電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

一般家庭の平均消費電力と自宅を比べてみた事はありますか?

いつもあたりまえのように支払っている電気代。
では他の家庭はどのくらい支払っているかお分かりでしょうか?
また自宅の消費電力は家族の人数で換算すると平均と比べてどうか気になりませんか?
比較して毎日の消費電力の事を少し考えてみましょう。

「気になる一般家庭の消費電力」我が家の電気代は平均なの?

総務省統計局では、家計調査を毎年おこない、電気代の年間平均額を発表しています。
一世帯の家族の人数によって分けられているため、自分たちは平均なのか、そうでないのかが分かります。
家電製品の開発が進み、毎年省エネタイプになってきています。
2013年で見ますと2人世帯では一カ月の平均が約9,000円です。
3人世帯では約11,000円と2,000円の開きがありますが4人世帯では約12,000円という統計が出ております。

マンションや一戸建ての家庭を混ぜての平均ですので部屋数や広さで一概に高い、安いと判断するのは難くなります。
契約アンペアでも料金に違いが出てきます。
しかし世帯数が増えれば部屋の数により、エアコンや照明が増えるため消費電力が多くなるでしょう。

電気代が思ったよりも高い場合は、電気料金のプランが合っていない可能性があります。
電力会社の今後の選択を検討し、お得で自分たちの家庭にピッタリなプランを検討するのがおすすめです。

季節によってこんなに違う!冬の消費電力

冬の寒い時期になるとどうして電気代がUPするんだろう?と感じませんか。
冬は最も消費電力が上がりやすく、時間では夕方からの時間帯がピークを迎えます。
冷たいお湯を沸かす、冷えた部屋を暖める、冷たい食材を温めるなどの消費電力は大きく毎日の積み重ねで一カ月に換算するとグッと上がるのが普通です。

冬の電力を減らす人気の工夫

消費電力が低くても支払っている電力会社のプラン、例えば電気を使用する時間帯で料金が変わるなど、プランの見直しで電気料金が変わることも考えられます。

基本は部屋の中でも温かい格好をしてフローリングにムートンなどのマットを敷いてみましょう。
電気ポットのつけっぱなしはやめて魔法瓶タイプのポットを使うなど細かく節電をしてみるのも賢い方法です。

電気代で迷ったら電力会社を変更?

電気代が高いと感じたら、自分の契約しているプランや、環境を見直す。鉄板ですが、非常に有効的な手段です。しかし契約しているプランを見直すよりも、契約している電力会社を変更した方が、電気代をラクラク節約できます。まずはタイナビスイッチで、あなたに合った電力会社を見直してみましょう。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!