費の期限切れを迎えてコンビニに走り、料金支払いを済ませる方はとても多いようです。
言うまでもありませんがくれぐれも光熱費の滞納には気をつけましょう。

光熱費の滞納を防ぐため電気代を節約!

光熱費を支払わなければ、電気・ガス・水道がストップしてしまい、大変なことになってしまいます。しかし日々の光熱費……特に電気代は高く、中々払いに行けないという方も多いはずです。

そんな方は、格安な電力会社に切り替えてみましょう。電力自由化が始まった今なら、電気代が安い電力会社に変更できるため、光熱費に頭を悩ませている方は是非変更するべきです。まずはタイナビスイッチで、どの電力会社がお得なのか、チェックしてみてください!

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
プロパンガス会社を変更してガス代を約30%節約しよう!
ガス自由化スタート
セット割・特徴からプランを探す
電力業界(電気工事士・電気主任技術者)の転職求人ネットワーク
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?