電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

家庭・家計の節約術

独身女性の賢い貯蓄方法!コツコツ確実に貯蓄は増える!

定期預金で貯蓄額を確実に増やす

計画的に貯蓄をしている独身女性には、銀行の定期預金がオススメです。
定期預金は一般的な普通預金とは違い、金利が高く付きます。
定期預金ですので、一定の期間は引き落としが出来ないのが難点です。
しかし、定期預金のお金は無かったものだと意識すれば、普段の生活の中であてにしようとは思わなくなります。
定期預金は、短期間の物や長期間の物があり、長期間の方が金利が高くなります。
慣れていない方は、短期間の定期預金から始めてみてはどうでしょうか。

ネット銀行に預金する

定期預金はちょっと…と思う方は、ネット銀行の普通預金がオススメです。
ネット銀行は一般的な銀行と比べると、金利が高いのが特徴です。
ネット銀行を利用する人は多く、口座を持っている方も少なくはありません。
コンビニATMで出し入れができ、ネットやスマホでも操作が可能なので、非常に便利な銀行です。

会社の財形預金に貯蓄する

財形預金を行っている会社であれば、毎月自動的に貯蓄を行う事ができます。
金額は希望の金額でOKですが、頑張って月2万円は貯蓄に回しましょう。
また、ボーナス時には貯蓄する金額を増やす事ができるので、最低3万円は貯蓄を行う事をオススメします。
財形貯蓄は退職するまで引き落としができません。
その為、利率も高い場合が多いですし確実に貯蓄する事が出来ます。

1か月のお小遣いに決め事を作る

独身の方は、手元にあるお金を湯水のように使ってしまう方が非常に多いです。
そのせいか、お金がなかなか貯まらないものです。
確実に貯蓄に導く為には、決まった金額しか使わない事です。
まずは、1か月のお小遣いの予算を決めます。
目安は1日1,000円とし、1か月30,000円のお小遣いとします。
また、カードを持ち歩かない事もとても大事です。
カードを持ち歩く事で、お金が無くなれば下ろせばいいと思ってしまい、どんどん下ろしてしまいます。
お金は無限ではなく、いずれ無くなります。
「下ろし放題」「使い放題」ではなく、一定以上は使わない習慣を身に付けましょう。
更に、1か月に設定したお小遣いが残った場合は、その分は貯金しましょう。

貯蓄だけでなく節約にも目を向けましょう!

効率よく貯蓄することで、日々お得になりますが、節約にも気を配った方が良いでしょう。特に2016年から始まった電力自由化により、私たちは安い新電力会社と契約できるようになりました。

電気をあまり使わない単身者でもお得になれるプランがあるため、まずはどの程度の電気代を削減できるのか、診断してみましょう。

電力会社は選ぶ時代へ!
プロパンガスを30%節約
ガス自由化スタート
電気料金セット割特徴からプランを探す
「電力業界」に特化した転職サポートサービス
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事
電力会社は選ぶ時代へ!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?