電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

古河電工が電力自由化時代に欠かせない理由とは?

古河電工

古河電気工業株式会社は、電力ケーブルや光ファイバーなど安定した電力が輸送されるために開発をおこない製品化している企業です。
そんな古河電工は、日本の電力自由化に大きな関わりがあると言えます。

  • 古河電工グループはどんな商品や開発をしているの?
  • 電力自由化に古河電工は、どんな役割を果たしているの?
  • 古河電工グループはどのくらいあるの?

私たちが何気なく使っている電気は「古河電工の存在があったからなのね!」と知らされる事でしょう。

古河電工は光ファイバケーブルの世界トップメーカー

古河電工は、電力自由化の高度情報化社会を支えるために、国内電力市場の送電線網の運用の中心となって家庭向けの電力販売のための影の役割を果たしています。
1974年古河電工は、世界初の光ファイバケーブルの開発の製造に成功しました。

その後も事業内容を広め、光ファイバケーブルの世界トップメーカーとして光情報化社会に必要な製品を世界のトップ技術で世界中に提供しています。

特に超電導ケーブルは、世界の電力を支える役目としてトップシェアを誇っています。
高圧システムでは約4割の送電ロスが低減でき、コストダウンが可能です。
発電所で発電した電気は、必ずしも100%届くわけではありません。
発電所、変電所、送配電線、使用場所と送電する中、電気抵抗などの影響で送電ロスが約5%発生するといわれています。

超電導電力ケーブルで発電ロスを軽減

送電

輸送時に生じるロスは、遠ければ遠いほど電圧が下がり、送電の際に電力が熱に変化してしまいます。
だからロスが生じるのです。
5%の発電ロスは20カ所の発電所があれば1カ所の発電所に相当する電力量です。
ですから発電ロスは、エネルギーや費用の無駄にもなるため少なければ少ないほど良いのです。

古河電工はこの送電ロスを改善しました。

古河電工が開発した超電導ケーブルは、電気抵抗がゼロです。
そのため送電ロスが少なく発電した電力に無駄が少ないと世界からも注目されているのです。

また、CO2を削減する効果もあり地球温暖化を防ぐ効力もあり、電力自由化のこれからにふさわしいといえます。

古河電工のコンパクトな超電導ケーブルのメリット

ケーブルがコンパクトだとケーブル径が細く軽量です。
そのため工事に負担が少ないメリットもあります。

この地中送電ケーブルは、都市のビルや住宅が密集する地域で活躍します。
なぜなら送電鉄塔を設置の必要性がなくなるからです。

ケーブルは地下に設置できれば外観も優れ、台風などの自然災害による影響が少なくなり送電トラブルも軽減されるメリットがあります。
地中送電ケーブルは、一般的に電気伝導体部分に銅が使用されていますが古河電工の開発した地中送電ケーブルはアルミニウムが材料です。

アルミニウムは銅よりも低コスト。

軽量でリスクも低くニーズも高まっています。
また、超電導ケーブルは空中架電には向きません。
これは冷却が必要なため、地中送電に適するからです。
都市中心部では空中架電よりも地中送電が適しています。

やはり密集地では空中架電にも限度があるからです。
それに電力需要が伸びたからといってケーブルを太くする方法もありますが限界があります。
空中架電の場合、ケーブルが重くなれば当然、切れやすくなり設置にも問題が生じてしまいます。

これからの電力自由化の時代は、都市などの密集地になればなるほど地中送電の超電導ケーブルの電力需要が伸びていくでしょう。
また、観光地などの景観上の問題も超電導ケーブルなら問題ありません。
電力の需要が伸びてもクリーンで本来の景観を保つことができます。

地中送電ケーブルは電力自由化によって更に拡大

主に再生可能エネルギー分野で活躍する地中送電ケーブルは、電力自由化に伴いさらに拡大すると見られます。
超電導ケーブルのほかにも高い信頼性のあるケーブルを中心とした製造する古河電工技術は、日本の電力自由化にも大きな役目を果たします。

電力のエネルギー分野は電力自由化が今後拡大することで、電力市場の環境は大きく変化していくでしょう。
そうなれば電力自由化がこれから拡大していく日本では、古河電工の高性能でコンパクトなケーブルが全国に張りめぐされることでしょう

古河電工グループは世界で143社

世界地図

古河電工には世界で143社、国内だけでも41社の古河電工グループ各社が存在します。

光ファイバケーブルは日本の電力を支えるために、こうした古河電工グループにより光通信網をつくるために必要な製品を製造しています。
古河電工グループの中枢企業は、古河機械金属、古河電気工業のほか、富士電機や富士通になります。

