電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

プロパンガス料金を確実に安くする方法

プロパンガス

プロパンガスは今の値段よりも安くできます!
プロパンガスを毎日使っている皆様、都市ガスの価格と比べると高いのは分かっていても都市ガスの契約ができない地区だと選択肢がありませんよね。
でも、
「少しでも安くならないのかな?」
と思ったことがあるのなら、さあ、見直しですよ!

なぜなら、プロパンガスは、安くできる余地があるのに高い料金設定をしている可能性があるからです。
安くなるはずなのに高い料金を支払っているのはもったいない!
プロパンガスについてあなたの知らない衝撃の事実が隠されているかもしれません。
プロパンガスの料金に関して不満がある方のために契約料金を安くする方法をまとめました。

プロパンガス料金を計算して安いか高いか調べよう

プロパンガス

基本料金と毎月のガス料金は、自分で計算することができます。

毎月のガス料金={(使用量☓従量単価)+基本料金}☓消費税

ただし、プロパンガスの場合は、検針票に従量単価と基本料金が記載されていないことが多いのです。

その場合は、2カ月分の検針票を用意してください。
その検針票から、毎月のガス料金を算出することが可能です。

具体的に計算してみた

月額料金には消費税が含まれているので消費税分(1.08)を割り、税抜き金額を出します。例えば、その数値が以下の場合、計算式を使用して基本料金と従量単価を求めます。

2月のガス使用明細 20㎥ 10000円
3月のガス使用明細 25 ㎥ 9000円

ガス料金X、使用量Y、従量単価A、基本料金Bと仮定します。

X=AY+B
イ:10000円=20A+B
ロ:7000円=10A+B
イからロを引いて
3000円=10A
A=300

従量単価(A)は、300円になります。
そこからBをイに代入して求めると、基本料金は4000円となります

プロパンガス料金の全国の適正価格

価格

プロパンガス料金を安くするには、在住地域の適正価格がいくらなのか知ることが大切です。
2016年現在の戸建て対象の料金は、下記の通りになります。
(こちらは、プロパンガス料金消費者協会様のサイトから引用しています。定期的に料金が変動しているので参考程度にして頂ければと思います。)
⇒ ガス自由化になればプロパンガスは値下げされるの?

関東地方適正料金

栃木県1500円280円~4300円6900円群馬県1500円280円~4300円7100円茨城県1500円280円~4300円7300円

エリア 基本料金 従量単価 10㎥使用合計額 20㎥使用合計額
東京都 1500円 280円~ 4300円 7100円
神奈川県 1500円 280円~ 4300円 7100円
埼玉県 1500円 280円~ 4300円 7100円
千葉県 1500円 280円~ 4300円 7100円

北海道方適正料金

エリア 基本料金 従量単価 10㎥使用合計額 20㎥使用合計額
北海道 1600円 480円~ 6400円 11200円

東北地方適正料金

エリア 基本料金 従量単価 10㎥使用合計額 20㎥使用合計額
青森県 1700円 380円~ 5500円 9300円
秋田県 1700円 380円~ 5500円 9300円
岩手県 1700円 380円~ 5500円 9300円
山形県 1700円 380円~ 5500円 9300円
宮城県 1500円 360円~ 5100円 8700円
福島県 1500円 350円~ 5000円 8500円

甲信越地方適正料金

エリア 基本料金 従量単価 10㎥使用合計額 20㎥使用合計額
山梨県 1500円 330円~ 4800円 8100円
長野県 1500円 360円~ 5100円 8700円
新潟県 1500円 360円~ 5300円 9100円

東海地方適正料金

愛知県1700円320円~4900円8100円岐阜県1600円340円~5000円8400円三重県1700円340円~5100円8500円

エリア 基本料金 従量単価 10㎥使用合計額 20㎥使用合計額
静岡県 1700円 320円~ 4900円 8100円

北陸地方適正料金

富山県1600円410円~6200円9800円石川県1600円400円~5600円9600円

エリア 基本料金 従量単価 10㎥使用合計額 20㎥使用合計額
福井県 1900円 430円~ 6200円 10500円

近畿地方適正料金

エリア 基本料金 従量単価 10㎥使用合計額 20㎥使用合計額
大阪府 1600円 380円~ 5400円 9200円
滋賀県 1600円 380円~ 5400円 9200円
奈良県 1600円 380円~ 5400円 9200円
京都府 1700円 380円~ 5500円 9300円
兵庫県 1800円 380円~ 5600円 9400円
和歌山県 1700円 380円~ 5500円 9300円

中部地方適正料金

エリア 基本料金 従量単価 10㎥使用合計額 20㎥使用合計額
岡山県 1600円 380円~ 5400円 9200円

四国地方適正料金

エリア 基本料金 従量単価 10㎥使用合計額 20㎥使用合計額
愛媛県 1600円 400円~ 5600円 9600円
高知県 1600円 380円~ 5400円 9200円

九州地方適正料金

エリア 基本料金 従量単価 10㎥使用合計額 20㎥使用合計額
福岡県 1900円 450円~ 6400円 10900円

プロパンガスのガス代を調べて安くする

プロパンガスのガス代

プロパンガス料金を安くするために、ご自宅で使用しているプロパンガス会社の料金が適正なのか確認する必要があります。
ガス代が適正価格かどうかは、毎月の支払い金額がいくらなのか調べないといけません。
⇒プロパンガス料金が高い理由は?余計に支払っている可能性も!

