電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

家庭・家計の節約術

家族4人の光熱費は子どもの年齢で差が出てくる?

子どもは光熱費の浪費をするもの?

平均的な家族構成は3〜4人。両親に子どもが1人、2人いるのが標準世帯です。
家族4人ともなれば単身世帯に比べ光熱費は格段に掛かってしまいます。
これは単純に世帯人数が増えれば光熱費が掛かるというだけでなく、子どもの年齢により電気代、ガス代の使用料金は変わるものです。
中高生ともなれば部活動や清潔感を保つため、学校から帰ってくると直ぐにシャワーを浴びます。
1日、2、3回シャワーを使うことが珍しくはありません。
そうなると水道代とともにガス代も掛かってしまいます。
思春期の子どもがいると思わぬ形で光熱費は掛かるものです。

昔より今の方が電気代アップ?

子どもたちはあまり節約という意識をもたないためシャワーも出しっぱなしで使うことがよくあります。
そうなるとシャワーの使い過ぎによるガス代が高騰するということもしばしまです。
最近ではオール電化の家が増えています。
このタイプの家庭ではシャワーの使い過ぎが電気代に跳ね返ってきます。
子ども時代といのは電気代を浪費する盛りです。
夜遅くまで勉強をするため蛍光灯を付けっ放しにするなら親としても納得できますが、ゲームやスマホをするためこうこうと電気を使われるのは親として困るところですよね。
現代では電気を消費するための誘惑が山ほどあります。
そのため昔よりも電気使用量は上がっていると考えられます。

季節により変動幅が大きい!

電気、ガス代とも夏や冬になると使用量は急激に増えます。
ご想像通り、エアコンなどの冷暖房機器の出番が増すためです。
また、冬はお風呂の設定温度を高めるため夏に比べればガスの使用料金はかさみます。
季節により光熱費が変わってくるのは体験的に理解できると思います。
これらの要素を加味して光熱費の平均をみていく必要がありますが、家族4人世帯の相場は総務省が発表しているデータではだいたい2万円あたりとなっています。
各家庭の口コミでも家族4人世帯で光熱費が2万円前後のモデルになっているようです。
ただ、3万円の光熱費を払っている家庭も多くあり、ライフスタイルによりその金額に幅があるのはいうまでもありません。

電気を使えば使う程お得になる方法を知っていますか?

家族4人ともなると、消費する電力量は相当なものになるはずです。日々の電気代に頭を悩ませている主婦の方も多いのではないでしょうか?

しかしそんな悩みも、電力会社も変更すれば解決します。タイナビスイッチの診断シュミレーションならば、簡単にお得な電力会社を探せるため、サクサクっと電気代を節約できますよ?

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
プロパンガス会社を変更してガス代を約30%節約しよう!
ガス自由化スタート
セット割・特徴からプランを探す
電力業界(電気工事士・電気主任技術者)の転職求人ネットワーク
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?