電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

家庭・家計の節約術

禁煙による節約効果は抜群だった!!タバコによる経済的損失は家計を直撃していた!!

タバコ代節約でハワイ旅行にも行ける!

タバコのよる喫煙者は減り続けています。
健康志向を背景に禁煙に踏み切る喫煙者が多いようです。
禁煙は健康面を改善してくれる効果もありますが、経済的な貢献も見逃すことができません。
禁煙による経済的な節約効果はかなり期待できます。

年間14万円以上の節約に!!

一箱400円のタバコを毎日消費するとします。
1ヵ月で12,000円の出費です。
1年間トータルでは144,000円がタバコ代として消えていく計算になります。
これは4人家族で1泊の温泉旅行ができる金額です。
さらに10年間というスパーンで考えると150万円近くが浮くことになります。
この金額だと10年間のうち3回は家族でハワイ旅行に行くことができます。
たかが禁煙と思われるかもしれませんが、これだけの節約効果を見込むことができるのです。
1日あたり1箱の計算でこの金額…節約効果は絶大と言えます!

禁煙はがん予防に絶大な効果がある!

ヘビースモーカーになれば2箱、3箱を1日で消費しますから、さらに節約できる金額は増えることになります。
ここまでの節約といのはタバコ代による直接効果のことです。
節約効果にはもう一つ間接的な作用もあります。
その代表格は病気です。

治療費の節約にも!!

タバコはご存じの通り肺がんを誘発することで有名。
ダイレクトに煙を肺に吸い込むため肺がんリスクは極めて高くなります。
タバコにより最も注意しなければならないのは肺がんですが、喉頭がん、食道がん、胃がんなどもタバコの影響で発病することが少なくありません。
さらに心筋梗塞、ぜんそくなどの慢性疾患もタバコとの関係が指摘されています。
慢性疾患を発病してしまいますと治療費が掛かります。
がんなら手術、入院費という出費が発生します。

喫煙継続で失業リスクも増大!?

治療部位やその後の治療期間により金額は変わるものの、だいたい50〜100万円位の初期投資が必要になるでしょう。
継続的な治療が続けば出費はかさみ家計を直撃します。
当面の治療費も大きな金額ですが、もっとも怖いのが働くことができなくなる事態です。
がんなど慢性疾患で会社を退職する患者は実に多くいます。
これは意外に知られていない事実です。
6、700万円年収があれば、退職によりその金額が入ってこないことになります。
ここまで来ると死活問題です。
喫煙の影響で疾患を発病するとさまざまな経済的損出が生まれます。
禁煙をすることはとても実りがあります。
タバコ代の節約はもとより、治療費や失業のコストも吸収してくれるでしょう。
なかなか禁煙できない喫煙者は多くいます。
しかし経済的な損出を考えれば喫煙というのはまさに百害あって一利なしといえそうです。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
プロパンガス会社を変更してガス代を約30%節約しよう!
ガス自由化スタート
セット割・特徴からプランを探す
電力業界(電気工事士・電気主任技術者)の転職求人ネットワーク
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?