電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

二人暮らしの平均光熱費は15,000円前後?

夫婦のライフスタイルにより光熱費は違う!

独身時代にはなかなか感じなかったことが結婚することにより分かることがあります。
一人から二人に増えればそれだけ出費はかさむものです。
夫婦二人の生活になれば当然の如くすべての生活費は倍になります。
食費はまさにその一例。
食事は毎日のことですから費用が掛かるのはいうまでもありませんが、光熱費もまた毎日継続して掛かるものです。
各々の世帯の生活スタイルにより光熱費は変わってきます。

一ヵ月一万円を下回る家庭もザラ?

例えば妻が専業主婦の場合、家にいますから日中の電気代も掛かります。
テレビ、エアコン、照明などを常時使うためです。
共働きなら電気代、ガス代の光熱費は基本的に夜間のみということになります。
また、自営業やフリーランスで仕事をされているなら自宅を仕事場としているため、パソコン代などの電気代は平日の昼間でも掛かってしまいます。
このようにその夫婦のライフスタイルで一ヵ月の光熱費は大きな違いが出てきます。
ですから一概に二人暮らしの光熱費はこの程度とは断定的にいえませんが、平均すると一万五千円前後が多いようです。
二万円を切るようなら安といえますし、それを超えるなら少々割高な光熱費を払っているともいえます。
二人世帯で一ヵ月、一万円を下回る家庭もあります。
このような家庭はかなり節約をしているのか、それとも家にいる時間が短いかのどちらかです。

光熱費の見直しは「料金」プラス「特徴」も押さえておこう!

ほとんどの家庭では二人暮らしといえども一ヵ月、一万円を超えることは常識的と考えてよいでしょう。
光熱費のうちガス代は都市ガスなのか、それともプロパンなのかにより多少は料金が違います。
これも安いからすべてがいいというわけではありません。
災害時にはプロパンが強いとされ、都市ガスにもプロパンにはない利点があります。
それぞれ一長一短のメリット、デメリットがあり、そこに料金という要素が加わります。
二人暮らしになると出費を少しでも抑えたいため、光熱費の見直しを始める夫婦もいることでしょう。
節約はとても大事ですが、電気やガスというライフラインの緊急時における供給体制も考慮しながら、光熱費の見直しを検討することが賢明といえます。

光熱費の見直しならまずは電気を!

光熱費の見直しといっても、コツコツと電気やガス、水道の使用を控えるしかないのではと思うでしょうが、実は簡単に電気代を節約する方法があります。

それは電力会社の変更です。
電力会社を乗り換えるだけで、日々の電気代をラクラク節約可能です。まずはタイナビスイッチで、診断を行ってみましょう。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!