電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

家庭・家計の節約術

空調を効率よく省エネして消費電力を抑える3つの方法

自宅だけではなく、工場や店舗など、比較的広い空間でも自動で温度を管理するのが空調の役目です。
特に工場は消費電力が大きいため、いかにエネルギーを抑えることがコストダウンにつながります。
エネルギーの中でも消費電力の割合が圧倒的に大きく、照明や機器よりも空調の電力が大半と言われています。
二酸化炭素による地球温暖化など環境破壊のために省エネ対策は最も効率のよい方法を見いだすことが重要なポイントとなります。

空調の電力削減が省エネの決め手 !!

空調の省エネにはこの3つを見直すことで大きく変わってきます。

適切な空調選び

劣化した空調を使い続けていると無駄な電気代を払っているかもしれません。
設置から10年〜15年経過している空調はインバーター運転ができる省エネタイプにすると燃料コストを大幅に削減できるでしょう。
ランニングコスト削減だけではなく、快適さを向上できます。

設定温度を省エネモードに

省エネの基本の設定温度は冷房で28℃、冬場で20℃の室温です。
夏の冷房は1℃上げるだけで約13%の消費電力が削減されます。
低めに設定するのではなく、なるべく薄着で省エネモードを心がけましょう。

電力低減システムを導入

・スマートフォン上手に活用
必ずしも電力を使わなくても外気の冷気や熱気を利用できるのなら省エネになります。
そんな温度察知を自動で計算し、社員のスマーフォンに外気を取り入れられると通知が自動で入る仕組みがあります。
またスマートフォンで照明の明るさを細かく設定できる仕組みもあります。

・エアコン性能を回復
コンプレッサーの内部に金属磨耗を低減させる「薬剤」を投入するとエアコンの性能が上がる方法があります。
その仕組みは、鉄イオンを再結晶化し金属を修復させます。
磨耗が減ることで空調の省エネにつながります。
効果を長く持続させる方法も簡単で、使用期間が10年経過しても消費電力を30%削減でき、省エネに結びつきます。

空調は消費電力の割合が大きいため、思いのほかの省エネルギーが図れます。
経済的なだけではなく、環境にも優しい省エネ法対策は空調の見直しからしてみるのも良いでしょう。

電気料金を安くする簡単な方法は「電気料金プランの変更」です

空調の設定を見直して、毎月コツコツ節約する方法も良いですが、今なら電力会社を変更するという手もあります。

電力会社を変更することで、空調の見直しよりも遥かに電気代を削減できます。タイナビスイッチなら簡単操作で電力会社を一括比較できますので、ぜひ診断を行ってみてください!

電力会社は選ぶ時代へ!
プロパンガスを30%節約
ガス自由化スタート
電気料金セット割特徴からプランを探す
「電力業界」に特化した転職サポートサービス
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事
電力会社は選ぶ時代へ!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?