電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

家庭・家計の節約術

3種の格安配送サービスを使い分けて送料を節約?

安くて追跡もできる『レターパック』とは?

みなさんは『レターパック』というサービスを聞いたことがあるでしょうか?
書類やCD等を送る際に、追跡したいけどゆうパックでは高すぎる……
そんな時に使えるのが『レターパック』というサービスです。
専用の封筒を買って、その中に荷物を入れてポストへ投函と、実にシンプルです
しかしこのサービスには2種類あり、どれを使ったらいいかわからないという人も多いかもしれません。
そんな人のために、今回はレターパックを含めた3種の格安配送サービスを使い分けて送料を
節約する方法を解説していきます。

①薄いものならレターパックライト

A4サイズで、厚さ3cm以内、4kgなら『レターパックライト』がおすすめです。
料金も360円と非常にお得です。

しかし実際に使ってみるとわかりますが、厚さ3cmというのは意外と物が入りません。
CDのような、かさばらないものなら大丈夫ですが、
分厚い本や書類となると、もう少し厚いものでなければいけません。

②厚いものでも安心なレターパックプラス

厚さが3cm以上のものを送りたい……
そんな時に重宝するのが『レターパックプラス』です。
レターパックライトとは異なり、値段は510円と割高ですが、
厚さが3cmより上のものでも問題なく送れます。
さらにレターパックライトは荷物を郵便受けに投函するだけですが、
プラスの方では、相手に対面で「直接」お届けします。
郵便受けでは盗まれるかもしれないと危惧している人には、
こちらのレターパックプラスの方で送ってあげると喜ばれます。

③薄いものならスマートレターの方がお得?

聞いたことのある人は少ないかもしれませんが、2015年4月からスマートレターというサービスが開始されました。
こちら、厳密にはレターパックとは違いますが、
発送までの流れがレターパックとほとんど変わりません。
専用の封筒を買ってきて、荷物を詰めてポストに投函、簡単ですね。

スマートレターですが、
大きさはA5ファイルサイズ、厚さ2cm、重量1kg
とレターパックよりも薄いものしか送れませんが、A5サイズなので、
レターパックよりサイズの大きいものにも対応しています。
そして肝心の料金ですが、

レターパックの半額である180円!

またレターパックやスマートレターは郵便局だけでなく、一部のコンビニ、金券ショップでも取り扱っているので、非常に便利です。

特に金券ショップでは、通常よりも安く購入できるので、
訪れた際はぜひともチェックしたいですね!

しかしスマートレターはレターパックと異なり、追跡等はできませんので、
今回紹介した3種の配送サービスを上手く使い分けて、送料を節約してく必要があります。

節約といえば電力自由化!

さらに!
「電力自由化」に伴い、契約する電力会社を選べる時代に!

タイナビスイッチを利用し、使用料、使用容量、安心、安全を基準にご自分にピッタリの電力会社にスイッチ(切り替え)しましょう!!
さらなる節約が可能です!

(photo:https://www.instagram.com/)

電力会社は選ぶ時代へ!
プロパンガスを30%節約
ガス自由化スタート
電気料金セット割特徴からプランを探す
「電力業界」に特化した転職サポートサービス
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事
電力会社は選ぶ時代へ!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?