プロパンガスの毎月の支払い料金は、基本料金+従量単価で決定します。
従量単価は1㎥=◯◯円と決まっています。

しかし、プロパンガスの場合は都市ガスのようにガスの請求書には、基本料金と従量単価は記載されていません。
料金の確認方法としては、先ほどのように自分で計算するか、プロパンガス会社に直接確認するか専用ツールで調べるかになります。

もしも契約会社に連絡するのが面倒な方は、プロパンガス料金消費者協会のガス料金自動診断で簡単にチェックすることができます。

プロパンガス料金消費者協会

こちらのサイトでは、戸建と集合住宅と料金自動診断が分かれています。
対象地域は特になく、日本全国の地域が対象です。

このツールでは、プロパンガスの適正価格と都市ガスとの料金差額、プロパンガス会社を変更すると月額と年間の金額がどれくらい違うのか、基本料金と従量単価ごとに詳しく比較することができます。

他には自己診断ができるほか現在、契約しているガス会社が高い場合は金額交渉もしてくれ、その後のガス料金がまた高くならないようにサポートしてくれます。

そして戸建てに住んでいる方は、ガス会社変更の手続きも行うことができます。
その際の代行料金などは無料です。

電話でもメールでも問い合わせが可能ですので悩んでいる場合にも対応してもらえます。

⇒プロパンガス料金消費者協会【公式サイト】

集合住宅のプロパンガス料金も安くできる?!

集合住宅

ここでは、集合住宅の場合のプロパンガス料金の下げ方に触れています。

大家さんに直談判する

プロパンガスの料金を安くするには、今のプロパンガス会社から安いプロパンガス会社に乗り換えすることです。
ただ、集合住宅の場合は契約している大家さんの許可が必要になります。
契約ガス会社を変更するには、決定権を持っている物件の所有者である大家さに権利があります。

通常は大家さんに直談判しますが、大家さんが近くにいない仲介業者が絡んでいる場合は、仲介業者に相談することになります。

しかし一点、注意点があります。
集合住宅の場合は、一括契約になるので自分の住戸のみの変更はできません。

自分で直接交渉する

他には、自分で契約しているガス会社に直談判する方法もあります。
この場合は、交渉の仕方で割引金額が変わってくるようです。
御自身でガス会社に交渉する場合は、事前に適正価格などを調べる、他のプロパンガス会社がどれくらいの金額なのかなど詳しく情報を収集する必要があります。
自宅周辺の近隣の方にプロパンガスの料金について聞き込みをして、相場などを確認しておくことも大切です。

情報は多ければ多いほど説得力があるので、料金の値下がり幅が大きくなる確率が高くなってきます。
業者との交渉は、電話のみではなく対面交渉もあります。大切な内容は書面にしておくと伝え忘れがなくスムーズに相手に伝わります。

それが面倒な場合は、プロパンガス料金を診断できるサイトに問い合わせてみるのも一つの方法です。
具体的にどのようにガス会社と料金の交渉をしたらよいのか、ポイントなどを教えてもらえますので参考になると思います。

プロパンガスと電気料金のセットで安くなる?!

女性

プロパンガスの節約だけしても電気料金の節約ができていなければ節約の意味がありません。
電気料金も電力自由化が始まった2016年4月から一般家庭の私たちでも電力会社を選べるようになりました。

電力会社を選べるということは、今までの大手電力会社よりも電気料金も安く契約できるチャンスがたくさんあるということです!
特に家電がたくさんあって電気をたくさん使う、夜に集中して毎日電気を使う、家族が3人以上で電気を単身住まいより多く使っているな皆様は、電気料金をこの際見直してみましょう。

毎月支払う電気料金は、少しでも値下げできれば年間に換算すると大きな差額です。
そのほか契約プランをセット割りなどに変更するだけで、もっと安くなるかもしれません!
現在利用しているガス会社に電気料金とセットで契約すればさらに安くなる場合もあります。
⇒プロパンガス料金消費者協会が提示する適正料金とは?

現在契約しているガス会社で電気も契約できるようになっていたら節約できるのではないでしょうか?
また、ガス会社以外でも電気を小売している会社はたくさんあります。

こうやって見てみると毎日の暮らしで利用していた企業が電力を小売するの!と驚く方もいるでしょう。
携帯電話やネット回線、鉄道などさまざまな事業からの参入があります。
こうした企業の主な事業内容の契約と電気をセットで申し込んだ場合、思わぬ大きな割引を実現できるセット割引はうれしいですね。

大手電力会社と新電力参入企業が提携している場合が多く、関東エリアはたくさんの新電力参入企業と契約が可能ですがこれから関東エリア以外でも契約できる事業者が増える見通しです。
早くこの企業から電力を購入できないかな?と思っている方は今後どう展開していくか気になるところです。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!