電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

家庭・家計の節約術

貯蓄方法を保険で行う方法!確実に貯蓄可能な保険はコレ!

老後の不安を払しょく出来る個人年金保険

支払った保険料を、年金として受け取る事が出来る保険です。
老後に使えるお金を増やせる保険として注目が集まっています。
近年、公的年金への不安要素が多く取り上げられている影響により、利用する方が非常に増えました。
仮に被保険者が年金支給よりも早く亡くなってしまった場合は、死亡給付金として払い込んだ保険料を遺族が受け取る事が可能です。
様々な面から、老後の不安を払しょくできる保険です。

貯蓄も入院費も受け取れる貯蓄型医療保険

意外とオススメなのが、掛け捨てじゃない医療保険です。
掛け金がどんどん貯蓄されている医療保険であり、貯金の様に貯めていく事が可能です。
無駄にならない医療保険として、ニーズが非常に増えております。
万が一入院した時は入院保険も下りますので、とても便利です。
掛け金は掛け捨て型よりも高くなりますが、貯蓄できて入院の際の入院費も賄えるのでとてもお得です。

お子さんの教育費には欠かせない学資保険

学資保険は、お子さんの為に教育資金を貯める保険です。
中でもオススメなのが、お子さんが病気やケガをした際にも給付金が下りる学資保険です。
単純な学資保険にプラスされた内容なので、最終的には元本割れになってしまう事もあります。
しかし、子供には怪我や入院が付き物ですので、とても便利という事で注目する方が増えてきています。
学資保険は、親にもしもの事があったら保険料の支払いを免除する事が出来ます。
親に万が一のことがあった場合でも、とても安心なのです。

金利が高く魅力的な外資建保険

外資建保険は、保険料を外資で積み立てする保険です。
ドルや豪ドル、ユーロ等、投資感覚で積み立てを行っていきます。
1番のメリットは、日本円で積み立てを行うよりも金利が高い事です。
とある保険会社の据え置き10年の金利は、日本円は0.05%なのに対し米ドルは1.3%と26倍ものお得さがあります。
為替差益を得られるという事が、最大のメリットです。
為替の変動により大きく左右されるので、急激にドル安になるとハイリスクになってしまう事もあります。

貯蓄だけでなく節電もして教育費を確保しよう!

日本は他国に比べると、比較的安全であり、医療設備も整っています。しかしこの先何が起こるかは誰にも予測できません。
そのため記事内で紹介したように、貯蓄は必須といえます。

しかしただ貯蓄するだけでなく、節約にも気を配ってみましょう。例えば今はやりの電力自由化。電力会社を変えるだけで、電気代を確実に比較できますので、早い内から電力会社を変更すべきです。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
プロパンガス会社を変更してガス代を約30%節約しよう!
ガス自由化スタート
セット割・特徴からプランを探す
電力業界(電気工事士・電気主任技術者)の転職求人ネットワーク
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?