電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

家族4人の光熱費は子どもの年齢で差が出てくる?

子どもは光熱費の浪費をするもの?

平均的な家族構成は3〜4人。両親に子どもが1人、2人いるのが標準世帯です。
家族4人ともなれば単身世帯に比べ光熱費は格段に掛かってしまいます。
これは単純に世帯人数が増えれば光熱費が掛かるというだけでなく、子どもの年齢により電気代、ガス代の使用料金は変わるものです。
中高生ともなれば部活動や清潔感を保つため、学校から帰ってくると直ぐにシャワーを浴びます。
1日、2、3回シャワーを使うことが珍しくはありません。
そうなると水道代とともにガス代も掛かってしまいます。
思春期の子どもがいると思わぬ形で光熱費は掛かるものです。

昔より今の方が電気代アップ?

子どもたちはあまり節約という意識をもたないためシャワーも出しっぱなしで使うことがよくあります。
そうなるとシャワーの使い過ぎによるガス代が高騰するということもしばしまです。
最近ではオール電化の家が増えています。
このタイプの家庭ではシャワーの使い過ぎが電気代に跳ね返ってきます。
子ども時代といのは電気代を浪費する盛りです。
夜遅くまで勉強をするため蛍光灯を付けっ放しにするなら親としても納得できますが、ゲームやスマホをするためこうこうと電気を使われるのは親として困るところですよね。
現代では電気を消費するための誘惑が山ほどあります。
そのため昔よりも電気使用量は上がっていると考えられます。

季節により変動幅が大きい!

電気、ガス代とも夏や冬になると使用量は急激に増えます。
ご想像通り、エアコンなどの冷暖房機器の出番が増すためです。
また、冬はお風呂の設定温度を高めるため夏に比べればガスの使用料金はかさみます。
季節により光熱費が変わってくるのは体験的に理解できると思います。
これらの要素を加味して光熱費の平均をみていく必要がありますが、家族4人世帯の相場は総務省が発表しているデータではだいたい2万円あたりとなっています。
各家庭の口コミでも家族4人世帯で光熱費が2万円前後のモデルになっているようです。
ただ、3万円の光熱費を払っている家庭も多くあり、ライフスタイルによりその金額に幅があるのはいうまでもありません。

電気を使えば使う程お得になる方法を知っていますか?

家族4人ともなると、消費する電力量は相当なものになるはずです。日々の電気代に頭を悩ませている主婦の方も多いのではないでしょうか?

しかしそんな悩みも、電力会社も変更すれば解決します。タイナビスイッチの診断シュミレーションならば、簡単にお得な電力会社を探せるため、サクサクっと電気代を節約できますよ?

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!