古河三水会理事会社は先程の4社のほか、日本軽金属ホールディングスや横浜ゴム、ADEKAなど、計49社があります。
例えば、古河電工グループのアクセスケーブル(株)、岡野電線(株)、九州ネットワークケーブル(株)、(株)KANZACCは、光ファイバーコードやケーブルや電線などの通信用電線等の製造と販売をおこなっております。

このほかにも放送用や通信用のアンテナや送電線や変電所など電力にかかわる機器の開発や販売を古河電工グループでしております。

特に地球温暖化対策として世界中で注目されている再生可能エネルギーがあります。
特に電力自由化に新参入する事業者は、太陽光発電に注目しています。
そのため普及が進行している途中ですが日本国内でも再生可能エネルギーの固定価格買取り制度により2012年7月1日から始まったことで大規模太陽光発電所の建設が電力自由化の影響もあり増加傾向にあります。

この大規模太陽光発電所の地中送電ケーブルなどは古河電工産業電線の製品です。
これからも電力自由化と古河電工は、深くかかわりを持つでしょう。
古河電工、そして古河電工グループは、深く電力自由化と恩恵がある企業です。

古河電工の開発した水流型マイクロ水力発電機の特徴

古河電工グループの株式会社KANZACCは電線ケーブルや、めっき加工品、金属管製品などを製造する企業ですが水流型マイクロ水力発電機を開発しました。

この発電機の特徴は、小水路で小電力発電ができることです。
筒の中に水流が入ることで羽根車が回り発電機する仕組みです。
この水流型マイクロ水力発電機は全国、世界で実用化しやすく電力自由化のとして活躍することでしょう。

再生可能エネルギーは、電力自由化の中でも注目されているエネルギーのひとつです。
本来であれば水力発電機は、大きな川の段差に設置しないとなりません。
高低差が関係なく、小さな川などに設置できるこの発電機は持ち運びもできます。
水路に沈めるだけと設置が簡単でゴミも詰まりにくく維持が簡単なのが魅力です。

大規模な工事がいらないなら全国の小水路に設置も可能です。
そうなれば小さいながらにも大きな電力を生み出します。
電力自由化での小電力発電の展開を図る新電力参入事業者でも取り入れやすい発電機です。

古河電工の浮体式の風力発電設備の特徴

古河電工は、洋上風力発電設備に使われる海中で連結する特高圧ライザーケーブルの開発と製作にもたずさわっております。

これは、水中に浮遊する水力発電の浮体式設備の海中にあるライザーケーブルで世界的にも珍しい例です。
こうした浮体式の発電所の海底ケーブルの送電システムの開発や製作を古河電工がおこなっています。

ケーブルの弱点でもあるはずの海水や塩分がライザーケーブル内に浸透しないように遮水性能にも優れています。
どこにも負けないライザーケーブルの高性能な技術とどんな条件もクリアするほどの最新技術で耐疲労特性にも負けません。
地面でなくても風力発電が設置できるのは、波浪や潮の流れを受けながら採用する構造のためケーブルの劣化が少ない特徴があるからです。

今後の古河電工と電力自由化の関係性

電力自由化後の電力事業は、再生エネルギーの太陽光や水力、風力が今後も国内市場において発展する見込みです。
そうなれば、送配電網高度化は更に重要になってきます。
自然エネルギーに関連するシステムで蓄電池もこれから開発技術が進むでしょう。

これらに関連した古河電工は、電力自由化が成長する国内の送配電システムに係る全てに古河電工は技術を提供できる企業といえます。
電力は生活の糧で古河電工は社会に役立つ技術の開発や新製品の開発で、これからの日本の電力を影で支える電力自由化の新エネルギー時代に不可欠な企業です。
電力自由化に進化する日本のエネルギーが便利で快適に毎日暮らせるのは、こうした製品の開発技術があるからです。

今回は、電力自由化に深く結びついている古河工業の存在がわかりました。
これからは電力会社を選べて私たちも、ますます電気に関心を持つように心がけたいですね。

電力会社を変更するなら電気料金の診断は必須です

電力自由化とも深い関わりがある古河工業。これから電力自由化が進展していくためにも、古河工業の存在は必須です。そして私たちが電気料金を節約しようとするならば、電力会社の変更もまた必須といえるでしょう。タイナビスイッチではどの電力会社がお得なのか、簡単な入力で診断できますので、まずは試してみましょう。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!