電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

効率的に学費が貯まる貯蓄方法!これで教育費は安心!

子供の為に貯める事が出来る学資保険

こども保険(学資保険)は、保険料を納める形で毎月決められた日に口座から引き落としして教育資金の積立を行う保険です。
将来子供の為に絶対必要な教育資金という風に捉えると、頑張って支払おうという意識が高まります。
その為、途中解約等はせずに満期まで貯めようと頑張る事が出来る貯蓄方法です。
注意してほしいのは、中には元本割れしてしまう学資保険もあるという事です。
その為、細かく調べて保険会社を選ぶようにしましょう。
学資保険は、アドバイスや相談を行っている保険会社もあります。
気になる方は1度相談をしてみましょう。

子供名義で定期預金をして確実に貯蓄

意外と多くの方がされているのは、子供の名義で定期預金を行って学費を貯める事です。
口座名義を子供の名義にする事で、親としては頑張って前向きに貯めようと思う気持ちになる事が出来ます。
子供の名義で定期預金をされている方の中には、国から支給される児童手当をそのまま定期預金で積み立てる方も多くいらっしゃいます。
児童手当をそのまま定期預金に回すと確実に多くのお金を貯蓄する事が出来るので、とてもオススメです。

児童手当を別口座貯蓄

国から支給された児童手当を、全て専用の口座に貯める方法です。
児童手当なんか最初から無かったと思って、まるごと貯蓄に回すのです。
定期預金や学資保険等に縛られるのは苦手という方に、オススメの貯蓄方法です。
専用の別口座に貯めてかたくなに使わないようにすれば、児童手当を全て貯蓄に回す事が出来ます。

寝かせる事で利息が増える低解約返戻金型終身保険

あまり聞き慣れない保険ですが、学資保険と全く違う部分は満期になっても解約しなくても良いという、とても珍しい保険です。
満期後も契約し続ける事で、どんどん利息がついていきます。
その為、解約後のお金を満期の時よりも増やす事が出来ます。
終身保険の一種なのですが、子供が小さいうちから契約し満期の後も解約しない事で、高校や大学の費用に充てている方は多くいらっしゃいます。

貯蓄だけでなく節電もして教育費を確保しよう!

今では大学まで通うことも一般的となっており、子ども1人を育てるのが本当に難しくなっています。そのため記事内で紹介したように、貯蓄は必須といえます。

しかしただ貯蓄するだけでなく、節約にも気を配ってみましょう。例えば今はやりの電力自由化。電力会社を変えるだけで、電気代を確実に比較できますので、早い内から電力会社を変更すべきです。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!