電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

家庭・家計の節約術

子供の教育資金の貯蓄方法は「積立」が1番!!

子供の為の教育資金の貯蓄方法で1番良い方法は「積立」です。
その中でも、子供の為の積立で1番ポピュラーな方法は「学資保険」です。
学資保険とは、最初に満期学資金額を設定し、それに合わせて毎月振り込んで貯蓄をしていく保険です。

自動積立定期も便利!!

また、決められた日に自動的に口座から定期預金口座に振り込んでくれる「自動積立定期」という方法もあります。
自動積立定期のメリットは、確実に残高がある日を振替日に指定する事で、半強制的に積立されていく事です。
自分で振り込みを行う手間も省ける上に、振り込む前に残高が無くなっているとう状況を回避できます。
また、学資保険は金利が高いので、定期預金よりも高い利潤で貯める事が出来る大きなメリットがあります。
学資保険には保障が手厚いタイプがありますが、あまりにも手厚い保障があると元本割れしてしまう事があります。
契約前に「学資保険の内容」を隅々まで調べた上で契約しましょう。

2番目にオススメは定期預金で貯蓄!

学資保険以外での貯蓄であれば「定期預金」がオススメです。
学資保険よりは利潤が下がりますが、通常預金よりは高い利潤で貯蓄が可能です。
定期預金の際にまとまった金額を預ける場合は、小口に分けて預ける事をオススメします。
その理由は、何個かの小口に分けておく事で、万が一お金が必要になった場合に小口のうちの1つを解約できるからです。
まとめて1つにしておくと、途中解約が無理な場合もありますので、後々の事を考えて小分けに定期預金として預けましょう。

一般の銀行よりもネット銀行がお得!

学資保険も定期保険も、どちらも期待するのは金利です。
せっかく預けるのですから、金利が高い銀行を選択した方がお得ですよね。
高い金利といえばネットバンクがオススメで、中でもソニー銀行が特にオススメです。
ネットバンクは積立預金を行っていない銀行が多いのですが、ソニー銀行では可能なんです。
また、金利も他の銀行より高いので断然オススメです!!

注意!!保険の途中解約は損する事も

保険は途中解約する事で大きく損をする事があります。
学資保険もそうです。
無理なく払える保険料を設定し、確実に払い続ける事に注意しましょう。
無計画に払い始めて途中解約をして損するようでは、何のために学資保険に加入したか分からなくなってしまいます。
子供の教育資金を賢く貯蓄していきましょう!

電力会社は選ぶ時代へ!
プロパンガスを30%節約
ガス自由化スタート
電気料金セット割特徴からプランを探す
「電力業界」に特化した転職サポートサービス
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事
電力会社は選ぶ時代へ!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?